スポンサーリンク

今更ではございますが

私の幼少の頃の事。

我が家の割と近所に、一軒の材木屋が有った。
今はもう殆ど目にする事は無いけれど、街に材木を店頭で小売する材木店が有ったのだ。

特に材木に大きな関心を抱く幼少期を過ごしてた訳で無いので基本的にスルーしてたのだが、ある日店頭に無造作に置かれた木材が目に留まったのだ。
正確には、その木材に貼られたポップ。
ポップと言っても折込チラシの裏にマジックで手書きした張り紙程度のものだけど、ともかくその張り紙が目に留まったのだ。

『パイン ○○円』

と書かれたその木材に。

日本の人口は1億5千万人として、その中の0.01%くらいは居るんじゃ無いかと思う。
1億5千万人の0.01%って何人か?ってのは、指がちょっと足りないので計算出来ないのだけど、まぁともかくそれなりに居ると思う。
パインツリーをパイナップルの木だと思ってる人が。

ココをご覧の聡明なる皆様はそんなツイッター初心者が書きそうなベタな間違いは犯さないだろうが、今更だけどもし未だにそう思ってる人が居たら一応覚えていて欲しい。
あれは松の木なんだよと。
そもそもパイナップルは木の実じゃ無いのだよと。

そして、己の過ちを悔い改めながら、布団に潜って涙を拭いて欲しい。
私も通った道、なのだから。

 

 

またもや開催された神戸タコヤキ会。
まぁ単に神戸のラムーに集まって100円のタコヤキを食べようって集まり。
100円握り締めて。
....小学生か?

1204tako

明石まで足を伸ばして明石焼き(玉子焼き)を食すのが阪神間のライダーの間では定番と成るコースなのだが、ちょっと遠いので魚崎のラムーでイイじゃんかと、そんな訳で。
寒いし。

単なる安いスーパーに併設されてるタコヤキ屋台の100円タコヤキなんだけど、これが結構バカに出来ないクオリティなのだ。
ハイオクガソリンを無駄使いしながら足を伸ばす価値は有る。
それほどに、ここのタコヤキは中々に素晴らしいのだよ。
6個100円の割りにちゃんとタコ入ってるし。

あ、そうそう、このタコヤキって食べ物、皆様ご想像通りに大阪が発祥の食べ物。
言う間でもなく大阪の食べ物。
昭和10年に発明されたらしい。
歴史があるんだね。

ちなみに上記した明石の玉子焼き。
アレって実は江戸時代から有る食べ物だったりする。
世の中には、大阪のタコヤキから派生して明石の玉子焼きが生まれたと思ってる人も居るかも知れないが、実は明石の玉子焼きはタコヤキの遥か前、ひょっとすると100年程前から存在したかも知れない、そんな歴史有る食べ物なのだ。
タコヤキを高級化してちょいとお洒落にしてみようかと工夫した訳では無いのだ。

今更の話なのだが一応書いておきたい。
タコヤキよりも、実は明石の玉子焼きの方が圧倒的に歴史は古いのだよと。

https://tsuda-bros.jimdo.com/津田拓也選手レプリカヘルメット/

ちなみに、この人のヘルメットは、タコヤキだって事を一応書いておこうかと思う。
ちゃんと爪楊枝も付いてるしね。
今更の話なんだけど一応。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする