スポンサーリンク

札幌も釧路も知らなきゃ多分読めない

 

北海道に住む友人の一人が釧路へ引っ越したとか。
ココをご覧の方に取っては何処の誰だか知らない人の事なのでどうでもイイ話なんだろうけど、ともかくそんな件を聞いた。

仕事柄北海道を転々としてるようで、札幌を始め都市部から地方まで幾つか移り住んでたとか。
一時期雄武町と言うかなりスパルタンな町にも住んでた事が有るそうで。

信念と病巣と巨匠の言質

 

夏はともかく冬は大変だ。
とにかく大変。

ちなみに雄武町(おうむ町)と読む。
知ってりゃ読めるけれど、知らなきゃ読むのは中々難しい。

もっとも、固有名詞ではそんなの全然珍しくは無い。
東京の御徒町も京都の先斗町も大阪の放出も、知ってりゃ読めるけれど知らなきゃきっと読めない。
札幌も釧路も長万部も、知ってるから普通に読める訳で知らなきゃきっと読めないだろう。
少なくとも私の人生において釧なんて漢字を釧路以外で使った事は無いのだから。

ちなみに釧ってのは腕輪=ブレスレットの事。
釧=くしろと読む。
と言っても、古墳時代の言葉で、今現在日常でその言葉を使ってる人はそうそう居ないんじゃ無いかと思う。
少なくとも私は使った事は無いし使ってる人を見た事も無いな。
石でパイナップルを割ってた原始人みたいな人は居たが、釧なんて言葉を使ってた人は私の人生において一人も居ない。

固有名詞なんて知ってりゃ読めるけれど知らなきゃ読めない事は珍しくない。
釧路にせよ、雄武町にせよ、聖闘士星矢にせよ。
ココをご覧の賢明なる皆様は、ガンダムのZZとスズキのZZとカワサキのZZとトミーカイラのZZを正しく読む事が出来るだろうけれども。
知らなきゃ読めなくてもそりゃ仕方ない。

まぁ固有名詞って知らなきゃ読むのは中々に難しいものだ。
かれこれ10年来の付き合いになるのに名前を何て読むのか実は知らない人が居る件については、実は未だに解決してなかったりするのだから。

苗字は知ってる。
そりゃ勿論知ってる、ってか普通に読める普通の苗字だ。
大炊御門さんなんて苗字では無い、普通にダイソーで売ってる判子にも有る苗字だから。

ただ、下の名前が何て読むのか解らない。
月に1~2度くらい顔を合わす人なのだが、普段は苗字でしか呼ばないのでそれでも別に問題は無い。
問題は無いのだが、ただ、毎年年賀状を書く時にフっと思うのだ。
この人の名前って、何て読むんだろう??って。

今更聞けないよね。
もう知り合って10年程経つんだから、今更アナタの名前は何て読むの?なんて聞けないし、周りの人にも聞くのも何か嫌なので、どうやら今年もその謎については解決しそうに無さそうだ。
解らなくてもまぁ別に困らないっちゃ困らないのだけど、私宛に年賀状を出す予定が有って自分の名前はまぁまぁ難読だよねと心当たりの有る方はフリガナを振って頂ければ助かるのでどうかヨロシク。
今更聞くのは恥ずかしいので自主的にどうかヨロシクとお願いしたい。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする