二輪噺

奥様ライダーズ小話ブログ

| 二輪噺について  | Kuota小話  | 二輪噺~virsion-R  | 二輪噺アーカイブ  | ブログランキング  | レディースライダーブログ  | お問い合わせメールフォーム |

YouTubeに命拾いした話

   

 

キッズ用のKLX125がザラザラ言い出したので、カムチェーン一式を交換しようか、等と面倒な話が持ち上がっている。
友人のお子様の乗るKXLがザラザラ言い出したので。

バイクなんぞ動いたら何かしら異音するものなので気にしなきゃ気にしないでどうって事無いと言えなくも無いのだけど、やはりイオン無し絶好調を目指したいので、新年に向けてちょっと整備しておこうか、って事に。

 

最低限の手入れとしては、テンショナー外して、ケースカバー外して、ヘッド横のカバーを外して、カムスプロケット外したらカムチェーンの交換が可能だと思う。
クランクにどんな感じにチェーンが掛かってるかはマニュアルすら無い現状では良く解らないのだけど、まぁ分解すりゃ解るでしょう、って事で。
先にマニュアル買えよって話なんだけど。

 

 

ただ、カムチェーンが本当に寿命を来たしてるのなら、同じようにシリンダーもバルブもヤバそうな気もするので、その辺をどうするかは思案どころ。
交換してやれば良いのだけど、125ccのトレールバイクに何処まで金掛けるか、ってのが中々難しい。
悪い所だけを換えたらそれでイイじゃんって考えもアリだし、ココが悪くなってたらコッチも悪くなってる筈だからこの際交換しておこうよって考えもまたアリ。
全てはやる気と財布にご相談って事だ。
個人的には、カムチェーンテンショナーを付け直したら、ザラザラ音なんてそれだけで直るような気もしないでも無いんだけど。
現物を見もしてないので解らない。

 

さらっとパーツリストで調べてみたら、シリンダーとピストン一式で約30000円、バルブ周り一式が約9000円、カムシャフトが10000円、クランクが32000円。
本題のカムチェーン一式からガスケット類も含めて、ヘッドを除くクランクから上を概ね交換したら10万円でおつりがちょっと来る程度になろうかと思う。
中々にお高いね。

これでもクラッチから後ろは手付かずなんだから、ちゃんと直すには結構金が掛かってしまう。
そう考えたら、新車で15万円台のYB125SPが如何に安いかが良く解るってなもんだ。
日本でのバイクの価格、そして部品価格が高いだけって話かどうかは私は何も言わないので、好きなようにお考え頂いて結構だけど。

ちなみにインドネシアでのカワサキオフィシャルサイトに記載されているバイク価格(単位=ルピア)は
Dトラッカー150=31.800.000
DトラッカーX=63.800.000
Z900RS=279.000.000
ZX10R=460.000.000

ちなみに、1 IDR = 0.008304 JPYのレートで日本円に換算したら
31.800.000ルピア=264,074.86円
63.800.000ルピア=529,786.48円
460.000.000ルピア=3,819,950.78円

と成る。
これが高いか安いかは私は考えるのを止めたので皆様にお任せする。

 

 

なんとなくKLX/Dトラ125のエンジンを調べてたら上手い具合にYoutube動画を見つけた。
著名なバイクショップの動画。

 

エンジン(ヘッド)の構造はセローと同じような、カムシャフトを横から抜くタイプ。
同じ単気筒シングルカムのジェベル200やホンダのXR250~SL223系エンジンのような、シリンダーヘッドが上下に分割されるタイプとは違う。

ちなみに、ジェベル200とホンダのエンジンはヘッドが上下に分割されるけれど、アレってヘッドカバーでは無くてカムシャフトホルダーを兼ねてる部品だったりするのだ。
通常、カムシャフトはカムシャフトホルダーで挟み込んで組み付け、その上にヘッドカバー(カムカバー)が着くのだけど、ヘッドカバー自体がカムシャフトホルダーに成ってる、と言うかカムシャフトホルダーがヘッドカバーに成ってると言うか、ともかく上手いこと作ってる構造。

でも、加工精度が出せるなら組み立て精度は問われないヤマハやこのKLXのタイプのヘッドの方が良いような気もする。
カムシャフトは差し込めば良いだけなので、ホルダーの締め付けトルクの不良等と作業者の技量によって性能差が出ることは無い。
だからこの部分の加工が高精度に出来てるなら横から差込むタイプの方が良い気はする。
まぁ、どっちでもイイっちゃどっちでもイイんだけどね。
ん、身も蓋も無いけど、どっちでもイイっちゃどっちでもイイ。
特にそんなの気にして生きてないから。

 

なお、このKLX125/Dトラ125のエンジン。
そのカムスプロケットの取りつけボルト。
実はココって逆ネジなんだね。
Left-handed と呼ばれる左ネジのボルト。
要するに逆ネジ。

自転車のペダルやBBや扇風機なんかと同じく、回ってるうちに緩まないようにしようって考えの左ネジ。
初見殺しの左ネジ。

BBや扇風機みたいにコッチに回せと書いててくれたらイイんだけど、ボルトにはわざわざ書いてないのでとても困る。
溝や切り欠き等のマーキングがされてる場合も有るけど、これが必ずしも徹底されてる訳では無い。
何も書いてなきゃ外から見ても解らないものね。
ボルトをどっちに回したら外れるなんて。

前述したようにKLXのエンジンを見たことすらまだ無いので、マーキングがされてるかどうかは知らない。
ってか、多分何も書いてないっぽい。

mono30104813-160822-02

ここまで解りやすい仕様を徹底して欲しい気分だ。

 

 

通常、結構な高トルクで締まってる(セローの場合は59N・m)箇所なので1/2Drのインパクトやブレーカーバーを使ってフルパワーで緩める場面なのだが、このKLXのエンジンのこの部分のボルトは左ネジなので、フルパワーで反時計方向に回したらネジ切れるので注意が必要だ。
なおセローは普通のボルトなので、普通に反時計方向に回せば抜ける。
逆に回したら捻り切れるのでお間違いなく。

そしてもう一点。
締める時は勿論反時計方向に回して締めるのだけど、通常のプリセット型トルクレンチは左方向には正確なトルクが出ないとされているので、由緒正しい締め付けトルクを守りたい方は、直読式と呼ばれるビーム型やダイヤル型を使うのがお勧めだよって点。

カムやクランクジャーナルでは無いので勘と度胸で適当にギュっと締めた所で大した問題は出ないとは思うけど、この部分の組み付け不良はエンジンの破壊に直結するので、由緒正しい方法で作業する事をお勧めしておきたい。
そして重ねて、このエンジンのこの部分は逆ネジなんだよって事を、作業前に十分に頭に叩き込んで置く事も忘れずにおきたい。
KLX/Dトラのカムスプロケット固定ボルトは左ボルトなんですよって事を。

タケガワの説明書にもちゃんと小さく書いてるしね。

1122cam

http://www.takegawa.co.jp/pdf/01/01-05-0045.pdf

破壊に関わる部分なのでもうちょっとドドンと書いて欲しいポイント。
ハイリフトカムシャフトも含めたKLX用エンジンキットなので、純正のカムシャフトのボルトを捻り切っても問題は無いかも知れない、とは言えど。

 

 

そんな初見殺しの情報を知る事が出来たYoutube、のコメント蘭に助けられた良かったわ、と言う今回のお話。
壊す前に知っておいた良かったわと。
まぁ、エンジン開けるならマニュアル買えって話なんだけどね。
ああ、そりゃごもっとも。

 

なお、この動画で作業してたお兄さんがインパクトでボルトを捻り切ったかどうかについては、私は考えるのを止めたのでその判断は皆様にお任せする。

 

 



ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank
本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank

 - MOTOR CYCLE