二輪噺

奥様ライダーズ小話ブログ

 | Kuota小話  | 二輪噺(再)  | 二輪噺別館~ヘルメット&ウエア館~  | ブログランキング  | レディースライダーブログ  | お問い合わせメールフォーム |

優先順位は相対的に決まる

   

 

社会で生きる人間には、幾つかの場面において優先されるべき人が、優遇されるべき人が居る。
電車の座席で有ったり、バスの乗降で有ったり、エレベーターで有ったり。

社会生活を営む上で、それらはとても重要な事だろう。
ジャングルの掟ではその真逆が正義と成りえるのかも知れないが、人間社会においては弱者が優遇される場面が有るのは然るべきで有ろうと思う。
だからと何でもかんでも優先優遇、って訳には行かないけれどね。

 

だが、その弱者や優先或いは優遇されるべき人、って定義は時にあやふやなもの。
ご老人には電車の座席を譲るべきだが、自分がそのご老人ならば優先座席は優先して譲られて然るベキだろうが、車内全員ご老人ならば必ずしも自分が譲られる訳では無い。
仮に自分がご老人だとしても、見回す限り爺さん婆さんばっかりだと、必ずしも自分が優先される訳では無いって事だ。
老人会の遠足で電車に乗ったら誰が優先されるべきかと殺伐な空気が流れるのも必至だろう。
平均年齢85才の無量大数的空間においては、86歳だからとうかうかしてられない。

同様に、自分が怪我して病院に行っても、グリマーマンにおけるセガールみたいな鼻血がドッバドバな人や、溶鉱炉に落ちる直前のT1000みたいな体がえらい事に成ってる人が居たらそちらを優先されるのも仕方ない。
レディばかりの集まりなら自分がレディだからと誰もファーストしてくれないし、子供ばかりのコミュニティにおいては子供のした事だからと周囲の子供は誰も許しちゃくれないだろう。

社会生活において、相対的な弱者は優遇される場面が有って然るべきだろうとは思う。
だがあくまでそれは相対的な話で有って、自分が病人や妊婦や子供やご老人だからと必ずしも常に優先優遇される訳では無い事を知っておく必要がある。

 

 

ご存知な方も多いかも知れないがご存知で無い方も勿論居るだろう。
最近、大きな病院にはレストランやカフェが入っているって事を。
コンビニなんて普通に有る。
紙パックのジュースと雑誌しか売ってない薄暗い売店なんて今や昔の話だ。
まぁある意味あんまり知らない方がイイかもねって話だけど。

 

ただその病院内のコンビニ。
流石のセブンも病院内でドミナント戦略はうってないので、病院内には大抵は1件しか無い。
余程の巨大病院なら複数有るかも知れないけれど、そんな病院マニアじゃ無いので知らないな。
私の知る限り、病院には1件のコンビニしか無い。
他に小さな売店がポツポツ有る程度。
お陰でラッシュ時にはかなりの混雑。
わざわざ外に出て行くのも面倒だから、そりゃ混むのも仕方ない。

 

ある日の病院のコンビニ。
ペットボトルのドリンク一個を持ってレジの行列に並んでいると、隣のレジの列で何やらちょっと揉めている光景が目に入った。
どうやら、列を割り込んだおじさんと、割り込まれたおじさんとの揉め事の模様。

列はちゃんと並びなさい!と言う幼児教育を受けていないのか、それとも教育は受けたけど因数分解や桑畑の地図記号等と同じく忘れちゃっただけなのか。
その辺りについては良く知らないのだけど、まぁともかく列をちゃんと並ばない行儀の悪いおじさんが発端となったちょっとした揉め事が起こっていたのだ。

 

周囲の冷たい視線も功を奏したのか、おじさんはしぶしぶ列の最後尾へと並び直し、このちょっとした揉め事は直ぐに終息した。
素直に並んでたらちょっとだけ早くレジを終えれたのに。
まぁ2人やそこらの話だけどね。
ハナからちゃんと並んでおきなさいって話なんだけど。

なんだよ...オレは入院してるのに....

あまりハッキリとは聞き取れなかったのだが、どうやらこの割り込みおじさんは入院患者らしい。
パジャマ着てるんだからそりゃそうだろう。
パジャマパーティーやってる訳じゃ無い事くらいは見りゃ解る。

だからこのおじさんは、入院してる可愛そうなオレを優先するのは当然だろ?って思考なのだろうと思う。
パジャマ着てたら待合室の椅子を譲られる事は有っても、レジの列まで譲られるかなぁって気はするけれど、このおじさん的には譲られて当然、優先されて然るべきって考えなんだろうと思う。

確かに入院患者は労わる必要は有ろうかとは思う。
エレベーターでドアを開けておいたり、上記したように椅子を譲ったりなんて事は必要だろうとは思う。
ただ、やっぱコンビニの列まではなぁって気はする。

譲りたい人は譲ってあげれば良いし、譲る気がさらさら無い人はスルーしてりゃそれで良いと思う。
そんな事は自分でやりたいようにすればそれで。
でも第三者がどうこう言う筋合いも無ければ、譲られる側の本人が譲れやと言う権利も無い。
ましてや、パジャマ着てる人がパジャマ着てる人に向かって列を譲れと言う権利なんて無い。
お互い入院患者のパジャママンなんだから、譲れと言う方が無理筋な話だよ。

 

入院中は辛い事も苦しい事も沢山有るけれど、コンビニの列くらいはちゃんと並ぼう。
パジャマの人もパジャマの人の後ろに静かに並ぼうって事だ。
ちなみに私もその時パジャマだったので、パジャママンに列を譲る気は無いのでスマンかった。

 

ガビル、岡山に立つ

まぁコンビニには色んな事が起こるよねって話。
強盗や暴走車や変態が現れたって話では無いけれども。

 

 

 



ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank
本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank

 - 小噺