スポンサーリンク

いろいろ有ったけどバウティスタは今日も元気です

開幕戦でまさかのトリプルウインを果たしたバウティスタ。
その好調さは今回のタイラウンドでも健在。

 

 

1 A. BAUTISTA ARUBA.IT Racing Ducati Ducati Panigale V4 R 1’33.089
2 J. REA Kawasaki Racing Team WorldSBK Kawasaki ZX-10RR 1’33.288
3 M. VAN DER MARK Pata Yamaha WorldSBK Team Yamaha YZF R1 1’33.288
4 M. MELANDRI GRT Yamaha WorldSBK Yamaha YZF R1 1’34.025
5 T. SYKES BMW Motorrad WorldSBK Team BMW S1000 RR 1’34.02
6 A. LOWES Pata Yamaha WorldSBK Team Yamaha YZF R1 1’34.150
7 S. CORTESE GRT Yamaha WorldSBK Yamaha YZF R1 1’34.189
8 C. DAVIES ARUBA.IT Racing Ducati Ducati Panigale V4 R 1’34.244
9 E. LAVERTY Team Goeleven Ducati Ducati Panigale V4 R 1’34.291
10 L. HASLAM Kawasaki Racing Team WorldSBK Kawasaki ZX-10RR 1’34.556

 

 

FP1のトップタイムはバウティスタ。
レース界で最も笑顔の眩しいバウティスタが、タイラウンド一発目のFP1でも弾ける笑顔のトップタイム。
パニガーレV4Rとの相性はばつぐんだ。

正確にはまだ前夜、って訳でもないけれど、そろそろ開幕するSBKについてさらっと。 まずは今年の主なライダーラインナップ ...

こちらにもちょろっと書いたように、今期のパニガーレV4Rはオールニューマシン初年度って事もありゴマメルールが適用されるので、レブリミットはカワサキに比べると随分と優遇を受けれるのは確か。
だけど、実際の所は速いのはバウティスタだけなので、きっと何だかんだ言ってバウティスタが速いんだろうねと、私はそう思う。

なお、昨年のスーパーポール2トップはジョナサン・レイの1’32.814。
0.3秒くらいは簡単に詰めれそう。
色々有ったけど今日も元気なバウティスタなら簡単に詰めれそうだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする