二輪噺

奥様ライダーズ小話ブログ

 | Kuota小話  | 二輪噺(再)  | 二輪噺別館~ヘルメット&ウエア館~  | ブログランキング  | レディースライダーブログ  | お問い合わせメールフォーム |

当たらなくてもどうと言う事は無い

   

 

昔、まだ私がランドセルを背負ってた、或いはランドセルを背負う前の事。
近所に駄菓子屋が有った。
おばあさんが店番してる駄菓子屋が。

そこには、各種駄菓子に混じってくじ引きゲームが有った。
タコ糸の先に景品が着いていて、糸を引っ張るとその先に繋がれた景品がゲット出来る、と言うとてもアナログなくじ引き。
糸の先には安いキャンディーからプラレールだったかエアガンだったかの大物まで様々。
チビッコの夢が膨らむ魅惑のくじ引き。

『まぁ、どうせそんなの当たらないのだからアイスでも買っておくわ』

と言う、とても冷静な幼稚園児だった私は、そんな当たらないくじにお小遣いを浪費するような愚かな真似はしなかった。
のだが、こういうのが好きな人はとことん好きで、毎月お小遣いを貰う度にくじ引きにチャレンジし、そして毎度のように安いキャンディー、白い棒が着いててビチャァってフィルム包装された真っ赤な安いキャンディーに小遣いを使い果たして絶望した人が居たもんだ。

この人はなんて愚かなんだろう?
大きくなってもこの人とは絶対一緒に成れないわ。

幼稚園児だった私はそう思った、かどうかは今と成っちゃ良く覚えてないけれども。

 

 

 

この前、ヨーカドーで買い物したら、レシート何千円分かで一回抽選できるよ、ってお正月イベントが有った。
何度か抽選出来る金額のレシートは持ってたし、駐車場への道中だったしてちょっと抽選の列に並んでみた。
当たらないだろうけど。

最近の抽選って、ノートPC使ったりするんだね。
ノートPCの画面のスロットがグルグル回って、当たりと外れをPC様がお決めに成る抽選機。
何とも味気ない抽選だ。

年末に逮捕された絶対取れないUFOキャッチャーのごとく、コンピューターで制御を行うと言うことは、そこに恣意的な操作、或いはプログラムが介在する事を意味する。
つまり、当たるも外れるも主催者の胸一つ。
絶対に当たらない、なんて事も不可能では無い。
楽天ビンゴのように、毎週末にトリプルリーチまで漕ぎつけてもビンゴには辿りつけない、なんて事も十分に起こり得る。

ちなみに私は2年間楽天ビンゴやってたけど1度たりとも当たった事は無い。
FireFoxのホームに楽天ビンゴを設定してたので、毎日起動させる度にビンゴしてたけど、結局2年間で1度たりとも当たった事は無い。
当たった人は居る.....とは思うんだけど。
多分。
知らんけど。

 

レシートを係りの人に見せ。3回だったか4回だったかくじ引きできるよと言われ、私は赤いボタンを言われるままに押した。

画面にはグルグルと回るドラム。
3つの数字、或いは絵柄が揃えば当たりな良くあるシステム。
そして、2つまでは揃うが最後の1つで外れる、と、これまた良くある結果。

楽天ビンゴで2年間打ち砕かれた私の心はヨーカドーのくじごときで揺らいだりはしない。
残念賞のポケットティッシュを受け取り、私はそそくさをその場を後にした。

ぜ....全然、くやしくなんか、無いんだから、ね!

 

やっぱくじ引きはアナログに限るね。
コンピューター抽選は当たる気がしないので、やっぱりくじ引きはアナログに限るわ。
ガラガラだろうと、紐引っ張る奴だろうと、△の紙だろうと構わないけど、やっぱり抽選はアナログに限るね。

まぁ、どの道当たらない事に大した違いは無いんだけど。

 

でもライオンサルトは当たったね。
楽天ビンゴに匹敵する驚異の不発率を誇るライオンサルトも、今年の一発目はちゃんと当たったよ。
ちょっと感動した。

流石は世界のジェリコ様。
これが世界のトップスターと我等民間人との力の差か。
素晴らしい。

 



ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank
本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank

 - 小噺