二輪噺

奥様ライダーズ小話ブログ

 | Kuota小話  | 二輪噺別館~ヘルメット&ウエア館~  | ブログランキング  | レディースライダーブログ  | お問い合わせメールフォーム |

人のプリミティブな部分は古今東西変わることは無い-その1

   

 

現在、私がやってるのはここのブログとクローズドSNSだけ。
ソーシャルログインの為にFACEBOOKのアカウントは持ってるけれど、プロフィールも含めて何も書いていない。

尻の穴は晒しても本名と所属をネットに晒すな!

とは特に教えられて生きてきた訳では無いけれど、詳細に世界に向けて自己紹介する気は無いので、公の場で恥部を晒すのはこのブログだけで十分だと考えている。
ちなみに尻の穴を晒したことは無い。

 

クローズドSNSってのは、前にも書いた事は有るけれど、文字通りのクローズドなSNSの事だ。
つまり、お知り合いの人しか入れないSNS。

クローズドなら何やってもイイって訳では無いけれど、一般公開すべきでない話、或いは一般公開しても意味無い話はそっちでやっている。
山本さん(仮名)の結婚式の模様や、斉藤さん(仮名)が主催する道の駅ツーリングの模様や、ケンちゃん(仮名)がメロンパンを喉に詰めた話なんかはそっちで書いている。
そんなの知らない人に公開しても仕方ないしね。

ケンちゃん、メロンパンで死にかけた(笑)

なんて書いても

ケンちゃん.....(誰?)

と言う感想しか出てこないだろうから、ケンちゃんがメロンパンで死にかけた話は、ケンちゃんを良く知る人たちしか見てない所でしかしない。
ケンちゃんったら本当に....なんて言い合えるケンちゃんを良く知る人たちしか見てない所でしかしない。
まぁ、ケンちゃんケンちゃんと書いたけど、ケンちゃんなんて知り合いは居ないので、ケンちゃん.....(誰?)とか思いながらコレ書いてんだけど。

 

 

私が管理してるのはそれだけなんだけども、実はそれ以外にも良く訪れているウェブサイト、或いはSNS、もしくはフォーラムと呼ぶのが正しいか?
ともかくそんな所が有る。

http://www.motorcycle.com/forum/
https://www.bikechatforums.com/
http://www.motorcycleforum.com/forum.php

こんなような所。
ちなみに上記の3つは適当に挙げただけで、そこに私は居ません、出入りなんかしてません。

 

要するに、イギリスやアメリカのモーターサイクルフォーラム。
やりとりは英語。
基本的に短文なので読みやすいが、短文が故に意味が解らない言い回しも時に有る諸刃の剣。

一切英語を使ってない生活を送ってる現在、勉強にも成る反面見えない壁に苛まれる事も多々有る。
私の顔を出してるフォーラムにはJKとかFBとかgudとか、そんなややこしいスラング使う人は少ないのが幸いなのだけど、何言ってんだか解らない事は多々。
それがTOEFLのスコアでは計れない、カルチャーの差、土台の差、吸ってる空気の差って奴なんだろう。

残念ながら、生まれながら英語を使い、そして毎日空気のように英語を呼吸してる人間と、英語を勉強した非英語圏在住の人間とでは確実に壁が存在する。
特に適当な話し方をする場面においてはそれが顕著に現れる。
出版された洋書は読めるけど、そこらのアメリカ人が適当に書いたブログは何書いてんだか解らないってのも良く有る話しだろう。
まぁ実際、葉っぱキメ過ぎたアメリカ人が書いた文章は、イギリス人はおろかアメリカ人ですら訳解らない、なんて多々有るんだろうけどね。
私も気をつけようと思う。

 

スラングなり特異な言い回しなり、ってのはその場で生まれて消えてを繰り返すので、勉強した所でどうにも成らないのが実際の所だったりする。
結局はその場の空気を吸ってないと着いていけない。
これは日本だって同じ、もっと言えばリアルな人間関係においてもそう大差は無い。
全てにおいて慣れこそが一番大事なんだね。

ちなみにそのフォーラム内でYDC(マジかよ、なんて言う事だ、信じられないわ、の意)を小さな範囲で定着させたのは私だったりする。

無職のヤンキー小僧が
gotcha jobs
と書けば

YDC
と返すのがそこでのマナーだ。

YDCとは何の略かはブリタイ指令にでも聞いてくれ。

 

 

続く

 



ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank
本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank

 - CAR