二輪噺

奥様ライダーズ小話ブログ

| 二輪噺について  | Kuota小話  | 二輪噺~virsion-R  | 二輪噺アーカイブ  | ブログランキング  | レディースライダーブログ  | お問い合わせメールフォーム |

ミノムシに成りながら

   

 

誰しも、ちょっと憧れてしまう生き方って有るかと思う。
動物や魚や植物の生き方、過ごし方にちょっと憧れてしまう場面ってのが。

長いスパンで考えりゃそりゃ勿論人間の生き方が人間には最良なんだろうけども、例えば空をのどかに飛んでるトビや広い海を自由に泳いでるイルカ、ウニ食べながら波間で昼寝してるラッコ。
その瞬間、その一場面にちょっと憧れてしまう事って有ろうかと思う。
一生ウニとアワビ食べながら海に浮かんどけと言われたらちょっと遠慮したいだろうけれど、その一場面にはちょっと憧れてしまう事って有ろうかと。
オスのオットセイの一場面の生き方に、ちょっとした憧れとちょっとした敗北感を味わった経験の有る方もきっと居るかも思う。
明日からオットセイとして生きろと言われたら、それはそれで考え物だろうけど。

 

imgrc0076366104

 

たこ焼きと中華ディナー(餃子の王将)のギャラで、力自慢の若者2名にこの強烈に重い椅子を家の中に運び込んで貰った。
私のパワーじゃどれだけテンション上げてもビクともしなかったので。
旦那さんは腰が悪いから、重い物持って入院されても困るしね。

 

 

一時の凶悪な酷暑に比べてなんだか心地よいこの所、ベランダに置いたこの椅子に座ってボケーっとしてるのが、ここ最近の一番幸せな時間だったりする。
重量物を置きすぎてベランダの底が抜けないかとちょっとだけ不安を抱えながら。
....まぁ象飼ってる訳じゃ無いから大丈夫とは思うけれど。
多分。

 

長いスパンで考えりゃそりゃ勿論人間の生き方が人間には最良なんだろうけども、誰しもちょっと憧れてしまう生き方って有るかと思う。
動物や魚や植物の生き方、過ごし方にちょっと憧れてしまう場面ってのが。
私の場合、その一つに挙げられるのがミノムシ。
別にミノムシとして一生を送りたい訳でも無く、まして蛾にジョブチェンジしたい訳でも無い。
でも、ふと街路樹からぶら下がってるミノムシを見て、とても羨ましい生き方してるじゃ無いかと思った事は有る。

あれは有る寒い寒い日。
ワーカーホリックとしてずっと仕事してた頃の事。
そりゃもうバイトが全員辞めたコンビニ店長みたいにずっと仕事してた頃の事。
ふと見かけたミノムシに、何とも言えない羨ましさを感じてしまったのだ。

.....いいな、暖かいシェルターに包まれてぶら下がってるだけの生き方って....いいな。

 

そんなあの日を思い出すような、それ程でも無いような。
ともかくミノムシ気分でぶら下がってると、とても幸せな気分に成る。
何もしたくなくなるレベルで。
もう本当に何もしたくなくなるレベルで。
この吊るされ感と、包まれるような籠がたまらない。
もう本当に何もしたくなくなるレベルでたまらない。

 

まぁ、でも何もしないってのもそれはそれで勿体無いので、図書館で建築設計の本でも借りてきて勉強してみようかと思う。
本当に我が家の底は抜けないか、その疑問を解決する為に。
中途半端に勉強したら余計に怖くなりそうなので、有る意味知らん振りしておくのが正解な気がしないでもないけれど。

等とブツブツ言いながら、私は幸せに包まれながら今日も一日吊るされる。

 



ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank
本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank

 - 小噺