副部長とお呼びなさい

 

その昔、当時私の住んでた地域にとある飲食店が有った。
私の友人がそこでバイトしてたので、何度か訪れた事が有る。

『○○パパ』

って名前の店。

串かつ屋さんなら『串かつパパ』
たこやき屋さんなら『タコヤキパパ』
焼き鳥屋さんなら『焼き鳥パパ』
ヘルシー料理が中心の店なら『健康パパ』
大盛りジャイアント料理がウリの店なら『バーバパパ』

って具合に、なんとかパパって名前の店。
そんな名前の店。

食べログで調べても出てこなかったので、今は店畳んだか名前変えたかその辺りは良く知らないのだけど。

 

そこには一つ、決して犯せない一つのルールが有ったのだ。
それは、店長の事は必ず『パパ』と呼ばねば成らない、と言う掟が。

勿論、客にそんな事は要求したりはしない。
店長の事を店長と呼んだ客をお玉片手に叩き帰したりはしない。
パパはそこまで荒くれてない。

でもバイトにはそれが必須とされている。
パパと呼ぶ事が絶対不可欠な必須事項とされている。
だから店長と呼んだ命知らずのバイトは叱責を受けるのだ。
『パパと呼びなさい!』
と。

それは鉄の掟。
店長の事は必ずパパと呼ばねば成らない。
『○○パパ』って名前のお店の鉄の掟。
絶対不可侵な鉄の掟。
掟を破った者には.....

そんな、非常にどうでも良い話を思い出されたのは、時折訪れる馴染みのチャイニーズのお店へ向かう途中...
餃子の王将と言う、超絶素晴らしいチャイニーズ料理店へと行く途中、こんな名前のお店の前を通り掛かるから。

0910syougunsama(Googleストリートビューより)

何処かから怒られそうなので何も書かない。
何処かの誰かからお叱りを受けそうなので何も書かない。
言いたい事は前歯のちょい裏まで出掛かってるけどあえて何も言わない、何も書かない。
全く、一切、何も書かない。
私は何も、一切、全く、何一つ書かない、言わない。
言いたい事も言えないこんな世の中なのだから何も言わない。

だから、みんながそれぞれ適当に思い、そして考えて頂ければ結構だ。
それで、結構だ。
それで。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする