物事は言い方一つで受け取る印象は変わってくる

 

物事は言い方一つで受け取る印象は変わってくる。
たとえ、事の本質が何も変わらなかったとしても。

バイクの振動を鼓動感と言ってみたり、やたら硬いだけの足周りをレーシーと表現してみたり。
事の本質が何も変わらなかったとしても、物事は言い方一つで受け取る印象は変わってくる。

プラスチックを燃えるゴミに混ぜて捨てるのは環境破壊の腐れ外道行為だけど、分別回収した後に燃えるゴミに混ぜて燃やすのはサーマルリサイクルだからとてもエコだ!

ってのと同じ。
言い方一つで世間はなんか有耶無耶なまま納得され、一つの仕事と何人かの雇用が守られるのだ。

だから、生きてれば何かと嫌な事や辛い事は沢山有るけど、言い方一つでどうにか自分を誤魔化して有耶無耶なまま生きて行こう。

だから今日は、リストラと言う辛い現実を少しでも有耶無耶にする為、言い方をちょっと考えてみる。

●卒業

レベル0
教習所で言えば、事前審査でCB125Tを引き起こせたレベル。
こんなので口尖がらせてイイ気に成ってちゃダメだ。
イイ気に成るなよ!小僧!

●グラデュエーター

本質的に卒業=グラデュエーションから変わってはいないが、言い方一つでラッセルクロウっぽく、なんかちょっと色っぽいんじゃ無い?って感じさえする。
いっそのこと、ハイパーメディアグラヂュエーターを名乗り、半ズボン履きながら死ぬまで引き篭もるのもカッコイイ気さえもする。

なお、語尾に『ズ』や『2016』や『vs 巨大シャーク』なんてのを着けるのも、これはこれでまた素晴らしい。

●トラリス

フっと小耳に挟むとトラヴィスやポラリスなんかと間違えられそうで、これもまた逆剥けて荒れ果てた自分の心を有耶無耶させるのに非常に良い言い方で有ろう。
特に、ザギンでデルモとシースーを引っ掛けに行く業界人が、制作費の着服やパワハラがバレて干された暁には呼んでやって欲しい。
首からカーディガン掛けながらハロワに言ってる人を見たらこう優しく声掛けてやって欲しい。

『オフの日ですか?仲間とキューベバーやったり、後はカディバーですね、カディバーカディバーカディバーってやってますよ、まぁオフって言っても今はずっとオフなんすけどね(笑)』

等と、復活の呪文みたいに不明瞭な事を言ってる元業界人をハロワで見かけたらこう優しく声掛けてやって欲しい。
あんた、トラリスだね。
と。

●リストラッター

特に、悪ふざけで回転寿司の醤油ボトルを尻に突っ込んだ写真を公開したり、悪ふざけで燃やす直前の棺桶に入って添い寝した写真をナウしてみたり
そんなツイッターでの悪ふざけが原因でクビ切られた人には、心の平穏と今後の戒めの為にこう呼んであげたい。
リストラッターと。

なお、昨今の私は基本的にローテンションな人間なので特に悪ふざけする事は無いけれど、ちょっと弾けてた時期が無い訳では無かったのでその頃にツイッターなんて物騒なのが無くて良かったなと思う。
人間、何時弾けてしまうか解らないのだから十分気をつけねば成らないのだ。

あと、リストラッターならまだ良いけど、リスト○ッターは色んな意味合いで痛々しいのでご注意願いたい。

と言う訳で、この前リストラされた人に相談されたのだけども、無職の人間にそんな相談されても返答に困りそして凄く気を使うので、以後重々気をつけて欲しいと思う。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする