気をつけろ、ジンの兄貴はあなたのバイクを狙ってる

バイクの盗難を完全に防ぐには、結局どうすれば良いのだろうか。

バイクの盗難は、この世のバイク乗り全員に関係する大きな問題。
経験ある人も無い人も居るだろうけど、バイクを所有する限りは避けては通れない大きな問題だ。

ちなみに私は幸いにもバイクを盗難された事は無い。
CBRのガソリンタンクを盗まれて、ホルダーに着けっ放しだったヘルメットを盗まれた事は有るけれど、幸いにもバイク丸ごとを盗まれた経験は無い。

あ、ちなみにヘルメットは、それ以来顎紐のDリングでぶら下げるような事はしてない。
まぁカッターナイフ一つで盗まれるものね。
んな事は最初から気付いておけって話だ。
バーローってなもんだよ。

CBR250Rは上記したように、ガソリンタンクを盗難された。
名づけるなら『CBR250Rガソリンタンク盗難事件』
今回は分かりやすさを重視してみた。
『偸盗のハリケーン』なんて生臭そうなタイトル着けても解り難いしね。

何はともあれ、朝起きて、バイクカバー外したらガソリンタンクが無くなってて驚いたよ。
ちょっと周囲探したりしてみたよ。
鉢植えの横とか、裏庭の隅とか、そんな所に有る筈もないのに。

別に私の住んでた所はそれ程治安の悪い所でも無かったんだけどね。
住民の人間関係は殺伐としてたけれど、治安自体はそれ程悪い訳では無かったんだけどね。
だがこれが。

その京都に住んでた頃の『CBR250Rガソリンタンク盗難事件』から月日は流れて、今度はバイク丸ごと窃盗未遂に遭ったのは前に住んでた所、引越し前に住んでた兵庫県南部の山の麓のマンションでの事。

やられたのは、当時私が乗ってたR1では無く、旦那さんのゼファー1100。
メインキーを破壊されて、危うく盗まれる危機。
名づけるなら『ゼファー1100盗難未遂事件』
今回も分かりやすさを重視してみた。
『掠奪未達のウエストブリーズ』なんてこれまた臭ってくるようなタイトル着けたら鼻が曲がりそうだから。
でも....メインキーを破壊した所でそう簡単には盗めないと思うんだけど。

当時の盗難対策は中々に手が込んでいた。
一つは太いチェーンロックでの地球ロック。
もう一つがリアホイールにバーロック。
そして最後が溝型鋼=チャンネルで作ったケージ。

ケージを文字で説明するのは中々難しいのだけど、要するに鉄製の檻の事。
バイクを停めて、エンジンがそこそこ冷えたら2つのロックと車体カバーをして、この檻をガッシャンと閉めて鍵(ディスクロック)でゲートをロックする。

ケージと言ってもバイク全体を覆う構造物では無く、30cmくらいの高さなのでバイクを持ち上げたら持って行けるんだけど、クレーンを入れるにはバイク置き場の屋根を撤去しなきゃ成らないのでちょっと難しい。
ってか、それは工事だよ。
夜中に工事やってたら流石に目立ちすぎるわ。

ケージの材料のチャンネルは普通の鋼材なので、切断は勿論可能だ。
特殊な加工であーだこーだって金属では無い。
アセチレン切断機やプラズマカッター、或いはレシプロソーやディスクグラインダーで切断は可能。
でも、重ね重ねそれは工事なので、夜中にコソっとやるのは難しいかもね。
アセチレン切断機やプラズマカッターは意外と静かなので....ん~~どうかなぁ。

ディスクロックは、そこそこ高級品ならそれ自体を破壊するのは難しい。
バールなんかを差し込める隙間が有ればともかく、隙間が無く、そして地上から浮いた所に有れば尚更破壊は難しい。
これまたあくまで静かな破壊は。

ゲートのロックには、それが使える構造ならボルトクリッパーが使える南京錠よりは鉄の塊なディスクロックの方が安心感は高いと思う。
もっとも、本来の用途のディスクローターにロックするってのは、いまいち信用してないけれどね。
あんなの.....割愛しておくけれど、ちょっと信用してない。
ホイールを持ち上げたりしなくてもあんなの....まぁイイや。

な訳で、文字だけでそのケージをわかりやすく表すのは中々難しいんだけど、個人的にはかなりの防御力だとは思ってた。
パーツ盗難はこれじゃ防げないけれど、バイクを丸ごと持って行くのは流石に難しい、ってか見るからに無理だろうと。

でも、そこまでやってても、バイクカバーを外してメインキーにはさみを突っ込まれたので、どんなに対策しててもチャレンジしてくる人は居るみたい。
一体、メインキーにハサミ突っ込むようなレベルの泥棒が、毛も生え揃ってないような童貞臭い手口のコソ泥が、この太いチェーンとゴツいバーロックと鋼鉄の防御をどうやって打ち崩そうってのかは解らないけれども。

『まぁ、塩と酢で大体どうにか成る』と考える民族も居るように、メインキーにハサミ突っ込んだらどうにか成るとでも思ってたのだろう。
私は、眼鏡をキラリと光らせながらそう推理する。

ホンマか工藤?
せやかて工藤!
好きやで工藤♡

何にせよ甚だしく迷惑この上ない話だ。
キーアッシーで交換したら幾ら掛かると思ってやがる。
困ったもんだよ。

あ、ちなみにその鋼鉄のケージは、勿論マンションのオーナーに許可取って設置してた。
オーナーは2軒横の部屋に住んでた友人なんだけど。
だから、別に夜中にこそっと工事した訳では無い。
賃貸住宅の共有スペースを勝手に工事したらきっと大騒ぎに成るので注意しよう。

で実際の所、屋外に置いてる限り完全に防ぐ事なんて出来ない。
どんなロック使おうが、大体はディスクグラインダーには勝てないから。
轟音と火花を気にしない、絶対に何が何でもそれを盗みたいって相手に掛かれば、防ぐ方法はちょっと難しい。

結局、屋内に保管するのが一番なのか。
って結論に行き着きそうだけど、実はそれはそれで意外とそうとも言い切れ無い。

大昔からこのブログをご存知な方はもしかすると何となく覚えてるかも知れないけれど、実は前に借りてたガレージ(自転車屋跡地)に泥棒が入りかけた事が有る。
割と著名な方法でガラス窓を破って、危うく泥棒の侵入を許す所だったって事件。
これまた未遂だったんだけど。
名づけるなら『自転車屋跡地侵入未遂事件』
今回も分かりやすさを重視してみた。
解りやすいのが一番だ。

ガラスを破って侵入する際に車や通行人に見つかったのか、それとも緊張して急にお腹痛くなったのか、理由は定かで無いけれども幸いにも侵入は未遂に終わり、そして幸いにも盗まれた物は何も無かったんだけどね。
被害はガラス1枚と歪んだサッシだけ。

その当時、私の996とTZ250に加え、何台かモトクロッサーにRS250に盆栽ニンジャに、とガレージの中身はかなり高額だった。
あのまま侵入を許してたら大いに悲しい事に成ってたかも知れない所だったので、きっとラッキーだったんだろうと思う。
何も取られなくて良かった。

ただ、その後が中々に大変。
被害はガラス一枚だけど、警察官が一杯やって来て、近所にも凄く目立って、なんかもう大変。
警官がパトカー乗ってやって来たのは夕方前だった事も有り、学校帰りの小学生もワラワラ集まってきてもう大変。
真面目そうな少年から、可愛い女の子から、うな重食べてそうな少年までワラワラと。
メガネした蝶ネクタイのガキと頭にピラミッド乗せた女子高生が居なかったのが幸いだったけど、奴らが居たらガレージに死体の一つでも簡単に転がっちゃうので居なくて良かったけれど、仕事も休むハメに成ったのでガラス代より余程高く着いたよ。
もう大変。

その点バイクの盗難届けなんて簡単な物だね。
え?これだけ?
って感じで。
一度、原付を盗まれた人に同伴した事有るけれど、本当に簡単に済ませられて驚くと共に、ああ、これはきっとバイクは帰って来ないだろうなぁと思ったもんだ。

ん、まぁお巡りさんはわざわざバイクを捜し歩いてくれないからね。
帰ってきたらラッキーって事で。

未遂とパーツや用品盗難を合わせて何度か。
その程度の窃盗被害歴なのだけど、私の周囲にはやたらめったらバイクを盗まれてる人が居る。
ジャック・バウアーの娘のように、何度も何度もさらわれてる人が。
夜中に何度も何度もですよ!ってレベルで。
原付きから現行CBR250Rまで色々と。

余りに盗まれるから、ってのも一つの理由として、隣の市へ引っ越したのがちょっと前の事。
市が変わって空気が変わったからなのか、そこは専用のバイク置き場が有るからか、バイク盗難からは逃れる事が出来た。
良かった良かった。

と思ってた時期が僕にも有りました。

つい先日。
何処もかしこも料理屋は閉まってるので、慣れない手つきで自炊する一人暮らしの男。
怪物料理かどうかは知らないけれど、まぁまぁ適当な料理を食べて、誰も居ない夜の町へ一人でウォーキングへ出かけた。
深夜の散歩に出かけた。

そして、帰って来た時に出会ったのだ。
見たところ、高校生くらいの何人かのガ....少年達が、彼のバイクのカバーを捲ってロック近辺をゴソゴソしてる姿に出会ったのだ。

フランケンシュタインの怪物のように巨大なこの持ち主に見つかったガ....少年達は脱兎のごとく逃げ出したので、幸いにもバイクは無傷だったのだけど、もうちょっと遅ければ2500円のバーロックとて無事だったかどうかは解らない。

『あれは、学校が無いからと夜な夜なほつき歩いてるばいく窃盗団だな』

フランケンシュタインの怪物のように巨大なこの人は、眼鏡をキラリと光輝かせながら得意気にそう推理した。

ホンマか工藤?
せやかて工藤!
好きやで工藤♡

こりゃ近いうちにまた盗まれるかもね。

取りあえず、会社が休止状態の今、通勤用スクーターは暫くは乗る機会も少なそうなので、当面は現在私が借りている、正確には今は家賃を別の人が払ってるので借りていたガレージへと移動させておいた。
室内だから安心って訳でも無いだけど、流石にジンの兄貴の率いる原チャリ窃盗組織(黒)に狙われてる現状よりはまだ遥かにマシだろうと、そう思う。

でも、空き巣はタンスに入れてた財布を盗んで行くんだから、屋内だから大丈夫なんてのは言えないんだけどね。
なんて残念なお知らせ。
そらせっしょうでんねん、工藤はん。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする