スポンサーリンク

セローの持病

ついに漏れた。

 

 

ちょい分かり難いけれど、セローのシリンダーとクランクケースとの継ぎ目からのオイル漏れ。

セロー225には幾つかのオイル漏れスポットが有る。

・吸排気バルブクリアランス確認用のキャップ。
・カムスプロケット確認用キャップ。
・シリンダーヘッド。
・エンジンサイドのカバー類。

と、セロー225には幾つかのオイル漏れメジャースポットが有るのだけど、このベースガスケットからのオイル漏れも結構多い。
私の何台か乗り換えたセローの、途中で積み替えた何機かのエンジンも含めた多くのエンジンでお漏らし経験が有る。
まぁまぁ良くある事だ。

ただ、これが結構面倒臭い。
キャブとエキパイを外して、カムチェーンテンショナーを外して、カムスプロケットを外して、ヘッドを外してシリンダーを抜いて...
と、その漏れたベースガスケットに辿りつくまでには少々面倒な作業が必要と成る。

 

 

ただ、セロー225にはオイル漏れ以外にもこんな重大な持病を抱えてたりする。

カムチェーンガイド。
吸排気側の両方、計2本付いてる部品。

カムチェーンはこの黒い樹脂製部品に擦りながら高速回転している。
そして吸気側はカムチェーンテンショナーによって常にチェーンが引っ張る方向へとテンションが掛けられている。
中々に過酷な環境で使われる部品。

 

 

その過酷な環境が影響してるのかどうなのか、ともかくこのセローのカムチェーンスライダーはあまり強く無い。
私は過去に3度程交換してるので、きっと珍しく無いのだろうと思う。

ここが折れたら悲惨な事に成る。
悲惨、と言うかほぼ廃車を覚悟しなきゃ成らない重大インシデントなので、折れる前に必ず交換しなきゃ成らない。
それをどうやって判断するのかってはとても難しいけれど。

ちなみにココが折れた場合....ああ、まぁ実際に折れた経験は無いのでただの予測だけど、カムチェーンが外れたり絡まったり、バルブとピストンが衝突したり。
と、どう考えてもヤバい結果しか待ってない。
結婚記念日を忘れてキャバクラに行く位、待ち受けるその結果は非常にヤバいと言わざるを得ない。

なお、これを交換するにはシリンダーに加えてクランクケース左側のマグネット周りも分解する必要が有る。
勿論分解せずに外から確認するのは勿論不可能。
だから、シリンダーを抜いたら同時に交換しておくのが最善の道なんだろうと思う。
ついでにカムチェーンとカムスプロケットも交換しておけば言う事無い。

有る意味、ベースガスケットのオイル漏れは、ぼちぼちここを確認しとけよってサインでも有るので、山の中でエンジンが止まって立ち往生したくないなら確認しておいた方が良いかも知れないね。

もしかしたらヤマハはそれを考慮してわざとオイルが漏れるような時限タイマー付きベースガスケットを使ってるのか。
エンジン内部を強制的に確認させるが為に。
さすがはヤマハだね(棒)

ちなみに黒いプラスチックのお値段は、排気側が3553円、吸気側が5152円。
たかだかプラスチックの棒にしては中々に凶悪なプライスだけど、山の中でサバイバルするよりはまだマシなので、素直に注文しようかと...
ん、まぁ一応目視で確認してからって事で。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする