結局、金のかかる趣味は流行らない

世の中には金の掛からない趣味ってのは沢山有る。
カイワレ大根の栽培とか、蟻の観察とか、ルービックキューブとか。

全くゼロ、って訳には行かないけれども、ルービックキューブなら由緒正しいメガハウスモデルを買っても1500円も有れば十分に買える。
1年間毎日遊んだら1日当たり4円程のコスト。
たったそれだけで指から火が出る程にルービックキューブが楽しめる。
ベッドの中でも通勤電車の中でも、何処ででもカチャカチャし放題。
さらには『揃わないので☆一つです!』と、そんな無慈悲なレビューを投下して八つ当たりする事だって出来てしまう。
とても安い趣味だ。

でもその一方、とても金の掛かる趣味もまた数多く存在する。
自動車レースなんかその最たるもの。
それがナンバーの無い中古の軽自動車で有っても、余分な土地を持ってなければ一台置いておくだけで金が掛かるので大変だ。
自動車の準備~運搬~レースエントリーまで、レースしようと思ったら幾ら有っても足りやしない。
軽トラ有れば取りあえず運搬は事足りるバイクに比べたらやはり少々コストが嵩んでしまう。
もっとも、ちょっとコースアウトしただけでバラッバラに成ってしまう事も有りえるバイクレースも、それはそれで金の掛かる趣味なんだけども。


奥の方にチラリと見えるE-BIKEと、シマノ激推し中の油圧ディスクコンポーネント4兄弟。
長男のデュラ兄さんから、末っ子のティアちゃんまで。

シマノが別にこんな殺風景な自転車売ってる訳では無い。
バイクショップに良くディスプレイされている試乗に出されたりしてるコンポーネントの見本だね。

お手頃価格のティアちゃんから、奥様にバレたら家族会議が開かれそうなDERA-ACEまで。
今のトレンドは激しいディスクブレーキ推し。

気に成るプライスは、バージョンアップ定番のアルテグラを入れてやると、ブレーキ回りだけ7万円近くの出費(ホイールは別)

まぁ金無いなら105程度でイイんじゃ無いの?

等と自称上級者の方からそんな有りがたいアドバイスを頂いたりした経験の有る方も居るかもしれないが、105と言ってもコントロールレバーがアルテグラより1万円程安いだけで、結局高い物は高い。
そこそこなホイールも合わせたらまぁまぁなコストが掛かってしまう。
まぁ何とも金の掛かる趣味だ。

エントリークラスなら完成車で20万円くらい。
さらにペダルにシューズにウエアにと必要なモノは数多い。
ロードバイクってのは非常に金の掛かる趣味だ。
ちょろっと始めるだけで30万円は必要に成ってくる。
自転車と言えば19800円のママチャリしか知らない人にはおいそれと出せる額では無いかも知れない。

CAAD12で19万円、カーボンならメリダのスクルトゥーラ4000も大体それくらい。
これなら80万円のバイクと混走しても機材的に見劣りしない十二分な走りが出来る。
エンジンの差は知らないけれど。

でも20万円の自転車って決して安くは無いよね。
ん、決して安くは無い。
だが残念ながら真っ当なロードを真っ当に乗ろうと思ったら、これくらいはどうしても必要に成ってくる。
上を言い出せばかなりの線までキリは無いのと同じく、下を見てもそこそこの線まではキリ無い話ではあるのだけど、そこそこのラインで手を打とうと思ったらやっぱりコレくらいは必要。
もうちょい、なんて考えたら簡単に40万円は超してしまう。
流石にロードバイクは、ルービックキューブ並みのイニシャルコストで始めるのは難しい。

沼にハマった人なら30万円~40万円なんてコストはどうって事の無い話なんだろうけど、漠然と漫然とこれから始めてみようかな、って人にはかなり根性の要るコストと成る。
それだけ有れば中古の車検つきプリウスにカーセンサーアフター保障2年まで着けれる金額。
ハイブリッドシステムから駆動用バッテリーまで保障されるのだから、かなりの安心と快適な足を手に入れる事の出来る金額だ。
沼に沈んだ人からしたらそうでもないだろうけど、これから始めようって人には、ポンっと出すのはちょっと難しい。

せめてイニシャルコスト10万円くらいで普通にどうにか成るなら敷居も下がるのだろうけど、新品のまともなバイクではちょっと難しいのが現実か。
個人的には、YZ250FのフレームとCAAD12のフレームの値段が変わらないってのはどう考えてもおかしいだろうとは思うけれど、ロードバイク界の常識では完成車20万円は最安値だって相場は決まってる。
それがバイク界の選択。
残念ながら正体不明なバイクを除いてそれを大きく下回る価格のロードバイクは存在しない。

だから新たな需要を掘り起こして裾野を広げるのは難しい。
なんとなくロードバイクに乗りたいなぁって人が、何処からとも無く現れた人から最低30万円くらいは要るよ、なんて言われたら、やっぱイイですって答えてしまうものね。
漫画みたいに何処からか湧いてきたりタダでくれたりしないのだから。
現実は無情だ。

そんな訳で、ディスクロード推しで買い替え需要を喚起しつつ、E-BIKEを広めていく作戦。
この作戦が当たるかどうかは解らないけれど、私の周りでもちょろちょろディスク派は増えつつ有るのでひょっとしたら当たってるのかも知れない。
どうだろうね。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする