二輪噺

奥様ライダーズ小話ブログ

 | Kuota小話  | 二輪噺(再)  | 二輪噺別館~ヘルメット&ウエア館~  | ブログランキング  | レディースライダーブログ  | お問い合わせメールフォーム |

数を撃てば当たるってものでもない

   

 

東京マルイ No.3 SOPMOD M4 18歳以上次世代電動ガン

新品価格
¥39,100から
(2019/1/11 00:29時点)

 

実際のM4カービンは、20発もしくは30発のマガジンを装着する。
所謂マシンガンと呼ばれる類の銃には到底及ばないが、拳銃に比べると比較的多くの弾数。
グロックは33発撃てるのも有るみたいだけど。
まぁ何事も例外は有るって訳で。

 

数を撃てば当たるのは、一つの真理でも有る。
ナンパからバイクの一発試験まで、数を撃てばその内に当たる、可能性は上がる。
一発目は外れたとしても、数を撃てばその内に当たる、可能性は上がる。
まぁ、可能性の話だけど。
そりゃどうもスマンかった。

 

私は銃はヘタクソだ。

と言っても、海外の観光地での観光客向けの射撃場での遊びでちょっとだけ撃っただけなので、上手いの下手だのって口尖がらせて言うレベルでも無いんだけど。
でもまぁ難しいもんだね。
11発やそこらの弾数で的に命中させるのって。

機関銃とは言わないけれど、せめてAR-15を30発も撃てればもしかしたら私でもクリーンヒットは得られたかも知れない。
数撃てば当たる可能性も上がってたかも知れない。
戦いは数だよ兄貴とドズルも言ってたし。

 

 

と、そんな事を考えたのがある日の昼下がり。
近所の友人宅の猫ちゃんを与かって、適当に遊びながら写真撮ろうと四苦八苦してたある日の昼下がり。

いやぁ、猫の写真って難しいね。
待てと言えば待ってくれる犬ならまだちょっとはマシかも知れないが、猫ちゃんは本当に難しい。
特にそう明るくない室内においては、感度を上げるとブツブツ星人に成ってしまう私の時代遅れのデジカメはかなり不利。
5秒だけじっとしてくれたら綺麗に取れるんだけど、それを猫に求めるのは寝てる時しか難しい。
奴らは話が通じないから。
可愛いから許すけど。

感度上げたらブツブツだし、でも感度下げてシャッタースピードを落としたら残像になってしまう。
質量有る残像に成っちゃう。
私の時代遅れのデジカメも、明るい野外なら綺麗に撮れるんだけど、流石に猫を野外出す訳にも行かないのでそりゃ無理な相談だ。

 

と言う訳で数撃てばその内当たるかもね作戦で、ビッシビシ撮りまくってるのだが、ボツ写真の山を築いている。
あんなにビッシビシに、バッシバシに撮ったのに殆どがゴミ。

デジカメなので、要らない写真は捨てりゃそれで済む話なんだけど、昔の24枚撮りフィルム入れてた時代は大変だったろうなと思う。
スカイフィッシュみたいに成った猫の写真を量産しちゃったら大変だから。

 

Nikon デジタルカメラ COOLPIX B500 光学40倍ズーム 1602万画素 単三電池 ブラック B500BK

新品価格
¥19,825から
(2019/1/11 08:08時点)

今やコンデジでもISO6400相当だって。
凄いね。
現実的にはどんなモノかは何とも言えないけれど、少なくとも800以上でブツブツ星人に成る私のデジカメより遥かにマシなのは言うまでも無いかと思う。
常用ISO感度25600なんて謳い文句の一眼レフに比べりゃ話に成らないだろうけど、ボディだけで30万円~なモノホンのデジタル一眼レフと比べるのが間違いって奴だ。
レンズはおろか充電器くらいしか買えない値段のビグザムみたいなデジカメなんだから。
比べる対象が間違ってる。

 

結局、ザクを幾ら投入した所でZガンダムには敵わないのが宇宙世紀の現実である様に、流石に15年前のデジカメはもう既に限界を越えてるって事なんだろうね。
と、数撃てばその内当たるさと言い聞かせながら、数を撃ちまくっても一向に当たらない猫写真を捨てながらそんな事を考えてる。

まぁ、いい加減買い換えろって話みたいだ。

 



ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank
本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank

 - 小噺