QUOの輪舞曲

 

QUOカードを良く使っている。
図書券の上位互換とも言える便利なカード。
自分で使う為に余り積極的に買いに行く人も多くは無いと思うけれど、株主優待やらで何でか持ってる人も少なく無いかと思う。
出張のアレは....まぁアレはアレとして。

店ではそれ程に使った事は無かったりするのだが、人に渡す為に良く使っている。
使い道は誰かの車に乗って何処かへ出かける時。

ガソリンから高速代までキッチリと割り勘にするってのも何か考え物なので、その際にQUOカードを良く使ってるのだ。
アマゾンギフトでも良いのだけど、まぁなんとなくQUOカードが周囲での今の所の風習。
何かしら変わる事はあるかも知れないが、どちらにしても現金で渡すのは何と無くね。

従って現状では概ねの額面のQUOカードを運転手、もしくはその自動車のコストを負担してる人に渡したり、或いは渡されたりしている。
額面は1000円やら2000円やらと決まってるので支払うベキ額より多少は大きかったりと正確では無いのだけど、別にそんな細かい事をグズグズ言い合うような人とは車に乗り合わせないし、まとめサイトに良く出てきそうなセコい人とも車を同乗したりはしないから問題は無い。
目玉ポーンなんて無いから問題は無いさ。

なお、乗せてもらう以上支払うべき額を下回る事は基本的に無い。
そんなセコい事はしない。
そりゃ目玉ポーンですわ。

 

st020013

額面と販売価格は以下の通り

額面 300円券 500円券 700円券 1000円券 2000円券 3000円券 5000円券 10000円券
販売価格 330円 530円 750円 1040円 2000円 3000円 5000円 10000円
利用可能金額 300円 500円 700円 1000円 2000円 3000円 5000円 10000円
利用可能金額
(コンビニ販売カード)
3000円 5070円 10140円

本屋等で買うよりコンビニで買う方がちょっとだけお得。
ちょっとだけ、なんだけども、一部の飲食店やホテル、ガソリンスタンドでも使えるので、それらを良く利用する人なら支払いをコンビニ系QUOカードに一元化したら現金払いよりもちょっとだけお得、かも知れない。
かもね。
まぁちょっとだけよ。

 

そんな感じでこの前スキーに行った際も、私の車に同乗した人から往復の高速&ガソリンコストの1/4程度ずつのQUOカードを頂いた。
前回は別の人に私がカードを支払ったが、今回は貰う側。
一人当たり2000円x2枚くらいに成る。

高速道路使って200kmオーバー往復すれば、ガソリン代込みで4人乗りならまぁ大体それくらいが相場。
私が払う時も大体はこれくらいだし、私が貰う時も大体はこれくらい。
お互い様の話なので、そんな細かいをガタガタ言ったりはしない。

ただ、一つ思う事は、先日私が貰った2000円QUOカードって、随分前に私が買った奴だよなぁって。
そんな事を思う。
コンビニで買うQUOカードなんてどれも大差無いのだけど、パスケースにずっと入れてたカードなのでプリントのかすれ具合に何となく見覚えが有ったりする。
人の手を周りまわってまた私の手元へと帰って来たのだろうと、確証は無いけれど何となくそんな事を思ってる。
名前も書いてないし匂いも残ってないので確証は無いけれど何となく見覚え有るかすれ具合に何となくそう思ってる。
まぁ、大体は顔見知りばっかりの間でのQUOカードのやり取りなので、帰ってきても何も不思議は無いんだけどね。

なお、先日スキーに行ったばかりだけど、既に次の計画が立ってたりしている。
筋肉痛がまだ完治してないのに。
まぁスキーの季節は短いからね。
グズグズしてたら雪が溶けちゃうので慌しいのも無理はない。

次回は、前回後部座席でうたた寝してた人の車で行く事に成ったので、私がQUOカードを支払う側と成る。
同じような車で同じような面子で同じような道程なので、きっと支払う額も同じと成るだろう。
と言う訳で、先日貰ったQUOカードをそのまんまお返しする事に成りそうな予感。
もう、それなら払わなくてイイんじゃ無いの?
なんて思いもちょっとはしつつも、またもや私の周囲でこのQUOカードが周り続ける。
確証は無いが恐らく随分前に私が買ったと思われるQUOカードが、途中で手にした誰かが使わない限り私の周囲をグルグルと周り続ける事に成る。
輪舞曲のようにグルグルと。
鮭のように、また何時か帰ってくるかも知れないね。

鮭みたいに大きくなって帰ってきてくれたら言う事無いんだけどね。
でも残念ながら減る事は有っても増える事は無いので無理な相談だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする