バイクは外で乗ろう

何度か書いた事は有るけれど、実は我が家にはバイクが有る。
バイクは有る、って、まぁここをご覧の多くのバイク乗りの方は家にバイクは有るだろうけど、我が家の場合は家の中にバイクが有る。
要するにリビングにバイクを置いてるって事だ。
特に公開はしないけれど。

置いてるバイクはDucati996。
結婚のお祝いに買った、給料3か月分かどうかはともかくなイタリア製高級スーパースポーツ。
いやぁ、高かった。

買ったはイイけれど、強烈なポジションや極悪な性格の為に私ではまともに乗れなかったので長年ガレージの飾りと成ってたのだが、家を建てる際に唐突に余計な事を思い立ったのだ。
そうだ、家の中にバイクを置こうって。
ああ、なんて余計な事を。

いやぁ、本当に怖かったんだよ。
YZ250と言う本当にあの世が薄っすら見えたバイクにも乗ってたし、市販レーサーのTZ250を持ってた事も有ったけれど、今まで乗ったバイクの中で本気で命の危険を感じたのはこの996。
表六甲の下りが本当に怖かった。
お尻を突き上げてモーの体勢したエッチな姿のまま、前転するかと思った程。

あと身長が15cm有れば素晴らしいバイクなんだろうけどね。
今更煮干を洗面器一杯食べた所でどうにも成らないのでそりゃ無理な話だ。

で、何だかんだで冬眠モードに入った996を家の中に置く事に成ったのだが、カバディくらい余裕な広さのリビングならバイクの1台くらいはどうって事も無いのだけど、ただの民間人が兵庫県南部の便利な住宅街に建てる家なんてお察しの広さ。
基本、何も置いてない我が家とて、流石にバイクを置いたらまぁまぁ邪魔な訳だ。
YSR50くらいなら、この圧迫感ももうちょいマシだったのだと思うのだけども。

子供も居なければ、普段は犬も猫も冬のナマズすらも居ないので、バイク一台くらいリビングで養うのも不可能では無い。
のだけど、いずれの機会にはSDR200くらいの細っそりしたバイクに入れ替えたいなと、なんとなく思ってる。
996を手放す日が来れば、の話しだけど。
流石にこれ以上増やすのは自重しておくわ。

https://www.triumphmotorcycles.jp/モーターサイクル/tfc/rocket-concept

新型ロケット3が日本にも投入される。

2,294ccから2,458ccへ、さらに巨大化。
あまり変わらない気もするけれど、ジグサー1台分に相当する164ccの排気量アップ。
きっと、それくらいアップしても何か良く解らないだろうけど、ともかくさらに巨大化して孤高の道を突き進む。
その内3,000まで行きそうな勢い。

で、このロケット3。
随分前に伊丹のバイクワールド内のバイク王でこのロケット3見かけた事が有ったのだけど、実際には意外とそれ程に巨大な訳でも無い。
そんな印象。

私の周りにはXV1700ウォーリアやワルキューレの人が居るので、それらの超ド級ツアラーとそれ程の大きさの差は感じなかった。
あれ?排気量の割りに意外とコンパクト?
そんな印象。

もっとも、それはきっと店舗がバカでかいからそう思っただけで、だからとセパタクローすら出来ない我が家のリビングに入れたら、きっと毎日の生活が凄く不便に成りそうだ。
そりゃゴールドウイングのエンジンを積んでるスーパーヘビー級のワルキューレよりもさらに1,000ccもデカいんだから。
あんなのを家の中に置くのが間違ってる。
まぁそもそも乗らずに飾るってのが間違ってるんだけど。
外で乗れよって。

なお、お値段は3,250,000円(税込)とか。
孤高かつ、黒王号みたいなバイクに乗りたい漢な方はこの機会に是非。
でも家の中に飾るのはお勧めしない。
バイクは外で乗ろう。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする