二輪噺

奥様ライダーズ小話ブログ

| 二輪噺について  | Kuota小話  | 二輪噺~virsion-R  | 二輪噺アーカイブ  | ブログランキング  | レディースライダーブログ  | お問い合わせメールフォーム |

サイドカーの世界へようこそ

   

 

 

少し前から、サイドカーレースやってるって人と交流してる。
ニーラーってのが正しい呼び方らしい。
遠くに住んでる方なのでお会いした事は無いけれど。
勿論日本国内でレースやってる日本人だ。

非常に奥深い世界。
見るからにマニアック過ぎるカテゴリー。
余りにも奥が深すぎて、正直ちょっと着いていけてないのだけど、機会が有れば是非見てみたいと思う。
やるのは....体固いからちょっと難しいかも知れない。

 

 

つうかあ

http://twocartv.jp/

 

アニメもやるらしい。
....
なんてマニアックな。

来るのか?
まさかのサイドカーブームが?

0926ul

ちなみにこのロシア製バイク、ウラル。
1WDモデルがサイドカーで、2WDモデルはトライクなので間違えるな。
ハラショー!ハラショー!言いながらウォッカの瓶でブン殴られるので注意しよう。

1WDモデルは普通のサイドカー。
バイクに側車が付いてる普通のサイドカー。
対する2WDモデルは、パっと見ても良く解らないけど、ドライブシャフトでバイク本体のリアホイールと繋がってるのだ。
つまりバイク本体のリアホイールと、サイドカー側のホイールとが駆動するって訳。
トライクなのはそう言う訳だ。
中々にあやふやな話しだけど、トライク自体が未だあやふやな存在なので、さらにあやふやなウラルがあやふやなのは仕方ない話しだろう。
嗚呼、とてもあやふや。

でも、そんなあやふやなトライクだからこんな事出来てしまう。
もう皆さん酔っ払ってるとしか思えないような訳の解らない事をやってしまえる。

サイドカーの世界、なんてタイトルで記事書きつつ実はトライクな事は気にしちゃ負けだと思ってる。

 

 

何はともあれ余りに奥が深すぎて悪酔いしてしまいそうなサイドカーの世界。
奥深い世界にハマってしまいたい方は是非とも。

 

 

 



ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank
本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank

 - MOTOR CYCLE