二輪噺

奥様ライダーズ小話ブログ

| 二輪噺について  | Kuota小話  | 二輪噺~virsion-R  | 二輪噺アーカイブ  | ブログランキング  | レディースライダーブログ  | お問い合わせメールフォーム |

首は真っ直ぐ

   

 

コーナリングの基本は、首は路面に対して垂直に、首は真っ直ぐにしなさい。
きっと多くの人はそう聞かされた事が有ろうかと思う。

 

87bd26f19a03fdc35cbe80f4120d5055

非の打ち所の無いライディングフォーム。
ジス イズ ハングオフ!
キングの名は伊達じゃない。

 

 

marquez-soroti-penggunaan-fairing-baru-honda-di-tes-pramusim-motogp-malaysia-2018-XLitdZtLo6

こちらが現在のトレンドのポケバイ乗り。

これでも同じく頭は路面に対して真っ直ぐにしようと心がけては居ると思う。
現在のライディングスタイルでは、人体の首間接の関係上真っ直ぐに成らないだけで。
猫や猛禽類やエクソシストの人くらいの柔軟性が有れば真っ直ぐに出来るかも知れないけれど。

 

marquez-soroti-penggunaan-f

黒線が路面に対する垂直ライン。
赤が頭の角度。

まぁコーナーや路面状況やその日の気分は勿論、写真の撮り方次第で頭の角度なんて違って見えるんだろうけどね。
一概には言えない。

 

基本はあくまで基本。
そんなモノは時代と共に移り変わるモノだし、それにMotoGPライダーには現在の自分のスタイルが現在のベストなので、別に頭がどっち向いてようともどうでも良い話なのだと思う。
そんな事をとやかく言われる時期なんて童貞喪失前に過ぎ去った昔の話なのだから。
真っ直ぐだろうが横に成ってようが、下向いても上向いてもそんな事はどうでも。

 

ただ、民間人の場合はあくまで基本に沿った方が何かと良いかとは思う。
基本通りにブレーキングし、基本通りにバンクさせ、基本通りのラインを通り、そして基本通りに頭は真っ直ぐなのが良いかと。
場合によっちゃ怒られる。
『頭は真っ直ぐにしなさい!』と。
誰に怒られるかは....人によって色々だけど。

ちなみに私が『頭真っ直ぐに』と言われたのはつい先日の事。
美容師にそう言われた。
別に怒られた訳では無いけれど。

 

理由に自覚は無い。
勿論わざとやってる訳では無い。
でも、不思議な事に知らず知らずのうちに首を傾けてる事が良くあるみたい。
別に、首を傾げてる姿が可愛い、なんて事を考えてる訳では無いのだけどね。
流石にそこまで深い傷は負ってないから大丈夫だ。

 

『首は真っ直ぐにしてください』

その日、3分ぶり2度目の指摘を受けた私は、ああごめんなさいねと、鏡の前で首を真っ直ぐにしようと思った。
真っ直ぐにしようと思ったのだけど、アレって意識してたら意外と難しい。
『自然に歩いて』とか、『身振りは自然に』とかって言われたら、これが意外と難しいもんだ。
自然ってどうだったっけ?自然って何だったけと、ややこしい思想に足突っ込んだ中学生みたいな面倒くさい事を考えてしまいかねない。
考えれば考える程に自然が解らなくなってしまうので要注意だ。

同じように首を真っ直ぐにするって意外と難しい。
真っ直ぐってコレでイイのか?
ちょい傾いてるような...どうだろうか?
一度気にし始めたら、本当に真っ直ぐなのかどうなのかが解らなく成ってしまう。
鏡の前で首を右に左に微調整してしまう。
何が真っ直ぐかどんどん解らなく成りながら。

 

まぁ、こんなもんでしょう。
頭を真っ直ぐにして一息ついた私の目に、絶望の光景が飛び込んできた。
大きな鏡に映る、ちょっと首を傾げた自分の姿が飛び込んできた。

『頭、真っ直ぐにしろって何度言わせんだ!』
とブチ切れられたら困るので、美容師さんにはバレないようにさりげなく首を真っ直ぐにしながら、髪切ったらその足で整体院に行こうかな、とか思ったりする私なのだった。

 



ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank
本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank

 - MOTOR CYCLE