| 二輪噺(再)について  | 二輪噺  | お問い合わせメールフォーム |

ガビル、岡山に立つ

   

 

近くまで来てるからちょっと遊びに来ない?
って言うか来なさい。

 

こんな電話を受けた私がちょっと戸惑ったのは、その人の言う『近く』とは、岡山県の事だったからだ。
兵庫県南東部の人間からしたら、遥か遠くの土地。
もはや天竺と言っても過言じゃ無い程に遠い。
どこが近くやねん。

 

電話の主は三味線屋のバサラさん。
三味線を膝に置き赤いロードスターに乗る人だ。
戦国では無い、熱気の方だ。

俺の歌を聴け

 

ちなみにこのバサラさん。
関門海峡を越えた先に住んでるので、兵庫県南東部と岡山を近くと表現するのも解らないでも無い。
関西の人がお台場も池袋もすぐ近所と思うのと同じく。
京都以外の人が、清水寺と金閣寺がすぐ近くと思うのと同じく。
日本中の人が鳥取と島根を同じ物だと思うのと同じく。
世界中の人がアルジェリアとナイジェリアの区別が着いてないのと同じく。
隣の県なので、兵庫県南東部と岡山を近くと表現するのも解らないでも無い話かも知れない。
何十年も京都に住んでたのに、その感覚はどうなんだろうかと思ったりもするけど。

 

フォールド機関が有れば、兵庫県南東部と岡山中心部なんてあっと言う間なんだろうけども、残念ながら内燃機関しか持ち合わせて無い私は、素直に高速道路(銀河のハイウエイ)を走るしか手は無い。
はぁ....やっぱ断れば良かったかもねと、なんかそんな事思いつつ。

遠いね。
岡山って、これが意外な程に遠い。
スピリチアを使い果たしたかのように憔悴して岡山に辿りつきバサラさんの元へ。

特にコレと言ったドラマも無く
特にコレと言った気の効いた出来事も無く
去年の末頃に会った間柄なので、特に懐かしい訳でも無く。

ああ、重ね重ね来るんじゃ無かった
等と軽く思いつつ、まぁ一緒に食事でもしましょうかと。

所で岡山の名物料理って何だろう?
調べた所

『ままかり』

『鰆』

『牡蠣入りお好み焼き』

こんな所。

焼き魚以外の青魚料理は苦手なので、ままかりは勘弁頂きたい。
鰆ってのもなぁ?
牡蠣は嫌いだ。
と言う訳で、特に食べれる物は無いのでホテルの中のしゃぶしゃぶに行く事に。

あ、ピーナッツ豆腐ってのも有るみたい。
別にピーナッツもそれ程好きな食べ物じゃ無いので、特に求めないけれど。

 

 

適当に夕食を済ませ、そして特に何ら気の効いた熱烈ハプニングも特に無く翌朝。
それじゃまたいずれ、今度は神戸辺りでお会いしましょう。
そう言い残し、ホテルの駐車場で別れたバサラさん。
そして、赤いロードスターの後姿を見送る私。
お土産に貰った三味線を片手に、一体コレをどうした物かと思案しながら。
どうしよう?
三味線なんか貰ってもなぁ....

 

誰か弾く人居るかなぁ??
居ないよなぁ。
ギターはともかく三味線だもんなぁ。
ギターすら居ないけど、三味線はもっと居ないよなぁ。
等と思いつつ帰路へ。
勿論、三味線弾きながら運転したりはしない。

 

『きびだんご以外』

と、お土産に関してとても難しいリクエストを受けた私は帰り道、岡山駅の近くでちょっと思案に暮れるのだった。
きびだんご以外か。

それは、マカデミアンナッツ以外のハワイ土産を探すのと同様。
それは、ハードロックカフェ、或いはI♥NYのTシャツ以外のNY土産を探すのと同様。
木彫りの熊やコケシやういろうや赤福餅以外を求められるのと同様。

とても難しいリクエストだ。
きびだんご以外の岡山土産ってのは。

車をパーキングに入れ、駅前の店を適当にブラブラと。
『きびだんご以外、きびだんご以外』
と。

何となく適当に買い物を済ませてふと気付くと時間は既にお昼頃。
そろそろ昼食の時間だ。
そろそろスピリチアを補給せねば。

でもここで思ったのは、一人で昼食はどうしよう??
って事。

一人ファミレス
一人丸亀製麺
一人吉野家
一人きびだんご

どれもなんかピンと来ない。
うん、どれも却下だ。

と言う訳で、きびだんご以外のお土産も買った事だし、高速道路(銀河のハイウエイ)の入り口までの途中に有るコンビニでおにぎりでも買って車で食べましょうって、そんな作戦。

ぼ、ぼくは、おにぎりが、好きなんだな。

牡蠣も青魚もマカデミアンナッツもピーナッツも大して好きでは無いけどおにぎりは好き。
それに最近のコンビニはおにぎりのレベルが昔に比べて格段にアップして、デパ地下に売ってるやたらと高いおにぎり、おむすびって名前がピッタリ来るような、まさにおむすびが売られてるので、おにぎり(おむすび)好きには中々に良い時代に成った物だと思うな。
清もきっとそう思うんだな。

 

で、適当に車を走らせてる時に見つけた適当なコンビニ。

車を停めコンビニに入ると、何やらそこに漂うのは殺伐とした不穏な空気。
見ると、レジのすぐ近くで、何か言い争ってる男が2人。
作業服姿の40代の男
そして、紺色のスーツを着た、これまた40代の男。
40代のおっさん2人が、コンビニの中で何やら言い争い。
からあげがどうしたとかこうしたとか、なにやらそんな言い争い。
...ん??からあげクン?

どうやら

(男A)
からあげクンを買おうとしたら先に買われて在庫が無くなって腹立った。
用意するのにちょっと時間が掛かるらしいからお前のからあげクンを寄越せ。
ガタガタ言わずにお前のからあげクンを俺に寄越せ。
俺は忙しいんだ、お前のからあげクンを俺に寄越せ。

(男B)
何言ってんがお前頭おかしいんじゃ無いか?
オレが先に来たんだから当然コレはオレのからあげクンだろ?
からあげクンくらいちょっと待っとけよ。
俺のからあげクンは絶対に譲らん。
絶対に、絶対にだ。
これは俺のからあげ君だ!

 

困り顔でレジを捌きつつオロオロしてる店員を尻目に、レジの前で繰り広げられる男達の戦い。
からあげクンを取り合う男と男の戦い。
まさにトライアングラー。
君は誰のからあげクン、アタシ?それともあの娘の?

 

お前達!からあげクンで言い争いなんてくだらないぜ!
そんな事より俺の歌を聴けぇ!!

私は、三味線を手にそう叫んだりはせずに、ガムリンキックで蹴散らしたりもせずに、空いてる方のレジでおにぎり2個とお茶を買って、いがみ合うおっさん二人を尻目にそそくさとコンビニを後にするのだった。
セブンだったら歌ってやっても良かったんだけど、ローソンだったからやめておいた。

 

追伸
ファミリーマートの高級な方のおむすびも中々にレベル高いけど、ローソンのちょい高級な方のおむすびも、これは中々に素晴らしい。

これぞ、まさに、おむす美!

おわり。





ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank

 - 小噺