スポンサーリンク

人には出来る事と出来ない事が有る。そして特にやらなくて良い事も有る

 

人には出来る事と出来ない事が有る。
アナタも私も、誰にだって出来る事も有れば出来ない事だって有る。
と言うよりも、きっと出来ない事の方が多いだろうと思う。
そんなに何でもかんでも出来る人なんて居ないだろうと思う。
人はそんな器用に成れないんだよとアムロも言ってたし。
ニュータイプのアムロだって、分かり合える事も、天パを直毛にする事すらも出来なかったのだから。
オールドタイプの不器用な人間がそうそう何でもかんでも器用に出来る訳は無い。

だが、それが出来なきゃ成らない事ならば、出来ない出来ないと言ってないでやらねば成らない訳だ。
来月から漁師になるけど魚怖いから触れません、なんて言ってちゃ話に成らないのだから。
人には出来ない事は沢山有るけれど、それでも出来なきゃ成らない事は出来るように成る必要が有る。
出来なきゃ成らない事ならね。

【マジック】マッスルパス習得講座【一発芸】
 

別にマジシャンに成る訳でも、忘年会で出し物する予定も無い。
ってか忘年会なんてしないし。
でも、これは昔から定期的に私の中で巻き起こってるブームでも有るのだ。
とても息の長いブーム。

その名はマッスルパス。
手のひらに置いたコインを謎の力で上へとピョン!っと弾き飛ばすマジックの基本テクニック。
手にバネでも仕込んでるのか?
って位にコインを飛ばすテクニック。
マジシャンならきっと全員出来ると思う。
胴体切断とか空飛ぶとか、そんなのをメインにしてるマジシャンでもきっと出来るだろう。

ただ、これってかなり難しい。
何でもそうなんだけど、民間人が一朝一夕で出来るものじゃ無いね。

ちなみに一朝一夕ってレベルじゃ無い位に練習してるけれど未だに出来なかったりする。
毎日練習してる訳じゃ無いけど、これがかなり難しい。
手にバネでも仕込んだ方が早かったかも知れない。

グレート・ムタ~THE GREAT MUTA "BATTLE FLASH" +α
 

そして、最近また練習始めてるのがコレ。
毒霧攻撃。

別に忘年会で火を吹く大道芸を披露しようって訳では無い。
そんな気の効いた予定なんて無いわ。
ってか忘年会なんてしないって。

芸を披露する訳でも、ましてや悪役レスラーに成る訳でも無い。
まぁ要するに特にコレと言った用事は無いのだけど、グレートカブキの時代から昔から何となく憧れてる事の一つな訳だ。
バク転なんかと違って怪我する事も無いしね。

ただ、コレって中々に難しい。
5回に1回くらいは成功してイイ感じに霧が出るけれど、それでもグレート・ムタのレベルには程遠い。
さらに5回に2回くらいは失敗してウォシュレットみたいにピュピュってみっともなく噴き出すので、人前で披露するレベルには到底達してない。
人前で披露する機会なんて有るのかどうだか知らないけれど。
ん、まぁきっと無いとは思うけど。

マッスルパスも毒霧攻撃も、特に出来なきゃ成らない用事なんて持ち合わせてない。
出来なきゃ出来ないで明日の生活に支障が出る訳でも無いのだが、なんとなくやってみたいので今夜も風呂の中で毒霧トレーニングをしようと思う。
流石に玄関先でやるのは控えておくわ。
愚零闘武多子さんなんて近所で呼ばれたら住んでられないので人前でやるのは控えておくわ。

人には出来る事と出来ない事が有る。
アナタも私も、誰にだって出来る事も有れば出来ない事だって有る。

それがどうしてもやらなければ成らない事ならともかく、そうでも無い事なら別に出来なくても構わない話。
無理してしなくても全然構わないのだから。

だから私は願う。
真夜中、家の程近くの信号の無い交差点で『ウギョギョ!ンギョギョギョ!!』って言わせながらシフトダウンしてる何処かの直4バイクの人に願う。
無理してシフトダウンしないで、普通に静かに止まってくれないかなと、私はそう願って止まない。
交差点の一時停止で止まるのに、わざわざ無理してシフトダウンしながら止まらなくても構わないんだからと。

私はそう願う。
そして、日々熱烈なバックトルクに痛めつけられてるその人の乗ってるバイクもきっとそう願ってるだろう。
普通に止まってからシフトダウンするか、正しいシフトダウンを覚えるか、いっそ今時のバイクに買い換えてくれないっすかねと。
きっと。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする