スポンサーリンク

青い怪物は苦い思い出と共に 前編

 

私がハイエースを買ったのはモトクロスをやってたから。
一人ならともかく、何人かでモトクロスやるならやっぱりハイエースやキャラバンなんかが頼りに成る。
流石は商用バン。
バイクを納品しにいくレベル、とは言えないまでも、2台程度ならウエアや道具類も含めて本当に気兼ねなく楽に積める。
ノアやセレナのようなミニバンの2列目3列目を外した車でも2台は積めるみたいだけど、やはりファミリー用ミニバンと商用バンとはやっぱり違う。
車体自体の大きなも勿論だけど、鉄板上等なスパルタンな内装の商用ワゴンに比べれば、内装をこ綺麗に整えているミニバンではスペースの面で不利になるのも致し方ないさ。

もっとも、それ程の広さを求めないのならノアの方が良いと思うけれどね。
ハイエースに限らず、鉄板むき出しのバンは正直かなりうるさいから。
制振材を貼って対策してやれば随分改善するらしいけれど、車体が大きいだけ有って少々の値が張ってしまうのが難点だ。
私は諦めた。

まぁそもそも荷物を運ぶ車。
今のハイエースは快適性も随分と改善してるだろうけど、荷物運べりゃそれでイイんだろ?って快適性なんて特に考慮されてない世代のハイエースバンなら仕方ない。
高速道路の継ぎ目やちょっとした段差を越えるだけで結構な音が鳴る事も有る。
バンだから仕方ないんけど、結構な騒音が鳴る事も有る。
どんな音だって?
それは皆様のご想像通りの音だよ。
恥ずかしいので書くのは止めておくわ。

 

ハイエース・スパイラル-1

そんな、バンバンうるさいけどとても便利なハイエースバンを手放す事にしたのは、もうモトクロスはやってないから。
何度か入院して何度か鼻にチューブ突っ込まれてあの世の近くをウロウロして来た身に取っては、モトクロスは少々ハード過ぎるのでちょっとね。
自転車やスキーもしてるのでモトクロスも出来ない事は無いのだろうけど、クラッシュ時のダメージは文字通り骨身に堪えるので、まぁ今はモトクロスは止めておこうと思ってる。
医者が言うには現在の私は骨が折れ易いらしい、との事だし。

詳しくは書かないけれど、諸般の事情により、割と容易く折れる可能性が高いらしい。
比較的、傾向、可能性、って話らしいけど、諸事情により骨は折れ易いらしい。
試した訳じゃ無いので知らないけれど。
幸いにそこまで自分を探求する人間では無いし、周囲には100万円やるから腕を折らせてくれと笑顔で懇願してくる変態も居ないから良く解らないのだけど。

何年か前に小指の骨を折ったかヒビ入ったかって事は有ったけれど、それは関係有る様な無い様な、良く解らない。
どうなんだろうね。
自分の左腕で試してみれば解るんだけど、流石にそれはガッテンしかねる所だよ。

 

何年か前までは私を含めて周囲にはモトクロスをやってる人も少なく無かったのだが、ここ最近は本当に減った。
皆さん昨今は自転車ばっかりに乗ってる。
ワルキューレに乗ってる人も、鈴鹿8耐の予選を走ったと言うちょっと微妙に結構凄い経歴をお持ちの人まで自転車ばっかり。

だが、そんな自転車野郎の流れは華麗にスルーして、己が道を歩むように頑なにモトクロスを続ける人も居る。
何だかんだ言って、私も何時かはモトクロスにも復帰するかも知れないので、それまで継続してて欲しいと思うな。
今はもうイイかな、とは思ってるけれど、明日にはまたモトクロスやりたくなってるかも知れないものね。

YZ250

yz250-125_gallery_001_2019_002

21世紀も20年近くが経とうとしてる今、今回彼が選択したニューマシンはよりにもよって2スト。
今もなお頑なにモトクロスを続ける彼が新たに選んだのは、今もなお頑なに2ストを作り続けるヤマハのYZ250。
青い怪物、YZ250。

今まで250Fにずっと乗ってきた彼曰く、ちょっと調子乗った、らしい。
嗚呼、なんか昔の苦い思い出が甦る。

後編へ続く

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする