タイヤレバーは数だよ兄貴とドズルが言ったから

 

多くのブログでは良くありがちだけど、このブログでは見かけない事。
えっと...まぁ色々と有るのだけど、その一つがインプレッション。
要するに、何か商品使ったその感想、或いは評価って奴。
実はコレが殆ど無い。

○○のフレームは反応性がどうとか、BT-003に比べてDIABLO ROSSO CORSAはあーだこーだとか。
残念ながらそんな記事は殆ど無い。
過去には

RX-7RR5は頭がスースーするわ

と、小学4年生の作文みたいなインプレッションを披露した事は有るけれど、それはかなりレアなケース。
基本的にそんな記事は殆ど無い。
理由は簡単。
アッチの方は釣りたてマグロと評判の私だが、そっちの方は一昨年獲れた冷凍マグロな私だから。
結局の所、何使ってもあんまり良く解らないってのが正直スマンかったな所な訳だ。

もっとも、磨り減ったGP210から新品のGP210に替えたらその違いは私のマグロな尻でもハッキリと認識出来るのだが、その昔に履いてたブリヂストンのBW-201 / BW-202に比べてどうよと聞かれても、コレが中々答えにくい。
新品タイヤをあっちこっちと履き替えたら解るかも知れないけれど、5年前に履いたタイヤなんか覚えてない。
一昨日何食べたかさえあやふやなんだから。

 

タイヤレバー。

0128tr2

左から
KTC—正体不明—ストレート

KTCはお馴染みの奴。
使ってる人も多いだろう。

正体不明タイヤレバーは、アマゾンやら楽天ヤフオクMonotaroなんかで安く売ってる奴。
600円程だったと思う。

ストレートは、これまた毎度お馴染みの、アストロと並ぶ財布に優しい工具ショップのタイヤレバー。

同じようなスプーン型タイヤレバーだけど実はデザインは少々違いが見られる。

0128tr3

KTCのタイヤレバー。
形状は、尖がり過ぎず、緩過ぎずな塩梅。
先端の厚みはそう薄くは無いがそう厚くも無い。

まだモトクロスやモタードごっこやってた頃から覚えて無い程使ってるが、それでもほぼへこたれる事は無い。
モトクロスやモタードだけで無く、ゴン太ラジアルタイヤをも何度と無く脱着してきたけど、全然平気。
工具自体の強度もメッキの強度も素晴らしいの一言。
流石はKTCだ。
TSKと並んで愛好者が多いのも頷ける。
とりあえずKTCなんて言ってごめんなさい。

京都機械工具(KTC) タイヤレバー MCOL-260 全長:265mm

新品価格
¥2,039から
(2018/1/28 14:35時点)

0128tr4

こちらは正体不明の600円くらいのタイヤレバー。
形状はやや尖がり系。
ちょいPBに似てる。
先っちょだけは。

先端の厚みはこちらは結構薄い。
だが、上のKTC程では無いもののかなり酷使してるが、メッキの強度も本体の強度も結構強い。
値段を考えれば文句の着けようも無い。

190/50ZR17でも交換できたので、スプーン部分もシャンク部分も強度に関して何ら問題は無い。
多分、このタイヤレバーをヒン曲げる人は、タイヤレバーに文句言う前に自分のやり方を見つめなおし、そしてホイールが凹んでないか良く確かめるのが先決だろうと思う。

ただし覚えておか無きゃならないのは、これは何から何まで正体不明な品だって事。
検品って何?
な状態なのはお察しなので、個体差が有るのはご了承を。
当たりなんて無いけど外れは有るよ、特には外れもそりゃ有るよって点はお忘れなく。
それが正体不明商品を買う時の心構えだ。

0128tr5

こちらはストレート。
先端のカーブは緩め。

先端の厚みはやや厚め。
メッキはかなり弱い。
タイヤ交換のみならず、缶の蓋を開けたり、キャンプの際に溝掘ったり、或いはタケノコ掘ったり(私有地)なんて用途に使われると言う扱いの悪さを勘案しても、それでもやはり言わずに居れない。
この子はメッキが弱いよと。
そして先っちょの強度もあんまり強くないよと。

だが、これでも普通にタイヤ交換は出来、そしてタケノコさえも掘れる(私有地)ので、実用の上では特に問題は無い。

結論を言えば、タイヤレバーなんてちょっとくらいの差は何も関係ない。
ちょっとくらい尖がってても広がってても、コンマ数ミリ薄くても何も変わらない。
チップパーツを半田着けする時のハンダコテやピンセットは、ちょっとの差は大きな違いと成って現れるが、タイヤ交換なんて大雑把な作業、コンマ数ミリどうしたこうしたなんて何も影響しない。
実際私もコレら以外にTSKやPBを使う事も有るけれど、違いが有るかと聞かれても....ねぇ。

結局、正体不明のタイヤレバーでも特に苦も無くバイクのタイヤは交換できる。
そして、私のパワーとテクではこのタイヤレバーで無理そうなタイヤは、PB使ってもきっと無理だろうねって事には大した違いは無い。
出来るもんは出来るし、出来んもんは出来ん。
微妙な違いしかないスプーン型タイヤレバーの使い勝手の差なんて良く解らん。

と言う訳で、タイヤレバーの違いなんて良く解らないんだけど、ただ一つ言えるのは、工具は質もそりゃ大事だけど数が何よりモノを言うよって事だ。
1点豪華主義、よりも数がモノを言う。

数だよ、工具は数だよ、兄貴。

ソケットだってプライヤーだってめがねレンチだって一緒。
数は大いに越した事は無い。
予算が許す限り、数は大いに越した事は無い。

それはタイヤレバーも勿論同じ、って言うか基本的に最低3本は必要だ。
1本だけじゃどうにも成らないので、予算に限りが有るならノーブランド品を買う選択をお勧めしたい。
タイヤレバーに1万円以上掛けても平気な人はPBで揃えて頂いてそりゃ結構なのだけど。

Garage.com 295mm 樹脂ラバーグリップタイヤレバー 2本セット WHSYB0001 [並行輸入品]

新品価格
¥1,130から
(2018/1/28 14:26時点)

2本で1130円(2018/01/28現在)
2セット合計4本買ってもまだなおKTC1本分くらいの値段。
どれだけ安いねんって位に安い。

やっぱタイヤレバーは数だよ、兄貴。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする