そして伝説へ....前編

高校生からバイクに乗りたいと相談を受けたら、アナタは何と返答するだろうか?

1.おお、それはイイぞ!とバイクに乗る事を無責任に薦める。

2.バイクは危ないから止めておけと、己の事を棚に上げてしたり顔で窘める。

3.そんなん知らんわと、卑怯にも逃げ出す。

さてアナタはどれを選択するだろう?

 

近所に、なんとなく交流の有る女子高生が一人居る。
近隣地域の私立高校に通う女子高生。
交流と言っても玄関先で話する程度の間柄で、別に一緒にUSJ行ったりなんて事まではしないけど。

顔合わせたら挨拶する程度の間柄だったのだけども、何だったかのキッカケで、挨拶以上に会話を交わすようになったのだ。
キッカケは良く覚えて無い。

で、その女子高生がこの前話してたのは、実はバイクの免許を取りたいのよ
って事。

と言っても原付免許。
特にR1に乗りたい訳では無い。
原チャリが欲しい。
それだけのこった。

ただ、それを私に言われた所で、乗れとも乗るなとも言う権利は持ち合わせて無い。

『そうかぁ』

と、何とも中身は皆無な返答しか出来ないのだ。
残念なお知らせ。

余所の子供が、それも女子高生がバイクに乗るなんて、地雷が剥き出しな話なので
無用なトラブルには巻き込まれたく無いのが正直な所だ。
事故でも起こして私のせいにされちゃ堪ったもんじゃ無いのだから。
下手な事は言えない。
だからと言って、別にお説教してやる程に立派な人間でも無ければ、ハナからそんなつもりも無いのだけど。

R1に乗りたいとか、ハーレーに乗りたいとか、北海道にツーリングに行きたいとか

そんな明確な方向性が有る訳でも無いので、バイクの免許が取りたいと言った所で、そのテンションは大した物では無いのだと思う。
バイク選びよりバレンタインのチョコ選びの方が重要だろうし。
コミネのジャケットよりもバーバリーのマフラーの方が欲しいだろうし。
...私もコミネちゃんは....別に....

だから、免許取れたら取れたで嬉しいけど、取れなきゃ別にイイよね。

まぁそんな感じだろうと思う。
正直、やめた方がイイとは思うけど、それを言うべきかどうかは解らない。

校則ではどうなのよ?

って聞いた所、明確には禁止されて無いけどあまり良い顔はされない。
って言うか免許取る人間なんか殆どいないよ
との事。

今時高校生に免許取るなと言わなくても取らないんだろうね。
わざわざ言うまでも無いわって感じなのか。

でもその高校では、バイクにまつわる小さな話が有るらしい。
バイクにまつわる小さな伝説が。

後編へ続く

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. hondax4s より:

    こんにちは!

    4. うんうん、そうか。バイクはいいぞ。原付では無く大型をめざせ!

    ・・・そしてR1を新車価格で売りつけ、YZF-R1Mに乗り換える。

    伝説が楽しみな気がつけば上下コミネちゃんマンより

  2. 津山 より:

    俺は1番かな。
    乗れとは言わないけど、それは最高だねと言う。
    なんかあったら怒られちゃうのかな。
    責任範囲外だと思うから。
    でも、スクーターにしないでギアチェン乗りなと言うかも。
    だって、バイクに乗るのは素敵だから。