二輪噺

奥様ライダーズ小話ブログ

 | Kuota小話  | 二輪噺(再)  | 二輪噺別館~ヘルメット&ウエア館~  | ブログランキング  | レディースライダーブログ  | お問い合わせメールフォーム |

ゼファー1100のサイドカバーを修理する-本当の完結

   

 

0803pls1

使う道具はコレ。

BOSCHのランダムアクションサンダーと、ストレートのスポンジバフ2種。
青が極細、黒が超微粒子用。
最後の仕上げはコイツ。

 

BOSCH(ボッシュ) 吸じんランダムアクションサンダー GEX125-1AE

新品価格
¥10,445から
(2018/8/3 11:24時点)

ちなみにマキタも同じカラーパターン。
グリーンがDIY用でブルーがプロ用。
リョービはミントグリーンがプロ用で赤と青がDIY用と分かれている。

 

 

なお、ランダムアクションサンダー+スポンジバフは塗装面に優しく綺麗な仕上がりが得られるのだが、広い面積や深い研磨が必要な場合は埒が開かないので、そんな用事の有る方は高効率なシングルアクションポリッシャーとウールバフを使おう。
ランダムアクションサンダー+スポンジバフでガッサガサの中古のミニバンを研磨するのは途方も無い時間とコンパウンドが必要なので、使う道具は適材適所正しい選択を。

 

研磨の話

 

 

(STRAIGHT/ストレート) スポンジバフ フラット タイプ 150mm 極細用 2ピース 36-57423

新品価格
¥910から
(2018/8/3 11:25時点)

(STRAIGHT/ストレート) スポンジバフ フラット タイプ 150mm 超微粒子用 2ピース 36-57424

新品価格
¥910から
(2018/8/3 11:25時点)

バフはスポンジバフ150mm。
125mmのサンダーにセットしたらちょっとハミ出すけれど、特に気にしなくて大丈夫。
125mmのバフはあまり種類が無いので150mmで手を打っておく。

白い塗装なら極細用のバフだけで十分に仕上がるが、ダークカラーなら超微粒子用を使った方が磨き傷が目立たないのでモアベター。
今回は真っ黒ソリッド+クリア仕上げと言う、磨き傷が最も目立つカラーなので、超微粒子用は必須。

 

0803pls2

今回使ったコンパウンドはこの3種。
バイク1台ならヤフオクやアマゾンで売ってる小分けで十分に事足りる。
現状売りの中古車を復活させたい時なんかは、素直に750mlボトルを買おう。

 

3M コンパウンド 目消し肌調整 カット・1-L 750ml 5967 [HTRC3]

新品価格
¥2,754から
(2018/8/3 11:35時点)

3M コンパウンド 目消し肌調整 ハード・1-L 750ml 5982 [HTRC3]

新品価格
¥2,802から
(2018/8/3 11:35時点)

3M(スリーエム) コンパウンド 仕上げ用 ハード・2-L 750ml 5985

新品価格
¥2,820から
(2018/8/3 11:36時点)

3M ハード・2-L ダーク #5986 [HTRC3]

新品価格
¥3,078から
(2018/8/3 11:36時点)

今回はブツ取り=塗装面に着いた埃等の異物取りに加え、さらに若干の肌荒れ修正に#2000のペーパーを使ったので、極細スポンジバフとカット・1Lを使用。
パーフェクトに塗れる人なら、ハード・1Lと2Lダーク+超微粒子バフでちゃちゃっと仕上げれると思う。
私もまぁその内綺麗に塗れる、....かどうかは解らない。

今回使った2Lダークは文字通りダークカラー専用の超微粒子コンパウンド。
3Mのハードシリーズでは最も微粒子のコンパウンドで、バフ目の目立ちやすいダークカラーの塗装面には必須。
ただ、コンパウンド自体も黒い色してるので、白い車には使わない方が良いと思う。
特にデカールを貼ってる場合に使ってしまったらデカールが黒く汚れる場合も有るので、白い車には普通の2Lを使おう。

 

方法は、適当にコンパウンド着けて適当に磨けば綺麗に仕上がる。
熱で塗装が歪んだり、研磨しすぎて底が抜けたりなんて事は、ランダムアクション+スポンジバフではそうそう起こらないので大丈夫。
その分広範囲の研磨は時間がかなり掛かってしまうのだけど、まぁ気長にやってりゃその内終わるさ。

実際の方法は、Youtubeに有用な情報が一杯上がってるのでそちらをどうぞ。

 

 

0803pls3

何だか良く解らない写真だけど、これがゼファー1100サイドカバー完成形。
この後、洗浄してポリマー系コーティングをしたらもっとヌメヌメしてくる筈。
訳の解らない写真に成ったのは、諸般の事情の為だ。

 

 

【悲報】写真を撮るときは「映り込みに注意しないといけない」ということがよく分かる画像

ここまで悲惨では無いけれど、何かと映りこみってのは具合が悪いので、今日の所はyodobashi.comでお茶を濁しておこうと思う。

 

 

以上、やっと終わり。
なお、このゼファーの全体像は、色は地味だけど他の部分は必要以上に目立つ盆栽号の為、非公開なのであしからず。

 

 



ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank
本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank

 - MOTOR CYCLE