二輪噺

奥様ライダーズ小話ブログ

| 二輪噺について  | Kuota小話  | 二輪噺~virsion-R  | 二輪噺アーカイブ  | ブログランキング  | レディースライダーブログ  | お問い合わせメールフォーム |

ハンドルロックの固いキーシリンダーのメンテ-前編

   

 

今回はハンドルロックが非常に渋いセローのイグニッションキー(正式名称メインスイッチステアリングロック)のメンテ。
症状は、鍵の抜き挿しはスムーズだが、回転がどうにも渋いって具合。
特にハンドルロックがどうにもね、って。
鍵穴スプレーではどうにも成らないので今回は分解してみる。

 

今回は普通の六角穴付きボルトでイグニッションキーを留めてただけなのでトップブリッジから外したけれど、わざわざ外さなくても分解は出来なくは無い、と思う。
多分。
作業はちょいやり難いと思うけれど。

 

1003keys1

イグニッションキーの上部のビスを抜く。
通常は黒いプラスチックのキャップがハマってるので、マイナスドライバーで外せばこの頭の取れたビスが現れる。
ただ残念ながらイグニッションキーの取り付けボルトと同じく、ノーリセスや締め切りなんて言われるビス=要するに適正トルクで締めたら頭が取れるビスで留められてるので、ドライバーやレンチでは緩める事は出来ない。

mono32754854-091203-02

元はこんなネジ。
ギュッギュと締めこめば茶色い部分が折れて銀色のネジ部分だけが残る構造。
種類は幾つか有るけれど、まぁ概ね似たような感じ。

外し方は色々と有るけれど、まぁ頑張ったらどうにか成るもんだ。
がんばれ!

 

 

1003keys2

と言う訳で頑張ってビスを抜いて黒いフードを外したらこれまた大きなビスが出てくる。
後は普通のビスなので普通に次へと分解していくだけ。

 

1003keys3

 

1003keys4

 

1003keys5

 

最終的にここまで分解出来る。
これがキーシリンダーの最下層に有るハンドルロック部分。

キーを回すとカムが回転して四角い部品を手前や奥へと動かす。
ハンドルロック自体のピンは、四角い部品に連結されてる円筒形の部分。
四角い部品と連動して円筒形のピンが出たり入ったりするって仕組みだ。

 

続く

 



ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank
本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank

 - MOTOR CYCLE