慣れれば簡単だけど慣れるまでが問題だ

 

automotive-62827_960_720

小さな交通事故は経験値として有効に蓄積される、とか言われる事も有る。
生命や身体や財産に対する大きな損失が無い軽い事故は、経験するのも決して悪い事ばかりでは無いと。
警察への通報から場合によっては救急要請、そして事後の処理までを1度はさらっと経験しておくのも決して悪くは無いと。
いざ重大な事故に見舞われた時でも、経験値が有るのと無いのとでは立ち居振る舞いがちょっとは違ってくるのだから。

等と言われたりもする。
と言っても、何もわざわざ事故起こす事はお勧めしないけれどね。
ん、それは何かと問題有るかと思うな。

 

前回も書いたけれど、友人の一人が入院したって話。
まぁ別にどうって事も無く、と言うか昨日一昨日のように書いたけどその入院とやらは去年の話なのでとっくに片付いてるし。
ともかく、何事も無く入院して何事も無く退院したのだが、小さな入院ってのはやっておいたも損は無いと思う訳だ。

勿論、入院なんてしないに越した事は無いんだけど、そうは言っても人なんて何時どうなるか解らないのが実際の所。
あなたも明日交通事故に遭うかもしてないし、私だって5分後に今座ってる椅子が爆発するかも知れない。
世の中何が起こるかなんて解らないのだから。

入院にも退院にも何かと手続きが必要だ。
これが中々に面倒で、初めての場合は右往左往してしまう事も。
急に保証人の名前書けよと言われても、困ってしまう人も少なく無いかと思う。

それらを自分でどうにか出来るならまだマシなのだが、椅子が爆発して救急車で運び込まれたらそうも言ってられない。
尻に椅子が刺さった状態では自分でどうこう出来る訳は無いので、誰かを頼る必要が有る。

その誰かを頼る場合、或いは誰かに頼られる場合、そのどちらの場合で有ろうとも入院の経験が有るのと無いのとでは、やっぱり経験が有る方が何かと安心だろう。

入院なんてしないに越した事は無いんだけど、そうは言っても人なんて何時どうなるか解らないのが実際の所。
小さな入院、って表現もなんか頭悪そうな言い回しでちょっと照れてしまうけれど、軽い入院ってのは1度経験しておくのも決して無駄では無いとは思う。
得になるのかどうかまでは責任持てないけどね。

 

誰だって最初は未経験。
経験を積めば、知識も技術も蓄積されて余裕も生まれる。
それは患者として入院する側だけでなく、入院患者を受け入れる側に取っても言える。

別に自慢する事でも無いけれど、私は割りと入院経験の有る方だったりする。

モトクロスで骨がバキバキに成った時とか、まぁ何だかんだで何度か死に掛けながらもその都度入院してどうにか生き長らえてる。
入院すると高確率で2000年代のキャブみたいに良く解らないチューブを一杯着けられて来たのだが、鼻チューバーな入院生活を送ってる状況ではこれまた高確率で点滴も受ける事に成る。

でも、この点滴って慣れないと怖くてドキドキして、そして何か妙に胸が苦しく成ってしまうモノなのだ。
慣れたらそうでも無いんだけど、点滴に慣れるのもそれはそれでどうなんだろうね、とも思う。

点滴を受ける方の慣れは幾らか必要だ。
だが、点滴する方の慣れはもっと必要だ。
何時だったか入院した際に巡り合ってしまったのが、まだ点滴慣れしてないナース。
慣れなきゃ上手く成らないのだろうけど、患者側からしたら慣れてない人に打たれるのは結構怖かったりもする。

最近の病室は仕切りがしっかりと作られて結構プライバシーが守れるように工夫されてるのだが、昔は単にカーテンをシャってするだけだった。
そのカーテンすらシャっとしない事も少なくなかった。
そんな時代。

いたたたた....!!!

って声が病室に響いたのはそんなカーテンすらシャっとしてない広い病室での事。

叫び声を上げたのは幾つか離れた所のベッドの人。
どうやら点滴に不慣れなナースの点滴失敗か何かで、すっごい痛かったみたい。

点滴で痛い、なんて経験は無かったので何事かと思った。
点滴の何が痛いのさと思った。
たかだか針をチクっと最初に刺す程度で何が痛いんだか。
またまた、奥さんったら大袈裟な、とも思った。

そんな時期が私にも有りましたと、感慨深く思ってしまったのは、その後その点滴に不慣れなナースに点滴された日の事。
もうね、すっごい痛い。
点滴でなんでこんなに痛いんだ!って今に成っても思うけど、それでもそれでもすっごい痛かった。
今まで点滴なんて数え切れない程やってるけれど、あんなに痛い点滴なんて後にも先にも無かったレベルで痛かった。

0213gya

ナースじゃ無くてギャースだよと、そんな事を得意気に口尖がらせて言ってみたくなる、そんな気分。
まさにギャース!

 

全ての事に慣れは必要だ。
バイクの運転からベッドの上まで、この世の多くの場合、何においても慣れは必要だ。

それは勿論点滴にしても同じ。
同じ、と言うか点滴なんて慣れこそが大きくモノを言うと言って過言では無いかと思う。
点滴した事無いので知らないけど。

だから、新人ナースには慣れが必要なんだろう。
しっかりと場数踏んで慣れる事こそが重要なのだろう。

でも出来たら他所で慣れて来てくれないかなと、ギャース!と叫びそうになった私はそんな事を思ったりもするのだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする