2019 MotoGPルーキータイトル争い~Rd.10 チェコ

今期3度目のマルケス兄弟のダブルウインを決めたチェコGP。
そして2度目の兄弟ダブルタイトルの獲得も濃厚。
これには親父もご満悦。
半分イキそうなレベルで。

ただ、空きシートが無いのでアレックス・マルケスはMoto2残留。
と言う訳で、来期のルーキーはブラッド・ビンダーだけと成りそう。
ルーキータイトルはそれでも設定されるのか?
そしてこのブログのコンテンツは来期は存在しえるのか?
ちょっとドキドキしながら、そんなこんなで2019MotoGPクラスのルーキータイトル争い。

チェコGPまでの獲得ポイント

総合順位 ライダー QAT ARG  USA SPA FRA ITA CAT NED GER CEZ 合計ポイント
8 Fabio QUARTARARO 16(0Pt)  8(8pt)  7(9pt) 9(7pt) 10(6pt) 2(20pt) 3(16pt) 7(9pt) 76pt
13 Joan MIR 8(8pt) 17(0pt)  – 16(0pt) 12(4pt)  6(10pt) 8(8pt) 7(9pt) 39pt
18 Miguel OLIVEIRA 17(0Pt) 11(5pt)  14(2pt)  18(0pt) 15(1Pt) 16(0Pt) 12(4pt) 13(3pt) 18(0pt) 13(3pt) 18Pt
19 Francesco BAGNAIA 14(2pt) 9(7pt) 14(2pt) 17(0pt) 12(4pt) 15Pt

クアルタラロは7位。
最近好調のミルは無念のノーポイント。
だがオリベイラとバグナイアは揃ってポイント獲得。

そんな感じで淡々と終わったチェコGP。
来週はKTMのお膝元、レッドブルリンク。
ほぼ決まった感も有るけれど、ともかく次のルーキータイトル争いをお楽しみに。
きっと来年は無いだろうからさ。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする