二輪噺

奥様ライダーズ小話ブログ

| 二輪噺について  | Kuota小話  | 二輪噺~virsion-R  | 二輪噺アーカイブ  | ブログランキング  | レディースライダーブログ  | お問い合わせメールフォーム |

あたり屋は蕎麦屋だけで十分だ

   

 

随分久しぶりにこの都市伝説を近所の人から聞いた。

https://togetter.com/li/914838

この当たり屋グループの怪情報って未だに有るんだね。
神戸界隈で当たり屋グループが出てるとかって、そんなクラシカルな話を随分と久しぶりに。

懐かしさと共に、時代は変われど人は本質的に変わらないもんなんだと思った。
口裂け女や紅茶キノコの時代から人は大して変わってない。
口裂け女が謎のポケモンに成ったり、紅茶キノコがなんちゃら酵素に成ったりしてるだけで、本質は大して変わっちゃいない。
全裸の女が走り回ってるって怪情報が飛び交ってた時代からさほど進歩はしてない。
タイヤのチューブを買い占めてた頃よりはちょっとは進歩してるけれども。

 

私が初めてこの当たり屋グループ伝説に触れたのは高校生の頃。
京都でCBR250Rに乗ってた頃の事。

その頃に触れたのは、大阪からの当たり屋集団が京都に来てるから気をつけろ、って情報。
大阪ナンバーか、なにわナンバーか、和泉ナンバーか?
その辺りはもう記憶が定かでは無いけれど、ともかく大阪から京都まで当たり屋に来てるグループが居るから気をつけろよって怪情報。

私を含めて周囲の人間は盲目的にそれを信じてたのは、私を含めた周囲の人間がまだ脳みそが未発達なパッパラパーだったからか、或いは『大阪の当たり屋』と言うパワーワードが信憑性をより高めたのか?
その辺りは定かでは無い。

その当たり屋が奈良や和歌山や兵庫から来たと言われたなら、その信憑性は幾らか揺らぐかもしれない。
これが『滋賀の当たり屋』と言われたら、やっぱ京都の人間に何か恨みが有るのかな?とバックグラウンドを深読みしてしまいそうだけど『大阪の当たり屋』と言われたら普通に有りそうだよねと思ってしまう。
ああやっぱ有るかもね。

そう思ってしまうのは、京都人の根底に巣食う僻見と言う名の歪んだDNAがそうさせるのだろうか?
それが私と私の周囲の人間だけに限った、或いは京都人だけに限った、もしかすると日本全国画一的な考えなのか否かは知らない。
ちなみにその『大阪の当たり屋』情報を持ち込んできたのは大阪の人間だったりする。
やはり身内の事は自分が一番解ってるって事なのか、どうなのかについては...どうなのか。

ちなみに私は、大阪って非常にまともな地域だと思ってる。
住んだ事は無いけれど、職場は大阪だった事も有るし大阪の知人友人も何人も居るし、大阪に行く機会も決して少なくない。
その経験上、思う。
大阪って至極真っ当だと。
少なくとも運転マナーに関しちゃ、ステロタイプ的にあーだのこーだの言われてるような地域で無い事は確かだろうと思う。
当たり屋が多いか少ないかは知らないけれど。

 

 

時は流れて私が横浜に住んでた頃の事。
当時FZで世話に成りつつ良く遊んでたバイク屋でもたらされたのが、人生二度目の当たり屋情報。
流石に『大阪の当たり屋』では無かった。
わざわざ大阪から当たりには来ないわ。
大阪の当たり屋が東へ侵略してきても、途中の三重と名古屋の間の辺りで息絶えてると思う。
もう挽肉ですわ。
ペディグリーチャムですわ。

 

話としては京都で聞いたのと同じ。
どこだったかの遠くの県から、当たり屋グループが来てるから気をつけろと、そんな話。
ナンバーと車種の書かれたペーパーも有った様な。

流石にセンター試験もクリアして、色んな事を経験した身。
あんな事やそんな事、そこらの童貞は2秒で腰抜かしそうな事すらも経験してきた身。
そんな情報に踊らされる程に脳はツルツルしてない。

 

だが、この情報自体は不幸の手紙と同じようなモノで有ったとしても、気を引き締めると言う点については一定の効果は有ると思う。
と言うのも、実際にその当時、そのバイク屋で良く顔を合わせてた人が危うく人を轢いてしまう、と言う危機一髪に見舞われたからだ。
もっとも、本当に危機一髪だったのは轢かれそうだった人なんだけど。

場所は幹線道路から一本入った道。
広くも狭くも無い、スピードが速くも遅くも無い、人も車の通りも多くも少なくも無い、そんな何処にでも有る道。

当たり屋は幹線道路から一本入った所に出没するんだよ。

と、当たり屋なんて見た事も無い人が口尖がらせて知ったような事を言ってた事が、無意識に彼の脳の端っこにくっ付いてたのだろうと思う。
何時もよりスピードを落としてたのが幸いして、WWEの筋肉系レスラーのように周囲を見ずに突進してきた人をすんでの所で回避する事に成功したのだ。
真後ろ走ってた私も覚悟したね。
やっちまったなと。

スピアーしか技の無い筋肉レスラーみたいな猪突猛進の人は、勿論当たり屋では無い。
単に周囲も見ずに飛び出しただけって感じだから当たり屋では無い。
ギリ当たりそうで当たらなかったし。
ギリ当たりそうで当たらなかったからお互い謝ってたし。
当たり屋では無い。
当たり屋なら、当たってなくても昏倒してる筈だから。
WWE上級レフリー、アール・ヘブナーのように。
当たって無くてもバタンキューですわ。

幼稚園児じゃ無いんだから、車がバンバン通る道を周囲も見ずに飛び出すなよと思うけれど、それでも轢いたらタダでは済まない。
どの程度の責任と罪が発生するかは解らないけれど、その足でツタヤにアルマゲドン借りに行ける程の自由は無い。
ってか、バイクで人に突っ込んだら多分自分もタダでは済まないのでアルマゲドンどころじゃ無いと思うけど。

 

バイクに乗る上で気をつけなくて良いシチュエーションなんて無いのは確かだけども、この怪情報によって何時もより余計に気をつける事に意味は有るような気はしないでも無い。
なんとなく。
だけど、露出狂女出没情報と同じくらい、当たり屋怪情報は特に知りたくも無いので私はもう要らないや、と思う。
あたり屋の話は古典落語だけで十分だと。

 



ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank
本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank

 - MOTOR CYCLE