二輪噺

奥様ライダーズ小話ブログ

 | Kuota小話  | 二輪噺別館~ヘルメット&ウエア館~  | ブログランキング  | レディースライダーブログ  | お問い合わせメールフォーム |

走れネロス

   

ネロスは激怒した。

『おい、パトラッシュゥ、ちょ、待てよぉ』

ネロスは、長く鬱陶しい髪(スポーツがり)をざわざわさせながら激怒した。
夕方の大型スーパー敷地内で。

ネロスは見たところ、12~13歳くらいの小学生だった。
ランドセル背負ってる年の頃、ただの青臭い童貞に見えた。

ネロスが激怒する相手はパトラッシュ(仮名)
バーニーズマウンテンドッグの成犬。
それがパトラッシュ(仮名)

0626dog

パトラッシュ(仮名)は走った。
何が気に入らないのか、或いは何を気に入ったのかは知らないが走った。
ネロスを引っ張ったまま走った。
余所んちの犬の気持ちなんか知らないよ。

ネロスも走った。
紐で繋がってる一心同体の身。
走らざるを得ないので走った。
手を離せないので走らざるを得ない、だから走った。

本気で走るパトラッシュ(仮名)をネロスでは止められない。
びっくりドンキーのハンバーグくらいの大きさの、4つの足で駆動される獣の猛進を止められない。
白いブリーフしか履いた事の無い童貞のガキには到底止められない。
重戦車パトラッシュ(仮名)の進撃はもう止められない。
そもそも、この大型犬を白ブリーフのガキがコントロールするのは無理に見えた。
最初から無理有る選択だろう。

大型犬は気が優しくおっとりして居て従順だ。
吼えまくるチワワやカニンヘンダックスやマルチーズなんかに比べて。

等と良く言われるが、大型犬が従順で大人しいのは、あくまでそう成るよう躾けた努力の結果の事。
或いは長い年月により淘汰された結果の事。
トイプードルやジャックラッセルテリアのように暴れまくるセントバーナードなんか飼えないから、従順に成るよう躾け、或いは気性の激しい血統は淘汰されてきただけに過ぎない。

大型犬でも、気性が激しい犬も生まれるのは当然で有り、そしてそれを躾けしないと手に負えないのも必然。
大型犬は、自動的に従順で温和な性格が形成される訳では無い事を理解する必要が有る。
シーザー・ミランの番組でも見て出直して来い。

見た感じ、このパトラッシュ(仮名)はそれ程に暴れ狂う訳では無い。
単に引っ張って走ってるだけで、吼え狂い暴れ狂ってる訳では無い。
だが、50kgも有る犬が走り出したら早々止められない。
3kgのチワワですらバカに出来ない力で引っ張るのだから、重戦車パトラッシュ(仮名)を同じくらいの体重の少年が力で止めれようも無い。
爪つき4足歩行動物のトラクションは半端じゃ無い。
TDR250なんか比べるまでも無い強烈なトラクションだ。
白ブリーフにマジックで名前書いてるようなガキがどうこう出来るような相手ではないのは明らかな事だろう。

ネロスは激怒した。

『おい、パトラッシュゥ、ちょ、待てよぉ』

ネロスは、長く鬱陶しい髪(スポーツがり)をざわざわさせながら激怒した。
夕方の大型スーパー敷地内で。

ネロスを引きつれ走るパトラッシュ(仮名)。
よりによって私の方へと直進してきた。
ドイツ軍のティーガーに迫られるソ連歩兵のごとく。
職務上ベイダーアタックを受けざるを得ない藤波辰巳のごとく。
どうしたもんかと、嗚呼どうしたもんかと考えるのだった。
嗚呼、どうしよう。

・たたかう
・にげる
・ぼうぎょ
・しんだふり
・うんこする

幾つかの選択肢より即座に導き出された作戦は逃げる。
私は、マトリックスのキアヌリーブスのごとき身のこなしで、華麗な身のこなしでパトラッシュ(仮名)を、そして紐に繋がったまま走るネロスをも避けた。
パトラッシュ(仮名)の弾道から逃れた。
止めてやれって?
そんな無茶な事。
虚弱体質なんだから勘弁しておくれ。

『おい、パトラッシュゥ、ちょ、待てよぉ』

ネロスは、長く鬱陶しい髪(スポーツがり)をざわざわさせながら走り続けた。
パトラッシュに引っ張られながら、大型スーパーの敷地の向こうの方まで、彼方の先まで、どこまでも。

私は、胸の張り裂ける思いで、赤く大きい夕陽ばかりを見つめていた。
対照的に小さく成るネロスとパトラッシュ(仮名)と、赤く大きい夕陽ばかりを見つめていた。
そんなある日の夕方の出来事。

ネロスはまだ走ってると思う。
何処までも、止まる事無く何時までも、永遠に、スポーツがりがロン毛に成るまで永遠に。

妹の結婚式には帰って来いよ。
私は、ネロスとパトラッシュ(仮名)の小さな陰に、そう言葉を投げかけるしか出来なかった。



ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank
本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank

 - 小噺