トラハンター

 

この前ミカンを積んで我が家へやって来たXR250の人の事を書いたが、その時一緒にMT-09を買った人が特に用事も無いのにわざわざ見せびらかしにやって来たのだ。
どうだ、イイだろー
と。

ちなみに、XR250の人はR33GT-Rの商談(個人売買)の為に山の中からやって来たのだが、このMT-09の人は本当に何も用事は無い。
ただ見せびらかしに来ただけ。
それが大事な用件と言えば、それはその通りなのだけども。

s_mt-09a_color_002_2016_003

アルミダイキャストフレームに倒立フォークとラジアルマウントキャリパーと、クラシックスタイルのネイキッドバイクとは比べ物に成らない高性能パーツの数々。
ルックスはそれぞれ好みは有るだろうけど、性能に関してはクラシックスタイルのネイキッドと比べようも無い。
素晴らしい。

ただ、多くの人が心に引っかかるだろう点、それはやっぱり3気筒って事。
バイクは4気筒に限る、との固定観念をお持ちうの方なら、その点がちょこっと引っかかるかも知れない。
250ccでも4気筒が当たり前だった世代の方からしたら尚更。

随分昔に、平レーシングだったかどこかで組んだTRXに乗ってる人が居た。
ガンマを触ってた事のサイトの常連さんで、ウルフ200とTRXと言う、一風変わった趣味をお持ちの方。
その人の乗ってたTRXが、これがその筋のプロが腰下から組んでセッティングを出したお陰か、パラ2とは思えないヌルヌルした回りっぷりを魅せてくれてた。
2気筒のTRXが2気筒のR1の様にヒュンヒュン回る訳では無いのだが、その筋のプロが組んだら2気筒のバイクでもえらくスムーズに回るもんだと思った。
それが270度クランクに由来してるのか否かは良く解らないけれど。
ちょろっと乗っただけだし。

そんな遠い記憶が何となく蘇ったような、そうでも無いような。
思えば3気筒って軽自動車を除いて初めての経験なので、なんとも形容しがたい感覚。
4気筒のように回る訳でも無いし、2気筒のように蹴っ飛ばされるようなトルク感が有る訳でも無い。
中途半端と言えば中途半端だけど、ただ流石にとても良く出来てるのは違い無い。
国内でも海外でも、XSR900と共に良好なセールスを叩き出してるのも良く解る。
そして思う。
街乗り用大型バイクは3気筒がベストかも知れないと。
家の近所を一周乗っただけなのだけど、何だか気に入ってしまったわ。
素晴らしいじゃ無いか、3気筒エンジン。
実際、この持ち主さんもえらく気に入ってるみたい。
わざわざ用事も無いのにこの寒い中高速道路乗って見せびらかしに来るくらいに。

3気筒と言えばトライアンフに一日の長が有るのは確か。
頑なに3気筒を作り続けるトライアンフに。
Moto2の3気筒エンジンの供給も決まってるくらい、やはり3気筒と言えばトラインフ。
スペックとラインナップと実績を考えたら、やはり3気筒の世界ではトラがヤマハの前を行くのは違い無いだろう。
値段はMVアグスタが上だけど、3気筒の歴史と実績ではやっぱりトライアンフ。
トラに一日の長が有る。

MT-09とXSR900。
この2台のヤマハは、今後トラハンターとして3気筒をさらに推し進めていくのか?
それとも、またしても作りっぱなしで特に新展開もモデルチェンジも無くこのまま色違いでお茶を濁し続けるのか?
ヤマハが唐突に作ったこの3気筒バイクの行方は如何に。
個人的には、まだまだ可能性を秘めてるこの3気筒をどんどん進めて欲しいけれども、この先の展開としてはどうなんだろうね。
MT-07の2気筒とMT-10の4気筒とそしてこの3気筒と、3種類もストリートバイク用エンジンを作り続けるのだろうか?
どうなんだろう。

そんな話しとは全く本当に全然関係無いのだけど、随分前にファミレスに行った時の事。
私の目と鼻の先のテーブルに、ご飯食べに来てるのに、頑なにマスクを外さない少女が居た。
中学生だと思う。
何かとデリケートな年頃の中学生。
何か良く解らないけどマスクを外さない。
ハンバーグを前にしても頑なにマスクは外さない。
一部の覆面レスラーのごとく。

同行してたお母さんは、その娘のマスクを意地に成って外そうとする。
そりゃそうだ、マスクしてたらハンバーグはちょっと食べにくい。
デストロイヤーみたいなマスクなら食べ易いけど、口を隠した所謂普通のマスクしてたらハンバーグはちょっと食べにくい。

『マスク外しなさい!』

『嫌!』

『外しなさい!!』

『嫌!!!!』

その娘は、何故ファミレスに来てまで頑なにマスクを外さないのか?
マスクに魂が宿ってて、外したら急にシャイに成ってしまうのか?
それについては面談を行った訳では無いので定かでは無く、別に余所のご家庭の事なのでどうでもイイのだけど、視線の隅っこにチラチラっと入ってくる、マスクをちょっとズラしてハンバーグを食べる少女がちょっと気に成ったのは事実。
FC2ライブで何かいかがわしい事をやってる人みたいに、マスクをちょいズラしてハンバーグ食べる少女がちょっと気に成ったのは事実だ。

ちなみに物理的にマスクが外せない訳では成さそうだ。
お母さんはマスク外せとブチ切れしてるので、物理的に外せない理由が有る訳では成さそうだ。

何時の頃からか、マスクするのが自由と成った。
自分や周囲のコンディションに構う事無く自由な時代。
だから、おはようからおやすみまで、マスクしっぱなしでも何をとやかく言われる筋合いの無いご時勢なのだけど、ハンバーグを前にした人がマスクしてたらちょっと気に成るのは事実だ。

とても気に成る。
背後に回って無理やりマスクを剥いでやりたい気分に成る。
小林邦昭みたいに。
か、どうかはともかくとして。

そんな私は、これまた全く取りとめも無い話なのだけど、最近は室内ではフリースのベルボトム、要するにラッパズボン履いてたりする。
赤いラッパズボンなんか履いてたら、世が世ならタイガーマスクを応援する全国のチビッコから敵意を向けられる恐れも有るのだが、幸いにして今は自由な時代。
タイガーを虐めるな!と、チビッコの敵意を受けるような時代では無い。
赤だから小林邦昭だの、白だからトラボルタだの、紫の3人組だからトリプルドムだのと、謂われない迫害を受ける時代では無い。
自由な時代に生きれて良かったなと思う。
けど、やっぱファミレスではマスク外した方がイイんじゃないか?とは思う。

ちなみに私のラッパズボンは水色。
ギャン子と呼びたいなら呼ぶがイイさ。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする