| 二輪噺(再)について  | 二輪噺  | お問い合わせメールフォーム |

ハイエース・スパイラル-1

   

 

この日。
この日って何時やねんってのはともかくこの日、やっと重い腰を上げて探し始めた、次期トランスポーター。
平たく言えばハイエース。
もう始まっているモトクロスごっこシーズンに向けて急がれるトランポ購入計画。
私は多分使わないのに、何故私の金で買うのかいまいち良く解らないんだけども。
何故だろう?

 

と言う訳で、そろそろ処分しようかなぁって考えてるハイエースを購入する際に起こった小さなお話。
まぁ何年も前の事だ。

 

 

ハイエース。
選択肢は非常に多いこの車。
選び放題だ。

ガソリンかディーゼルか?
ロングかノーマルか?
ミッションはマニュアルかATか?
年式は何年式か?
ノーマルか、ヒップホップな人が乗ってそうなのか、あるいはホワイトベースみたいな改造が施されてるのが良いのか?
それからそれから.....

これらが決まれば、後は出来るだけ安くて新しくて走行距離も短くて程度も良くて....
と、贅沢な事を言ってしまう訳だけども、安くて程度良くて新しい車なんて存在しないのは世の常。
世の中そうそう上手く出来てない。
高いのには高い成り、安いには安い成りの訳が有る。

 

値段と状態と年式とグレードと。
それらを秤にかけ、どこで妥協し、どこにこだわり、どこで納得するか。
中古車探しで求められてるのは、そのバランスだ。
世の中、安くて最上の中古車なんて無いんだから。
その逆は有ったとしても。
うん、逆は有るね。
うん、あるある。
無駄に高いゴミは有る。

 

 

最初に見に行ったのが、外観は傷の一つも無いグッドなコンディション。
ペイントも艶が有り、バンパーの擦り傷すら無い。
かなり状態は良い。
そろそろ30万キロに届きそうな走行距離だけども。

30万って凄いよ。
流石に月には後8万キロ程届かないけど、物凄い距離。
これだけ走って、未だに売り物に成るんだから凄いね。
ハイエース恐ろしい子。

30万キロか.....
それだけ走ればエンジンだけの問題では無いよなぁ。
AT含めた駆動系やサスペンションもやばいような。
なんかそんな気がする。
外観は確かに良いんだけども。

 

 

ああ、大丈夫ですよ。
今までちゃんと走ってた車なので大丈夫ですよ。
走行は長いですがハイエースは頑丈ですから全然大丈夫ですよ。
何よりボディが綺麗でしょ?
やっぱりボディの綺麗さは重要ですよ。
傷入りのボディは修理は高いですし、錆びたりするしロクな事ないですよ。
やっぱり傷の無い車がお勧めですよ。

 

と、中古車販売店のお兄さんのトーク。
なるほど、お兄さんのトークには一理ある。
流石はお兄さんだ!

やっぱり走行距離が長くても、綺麗な車が良いよね。
そう遠くないモトクロスコースへの往復が主な使い道なので、これ以上走行距離が極端に伸びる事も無いだろうし。
これから配達に使う訳じゃ無いんだから。

外観が綺麗な事が大事だよね。
お兄さんの言う事に間違いなんて無い。
お兄さんの言う事は概ね合ってる。
お兄さんの言う通りにしてりゃ大体間違い無い。

 

その店には、同価格帯でもう一台、別のハイエースが有る。
実はこちらもちょっと気に成る一台なのだ。

 

と言う訳でその2へ続く

 





ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank

 - CAR