スポンサーリンク

青い怪物は苦い思い出と共に 後編

 

yz250-125_gallery_001_2019_003

思い返せば随分前。
どれ位前かって?
そりゃ、随分前さ。

ガキッチョの頃に乗ってたYZ80からYZ125に乗り換えた私は、最初は車体の大きさとパワーに大いにビビッてた。
恐ろしいバイクに乗り換えてしまったわと。

大きなボディ、大きなホイール、ストロークの長いショックアブソーバー、そして届かない足。
恐ろしいバイクに乗ってしまったと思った。

モトクロッサーなんだから足届かなくても関係無いだろって?
いや、それはそうなんだけどね。
コースの途中で転ばなければそれで。
レースノスタート時は、まぁハングオンしてどうにか耐えるとして。

恐ろしかった。
80から125に乗り換えたら本当に恐ろしかった。
のだが、慣れたらこれが非常に快適。
所謂フルサイズと言われるホイールサイズと、45cc程大きくなってパワーと特性に余裕の生まれた125ccのエンジンが相まって、非常に乗り易いバイクだった。
コース上でエンジンが止まったら再始動が大変だったけれど、誰か踏み台を持ってきてくれ!って気持ちに成ったけれど、それを除けば本当に快適なバイクだった。

80ならちょっとバタバタするシチュエーションでも、軽くクリア出来る走破性にはちょっと感動を覚えたもんだ。
ってか、私ってもしかしたら上手かったんじゃ無いの?
って誤解するレベルで。

 

このバイクは良く乗った。
YZ125は本当に良く乗って、そしてその内に調子にも乗った。

そんな調子に乗った私は、ある日禁断の魔物に手を出してしまう。
馴染みのショップでキャンセルに成ったか何かで、安くしておくからいっちょ乗ってみないかと誘われたYZ250。
125の倍の排気量を持つ怪物。

いや、流石に250は無理だよ。

とは言ってたのだけど、実は250と125ってバイクのサイズは変わらない訳だ。
ホイールベースやら細々したスペックに差は有るけれど、ホイールサイズも含めて基本的に車体の大きさは変わらない。
見ても跨っても違いなんて余り解らない。
下を見たらちょっと違うかもねってのは感じるけれど。
エンジンのボリューム感が何となく。

大きさは殆ど変わらないよ。
それに250ccはパワーは有るけれど、下からパワーが出る特性だから125よりも乗り易いんだよ。

と、馴染みのショップの店員さんの話。
怪しく誘う店員さんのトーク。

 

500ccなんてのは別の世界線や異世界の話。
ある種のフィクションやファンタジーの世界の乗り物なので民間人には無関係なのだが、250ccって現実のモトクロス界ではやはり頂点な訳だ。
そんな頂点を一度は知っておくのも悪くは無い。
折角のチャンスなんだから、頂点を知っておくのも悪く無いね。
125ccは乗れるんだから、サイズは変わらないなら250ccだってきっと大丈夫さ。

と、調子に乗ってYZ250に乗って死ぬかと思ったのは、思い出すだけで顎の奥がシクシクしてくる程に苦い思い出だ。
溶けたタイヤを噛んでるみたいにとても苦い思い出だ。
タイヤなんて噛んだ事無いんだけど、それくらいに苦い。

いや、凄いね、あれは。
ラジアルタイヤ履かせて舗装道路を走らせるならまだしも、山あり谷ありって、文字通り山と谷で構成された嫌がらせのようなモトクロスコースではあんなのまともにスロットルなんて開けれない。
あれでレースしてる人って、心底尊敬するわ。
私は遠慮しておく。

パワー特性云々って言うか、あれはもはや嫌がらせレベル。
もうパワハラ。
朝の朝礼でケータイ小説を朗読させるレベルでの悪質なパワハラ。

そんなパワハラをねじ伏せて、或いは上手く折り合い着けて走らせれる人なら良いのだろうけど、真に残念ながら私にそれを求めるのはスマンかったな話なので、再び125ccへと出戻ったのだ。
嫁入りした娘が半年で実家に帰ってくるみたいな、若干のそんな後ろめたさを抱えつつも、やっぱ無理しちゃダメだよねって事で。

80から125に乗り換えた時と同様、これも慣れたらそれなりに乗れるように成ったのかも知れない。
意外と慣れたらちゃんと乗れるように成ったのかも知れない。
でも慣れる前に死にかねないのでやっぱ無理は止めておいた方が良さそうだ。
怖かった。
あれは本当に怖かった。

そんな超ビターな思い出の有るYZ250。
まさか長い月日を越えて再び目の前に現れるとは思ってなかったYZ250。

今回、ちょっと調子に乗ってそんなYZ250なんて怪物を買ってしまった彼は、パワハラをねじ伏せれるのか、或いは上手く折り合い着けれるのか、それとも半泣きに成って250Fに出戻ってるのか。
さてどうだろうかと私は思う。

それについてはまだ初ライドしてないので何とも言えないのだが、ただ一つ言っておきたい事は、前に乗ってたYZ250FXはまだ手元に置いてるので、もう暫く保管しておく事をお勧めしたいなって事。
凶暴な2スト250ccにボコボコにされても、何時でも戻って優しいFXさんの元へと戻って来れる様にね。
セルまで付いてるとてもやさしいFXさんの元に何時でも戻れるようにと。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする