| 二輪噺(再)について  | 二輪噺  | お問い合わせメールフォーム |

ランドセル背負ってた頃からバイク乗ってた私が、世の女性ライダーに贈りたいたった一つのアドバイス

   

 

赤いランドセル背負ってた頃のDT50に始まり次第にYZ80へ
何時しかYZは125に成り、そして調子乗ってYZ250なんて怪物に手を出したら死にそうに成ってまた125に戻り
そして時代と共に4スト250に成り.....

ここ何年もモトクロスとは無縁の生活を送ってるのだけども、一応今でもそれなりにバイクには乗ってる。
モトクロスは体力的に厳しいのでもう乗る事は多分無いとは思うけど、バイク自体は一応それなりにはタマに乗ってる。
うん、タマに。

そんな私が、この世の全ての女性ライダーに言っておきたい事が有る。
何年かはさておき、今まで積み重ねてきたバイクキャリアから導き出した、たった一つだけ声を大にして言っておきたい事が有る。

バイク乗る時は良いパンツ履いてた方がイイよ

以上だ。

 

 

思い返せば随分と前の事。
まだ義務教育の最中の事。
この日私は、モトクロスコースで調子に乗ってたのだ。
そりゃもう非常に調子乗りまくってたのだ。
目も当てられない程に調子乗りまくってたのだ。

人間、何にしても調子乗ったらロクな事は無い。
映画なら調子乗った奴は大体直ぐに殺されるし、調子乗ったうっかり八兵衛は団子を喉に詰める、或いはお腹を壊す。
人間、何にしても調子乗ったらロクな事は無い。
ご他聞に漏れず、調子乗ってた私はド派手なクラッシュを起こしたのだ。
調子に乗って無理して飛んだら、バイクもろとも吹っ飛ばされてえらい事に成ったのだ。
正直、何がどうなったかはいまいち覚えて無い。

 

顎と手の指の骨折と、膝靭帯の損傷。
全治数ヶ月。

後にも先にも顎の骨を折ったのはこの時だけだけど、不思議と顎の骨って折れても意外と痛く無かった。
殆ど喋れないけど。

それよりも膝が痛くて痛くて本当に物凄く痛くて
ちょっと痛い所を押したら気持ちイイと言う高尚かつ雅な趣味を持つ私だが、靭帯が損傷してたからか、まだそのスジの趣向に目覚めてないガキだったからか、本当にただただ物凄く痛かった事を良く覚えてる。
足がモゲたんじゃ無いかって位に痛かった事を。

タンカで事務室(小屋)に運ばれた私は、とにかく本当に膝が痛い事を、同行者に折れた顎でフガフガ言いながらどうにか伝えたのだ。
たまたまこの時一緒に来てたのが、元鍼灸整体師のおっちゃん。
この当時はユンボに乗ってたような気がする。

そそくさとブーツを脱がし、そしてモトパンも脱がし、膝を見て一言。

膝は折れては無いな。
足は折れてないな。
顎は折れてるけどな。
あと指も。

ユンボ乗ってる素人による膝は折れてないとの診断に、安堵の声を上げる周囲の方達。
みんなどうも有難う。
一安心してくれて有難う。
ユンボ乗ってるおっちゃんの診断だけど。

でも顎は折れてるぜとの診断に、微妙な空気が流れる周囲の方達。
ジョン・トラボルタと呼んでください。

おまけに指まで折れてるとの診断に、どよめく周囲の方達。
どうりで痛いと思った。
と言うか見たら直ぐ解った。
アッチ向いてたから。
フレミングでもラッパーでも出来ないような凄い角度で曲がってたから。
ユンボ乗ってなくても解るレベル。

 

 

そんなこんなで結構な怪我を負って病院に運ばれ、手術して入院して...と結構な大事と成った。
もし一人っきりで山の中走っててこんな事に成ったら野垂れ死んでてもおかしくない。
皆様に助けて頂いて、感謝は尽きない。
皆様どうもありがとう。

 

でも、それ以降暫くの間

『みかんちゃん』

と呼ばれた事については、正直勘弁して下さいな気分で一杯だったりしたのだ。

 

その時、現場に居て全ての訳を知る人に呼ばれるのはまだともかく

『なんでみかんちゃんなの?』

と尋ねてくる人に

『ああ、この娘はお尻にみかんの絵が描かれたパンツ履いてたからだよ』

等と、女子中学生のパンツの柄を懇切丁寧に説明するのは止めてくれないか、と私は強く思ったのだ。
おっちゃん、そろそろ勘弁してくれよ
と。

 

と言う訳で、バイクに乗ってたら、事故った時なんか誰にパンツを見られるか解らないので

バイク乗る時は良いパンツ履いてた方がイイよ

と、これが、その昔みかんちゃんと呼ばれた私から世の女性ライダーにお贈りするたった一つのアドバイスだ。
第二のみかんちゃんの悲劇を産み出さない為が故の私からのアドバイスだ。
ご注意あそばせ。

 





ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank

 - MOTOR CYCLE