素人は手を出すな

素人は手を出すな。
世の中にはそんな事って一杯有る。
素人が手を出すとタダじゃ済まない領域が。

フェラーリのV12エンジンの分解とか、飯伏幸太の無茶なプロレス技とか、ゲバ文字で書いたラブレターを寄越す女とか。
素人が手を出して良い領域では無い。
その筋の玄人とて生半可な覚悟で手を出すべき案件では無いのだから。

幸いにして私の人生において、買ったばかりのフェラーリを分解して途方に暮れた人も、飯伏幸太のプロレス技を友達に掛けて刑務所に入った人も、ゲバ文字を使いこなす人...これは居たような気するけど、ともあれそんな無茶な領域に手を出した人は周りには居ない。
そんな親譲りの無鉄砲で小供の時から損ばかりしているような知り合いは居ない。
良かった良かった。

s_mushroom-468751_960_720

やだ、すっごい紫。

何度か書いてる、山持ってる友人の話。

山と言っても富士山みたいなこんもりした山を丸ごと持ってる訳では無い。
当たり前だが山林の一部分。
一部分と言ってもえらく広いけど。

餅は餅屋と言う諺がある様に、その手の山林や原野を専門に扱う不動産屋ってのが有って、予算次第で希望の物件を見つける事が出来る。
アパマンショップではちょっと難しいけれど、その筋の山林専門不動産家なら希望に合う山林を手に入れる事は不可能ではない。
1ルームのアパートを借りるよりは色々と難しい面も有るけれど。

予算に関しては森羅万象全てに通じる魔法の言葉、ピンキリで済ますことが出来る。
人が住めるレベルなら高いし、ギリギリ人が住みにくいレベルならもうちょい安いし、天狗すら住まないような山奥はさらに安いし、ヒバゴンすらちょっと無理っすわと言う所は...笹がに売ってない。
その辺は予算と用途次第だね。

ちょろっと検索したら、3万6000坪 450万円応相談ってのが有った。
東京ドーム2つ分の山がカムリを買うくらいの値段で!

それだけの広さが有れば何だって出来る。
カメハメ波の練習だって誰に気兼ねする事無く。
狼牙風風拳でさえも自由に練習し放題だ。
木を切るのは何かと制約は有るけれども。

で、その友人の所有する山。
東京ドーム2つ分なんて大きさでは無いけれど、歩いて周るのはちょっと難しいくらいの広さは有る。
そこでおじさん達がMTB乗って遊んでる訳なんだけど、結構な広さは有るので一口に山と言っても広葉樹エリアから竹林まで色々有る訳。
その中にキノコの山が有る。
キノコの生えるキノコエリアが。
マリオならギンギンに成るくらいにキノコがニョキニョキ生えてるエリアが。
ルイージも中腰になる位にキノコがギンギンなエリアが。

そこで1度見かけたらしいのが、上に載せた紫色のヤバそうなキノコ。
チャックに挟んで全体が鬱血してしまったかのような見るからにヤバそうなキノコ。
浜矩子のようなかなり好戦的でアグレッシブな見た目だが、これが実は中身はヤバくは無い。
ムラサキヤマドリタケと言う食用きのこ。
ポルチーニと言えば、ああアレかって思い浮かべる人も多いかと思う。
ちょい色がヤバそうなだけで、実はこのキノコはポルチーニ。
とても美味しいキノコ。
食べたらヤバい事に成りそうな雰囲気だけど意外ととてもおいしいキノコだったりするのだ。

ただ、キノコは素人が手を出すべきでない領域の筆頭。
勿論、キノコの山を所有するこの友人も手は出してない。
自分の山に生えてる毒キノコ食って死んだりしたら目も当てられないのだから。

ヤバそうな紫のキノコだけど本当はヤバく無いのか、それとも見た目通りにやっぱヤバそうな奴なのか、それについては分からないので、ヤバそうな見た目のも、人畜無害で善良そうな見た目の奴も、やっぱりキノコは素人が手を出すべきでない。
一見有名な食用キノコに見えても、実はそれを装うニセの毒キノコなんて場合もあるものね。
その辺りの見極めは非常に難しい。
紫の頭してる婆さんは見るからにヤバいのは分かるけれども、スーツ着て7-3分けしててもヤバイのが居る人間界と同じ。
その見極め、素人にはちと荷が重い。

だからやっぱり素人が手を出すべきでない領域なんだろう。
その筋の玄人からしたら見分けは着くかもしれないけど、素人には何がホンモノで何がニセモノかなんて分からないので、やっぱり図鑑だけを頼りに素人がおいそれと手を出すのは止めた方が良さそうだ。
最も有名な毒キノコのベニテングタケも季節や個体で見た目は違ってくるものね。
一年中マリオキノコしてる訳では無いのだから。
プロが同行してるならともかく、少なくともホンモノとニセモノに違いを見分けられない素人だけなら手を出すべきでは無いって事だ。

まぁ、そんな素人は明治のキノコの山でも食べてなさいってこった。
ニセモノを掴まされたく無いならば、ね。
コッチはニセモノなんて居ないから安心だ。
キノコの山のニセモノなんて見た事無いから安心だ。

20130522-taste-test-choco-boy-box

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする