二輪噺

奥様ライダーズ小話ブログ

 | Kuota小話  | 二輪噺別館~ヘルメット&ウエア館~  | ブログランキング  | レディースライダーブログ  | お問い合わせメールフォーム |

メッシュホース

   

 

メッシュホースを入れたとて余り良く解らないのが正直な所。
純正のラバーホースに交換したばかりのバイクと、メッシュホースに交換したばかりのバイクとを乗り比べたらきっと違いは解るのだろうけど、使い込んだ純正ホースと変色したフルードから、新品ホースと新品フルードを入れてエアをカッチリ抜いてやれば、握った感覚は勿論大きく違うものの、それがホースによるものか、それとも単に前のがヘタってただけなのか、その辺りの判断は中々難しい。
私には良く解らない。
きっと何かしら良くは成ってるんだろうけど。

 

1103mesh1

 

等とブツブツ言いつつメッシュホースに交換してみた。
GOOD RIDGEのステンレスフィッティング。
アルミは嫌いだ。
やっぱステンレスに限る。

ちなみにこちらはクラッチホース。
ブレーキでは無く、と言うかブレーキは既にGOOD RIDGEのステンレスフィッティングに交換済みなので、どうせならクラッチもお揃いにって事で。

なお、何となく薄汚い感じがするのはその辺で余ってたホースだから。
漏れも無かったみたいだし、まぁ最悪クラッチなので、近所を走って漏れを確かめれば大丈夫かと思う。
知らんけど。
まぁ実際には、クラッチが使えなくなったらえらく面倒な事に成ってしまうんだけどね。
漏れるなら、ブレーキの方が有る意味ではマシと言えなくも無くも無い。

 

1103mesh2

使い古したら純正のラバーホースってこんな事に成ってしまう。
こんな内臓がコンニチワするような事態に。

メッシュホースメッシュホースと言うけれど、実は純正のラバーホースでも、ゴムの皮を剝いたらメッシュホースだったりもする。
ただのゴムとは違うのだよ、ただのゴムホースとは。

 

内臓が出ても使えない事は無いんだけど、この状態でも気にせず走るのはやっぱりお勧めしかねる。
破裂する事は無いだろうけど、流石にコレでオッケーだなんてそんな大雑把な事はちょっとね。

 

と言う訳で、こんなホースはさっさと投げ捨てて中古のステンレスメッシュホースに換えたのだけど、握った感じは良く解らないけれど見た感じはとても良く成ったので、それで十分じゃ無いかと自分に言い聞かせている。
ホースをドレスアップだなんて、バイクに乗らない人には何言ってんだかサッパリ理解して頂けないだろうけども。

 

 

 

 

 

 



ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank
本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank

 - MOTOR CYCLE