スポンサーリンク

いきなりクライマックス

 

馬鹿な...早い、早過ぎる....

爽やかな朝、目覚めるととても息苦しかった。
息苦しくて目が覚めた、言うのが正しいかも知れない。

原因は鼻水。
英語で表記したらrunny nose。
nose waterでは無いので注意しよう。

runnyはrunの形容詞形。
runには走る以外にも流れるって意味も有る。
鼻+流れるって訳で鼻水の意味と成すって訳だ。

また、My nose is running.なんて使い方も有るが、別に鼻が走ってる訳では無い事くらい賢明な皆様ならお解り頂けるだろう。
一口に鼻水と言っても幾つかの表現方法が有るので、鼻水について英語で語る機会が有れば適切に使い分けよう。

 

で、鼻水。
原因は恐らくは花粉。
まだ余りに早い、早いよスレッガーさんな気分もするのだけど、目が痒くて鼻水が止まらない、この人前に出れないヤバい状況はまさに花粉。
それ以外のアレルギーの可能性も捨て切れないけれど、まぁきっと花粉だろうと思う。
ちょい早いよなぁって気もするんだけどね。

実は以前よりそこそこレベルな花粉症だったのだが、ここ数年は殆どその症状も出ない穏やかな初春を迎えていたのだ。
治ったのかな?
花粉症が勝手に治ったのかな?
でもこんなの勝手に治るモノなのかな?
とか思ってたのだが、どうやらやっぱり勝手に治りはしないようで、いきなりクライマックスだぜとばかりに、まだ2月の初旬に関わらずフルスロットルで攻めて来られている。
まだ心と高級ティッシュの準備は出来てないんですが....

ちなみに花粉はPollen。
Flower Powderでは無いので注意しよう。

花粉症はHay fever。
ヘイなフィーバー。
それが花粉症。

病院で診察を受けて抗ロイコトリエン薬や抗ヒスタミン薬等を処方されたらそれで乗り越えれるのだろうけど、随分前のこの時期、風邪をこじらせて声が出なく成った際に耳鼻科に行ったらエライ目に遭った事が有る。
そりゃもう野戦病院みたいにごった返してて、老祥記みたいな行列が出来てて疲れ果てた事が有った。

でも今は人と頻繁に会う必要も無ければ、爆弾処理を行う用事も特に持ち合わせていない。
従って、まことちゃんみたいに鼻水垂らそうとクシャミが連発しようと、特にそれで困る事は余り無いので、まぁ病院はイイかなと思ってる。
近いうちに歯医者にスケーリングしに行く予定は有るのだけど、その時にだけ気合でどうにか収まってくれたらぶっちゃけた所はそう大した問題でも無かったりする。
スケーリング中にくしゃみ出るのはちょっと勘弁して欲しいけどね。
スケーラーで鼻をホジられたら大惨事だから。
だから、頑張って気合でどうにかくしゃみを止めようと思ってる。

ただ、気合だけじゃなくて加湿空気清浄機くらい寝室には入れておいた方が良いかな、とは思ってる。
毎年そんな事を思いはすれども未だに買ったことは無いんだけど、流石に2月頭から全開で攻められたら私の鼻が持たないので、HPを削られまくってるので、病院に行かないのなら今年は部屋の環境をもうちょっとどうにかせねばと。
自分の鼻水で溺死なんかしたら死んでも死に切れないので、まぁそれまでにはどうにかと。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする