bimota追記

数日前に急遽持ち上がったニュース。
カワサキがビモータを買収したんじゃ無いか?
って、そんなニュース。

海外では、数日内に発表が有るかもね、なんて言われてたけれど、その数日が過ぎても梨のつぶて。
で、その辺は一体どうなってるねんと、私が時折顔を出してる海外のバイクフォーラムで話を聞いてみた。
相手は何処の誰だか解らないので真偽不明だけど、ハーレーがアジアマーケット向けにミドルクラスを出すとかって話しを随分前に書いてる人も居たのでこれが意外と侮れない。
当時は所謂、執筆者がクラックキメていた可能性も有ります的な扱いされてたんだけど。
いやでも、中々に侮れないもんだと思った。
残念ながらそれが真実のリークなのか、酔っ払いの妄想なのかの判断は着かないんだけどね。
その時が来るまで。

で、結局、このbimotaの話はどうなのさと聞いてみたら、何割かは何それ?って感じで、何割かはそもそもbimotaって何よ?って話だったりして、真に残念ながら有益な情報は得られなかった。
一晩情報収集したのに。
雑談してただけ、なんだけど。

小耳に挟んだのは、週明けに何か発表有るんじゃないかとイタリア人が言ってたって話。
bimoraはイタリアンメーカーだからイタリア人に聞くのが一番信憑性が高い、と言えなくも無いようなそうでも無いような。
兵庫県に住んでる私がカワサキの動向を知るすべも無い、回覧板で教えてくれたりしないので、イタリア人だからbimotaのニュースに詳しいとは言えないんだけど。
以上、一晩の成果はそれだけ。

結局、何の結論も得られなかったスマンかったな話なんだけども、遅かれ早かれ来週には解るとは思う。
イタリア人に言われるまでも無く。
まぁどっちに転んでも、あんまり関係無いっちゃ関係無かったりもするんだけどね。
結局の所。

殆どの人はもう忘れてるだろうけど、実はbimotaって黎明期のMoto2に参戦してたんだよ。
Suterが強くてFTRやSpeedUPが元気でmotobiやMZが出てた頃。
実はbimotaもフルでは無いものの2012年はそこそこ走ってた。
成績はスマンかった。

当時のチームはSAG。
Stop And Goレーシングチーム。
現在は長島哲太とレミー・ガードナーが走ってるチーム。

来年はKTMが撤退するので、またもたKalexの寡占状態に成るMoto2。
bomotaが復活したからと以前のSuter、そして今年までのKTMの代わりが勤まるとは思えないけれども、kawasakiマネーが降り注げばもしかしたらMoto2復帰も有りえるかな、いややっぱ無いかな?勿論無いよね、いやでも....

と、そんな空想を広げる事くらいは出来るので、カワサキのbimota買収話はスマンかったと成らない事を祈るばかり。
特に縁の無いメーカーだけど、開店休業状態はやっぱりちょっと寂しいからね。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする