最近タブレットを探している

最近タブレットを探している。
ipadのようなモノを探している。

ipadはちょっとね。
値段的に。

目的は、友人のお父さんの為。
父の日だから、って訳でも無いのだけど、お父さんの読書やネット検索や、或いは旅行のお供だったり車に積んでナビとして使ってみたり。
そんな用途を考えてるのだとか。

で、当の本人は何買って良いか解らんって言い出したので一緒に探してるのだけど、タブレットって本当に解らない。
正直、私も写真で見ただけでは何が何だかサッパリ解らない。
全部一緒。

特に地雷原のWISHやヤフオクも捜索範疇に入れたら、時にAndroid 2.3なんてのも出てきて、一体何に使えと言うのさってスペックのタブレットもゴロゴロ出てくる始末。

お父さんがそんなヘビーな3Dゲームしないだろうけど、せめてYahoo!カーナビが使えるAndroid 4.4以降が普通に動くスペックは欲しい。
あとGPSも。

ただ、その筋のタブレット博士ならいざ知らず、サムネイルでタブレットを見ても、私では何が何だかサッパリ解らないってのが正直な所。
最新スペックなのか、初期型Nexus 7よりも古いのか、サムネイルだけじゃサッパリ解らない。
GPS着いてるかどうか、なんて外からじゃ絶対解らないし。

だからいちいちクリックして詳細表示してスペック確認しなきゃ成らないんだけど、最新のASUS辺りならまだしも型遅れやノーブランド品に成るといちいち詳細を開けなきゃ解らないので中々大変だ。
まぁ大きな画像で開けても殆ど解らないんだけどね。
全部一緒や。

ただ解る人は解るんだろうと思う。
タブレットマイスターなら、小さい画像で見ただけで、これはどこのメーカーの何て名前でどんなスペックなのか?
ってのは解るんだろうと思う。
MotoGP&SBKファンの皆様なら、いとも簡単にサム・ロウズとアレックス・ロウズを即座に見分けれるみたいに。

楽勝だね。
見間違えたらヤバいレベルで楽勝。
あえて、答えは、書かないけれど。

コレって何だって同じなんだろうと思う。
興味の無い人に取って、或いは特段の知識を持ち合わせて無い人に取って。
女性アイドルグループで有ったり、JRの在来線車両で有ったり、戦隊ヒーローだったり、コミックボンボンとコロコロコミックだったり、キャプテン翼の登場人物だったり。

流石に4代目ブラックタイガーと6代目ブラックタイガーの見分けは着くだろうけど、まぁともかく特に興味の無いモノの見分けってのは難しいもんだよ。
見分けつく人に取ってはいとも簡単な事で有っても。
ん、まぁ流石にはちきれそうなボディの6代目ブラックタイガーの見分けは着くだろうけど。
体もマスクもパンパンだったし。

そう考えたら、やっぱり黄緑のZX10Rから黄緑のZX10Rにコソっと買い換えても、奥様は気づかないのも無理は無いんだろうな、と思う。

マンデラ・エフェクト=マンデラ効果と言う言葉をご存知だろうか? マンデラとは元南アフリカ共和国大統領のネルソン・マンデラの事。 アフリカ...

ついこの前書いた話だけど。

聞かないけどね。
ただの薮蛇だし。
他所の家庭をゴタゴタさせる趣味も無いしね。
だから、アレって本当は気づいてたんじゃないの?
なんて事は奥様本人には聞かないようにしようと思う。
例え、今、その本人が私の目の前でタブレットを探してる本人だとしてもだ。
ちょっと聞いてみたい気持ちをグイっと抑えてる。

あ、ちなみにタブレットはNECのLAVIE Tabに決まりそう。
やっぱり日本製品神話が魂に刻まれてる世代の方にお贈りするモノ。
エヌイーシー!って書いてるのは大いなる安心感と所有欲を与えてくれる筈。
HUAWEIやASUSなんて言われても何のこっちゃ?って話だろうしね。
APPLEは知ってるらしいけど、まぁそれはちょっと.....

と言う訳で、中身はともかく外にNECって書いてるだけで大いなる安心感って奴が有るみたいなので、どうやらLAVIE Tabに決まりそう。
スペック的にも値段的にもイイ感じだしね。

お父さんも品質スペック共に十分な日本製品を所有出来て、それを贈る側もお値段的に嬉しいほのぼのレノボ。
まさにwin-winな選択。
その昔、工場向けの生産設備を生業としてた私としては、それが良いのかどうかは何とも言えない話なんだけども。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする