二輪噺

奥様ライダーズ小話ブログ

| 二輪噺について  | 二輪噺~virsion-R  | 二輪噺アーカイブ  | ブログランキング  | レディースライダーブログ  | お問い合わせメールフォーム |

隣の芝生は青く見え、隣の客が良く食う柿は美味しく見える

   

 

7月に北海道に行ってきた。
今更な話だけど。

0809niseko

初期型ケベルのケベ子ちゃんとニセコの羊蹄山。

 

コレを見たら自転車で行ったのか?
そんな無茶な事を!

って誤解する方も出てくるかも知れないけれども、前にもちょろっと書いたけれど行ったのは飛行機。
しょっちゅうこのブログに出てくるけれど、そもそもこのケベ子は私の自転車では無い。
何箇所かでちょっと借りて乗っただけ。

ちなみに今回の北海道ツーリングは、総勢10名程の結構な大所帯。
と言っても、みんなで仲良く出発して、みんなで仲良く旅をして、みんなで仲良く帰って来た訳では無い。
そもそもみんな一同に会した事もないし。
もっと言えば、我が旦那さんを含めて実はまだ何人も帰ってきてない。
何時帰って来るんだろう??

 

今回、我が家の旅の手段は何時も乗ってる車。
それにMTBとロードを積み込んで旦那さんの運転で出発。
舞鶴だったか敦賀だったか、船乗って北海道へ。
近所に住んでる友人(旦那)の車と2台仲良く。

私と近所に住む友人(嫁)は、ネコちゃんと一緒に神戸空港から千歳へ。
千歳に着いてからは、旦那さんチームと嫁さんチームと2台の車に分かれて、途中で何度か合流しつつそれぞれが適当に旅してたって感じ。
旦那さんチームは基本キャンプ、我らは基本は宿。
最近は、ペット可なホテルも多く、事前にそれを簡単に調べられるのでネコちゃん連れでも安心だ。

そして、帰りは友人宅の車でネコちゃん連れてフェリーで帰路へ。
まぁそんな感じ。

ちなみに友人旦那もまだ帰ってこない。
何処行ったんだろう??

 

一方、自分のバイクで行く人とは別に、何時も使ってるトランポ=ハイエース号で行った人も居る。
それにもMTBを積み込み、ちょっとバイクでは運べないサイズのバーベキューコンロやキャンプ道具を積み、そしてまだまだ開いてるスペースにセローを積み込んだ。
そう、私が北海道をセローでちょろっと周ったのは、このセローを持ち込んでたから。

北海道旅行するのに他人のバイク運ばされて可愛そうに....
って思われるかも知れないが、そもそもこのハイエースは私が買って私が税金払ってる車。
ちっとも、本当にちっとも乗ってないのに。
もう何年も運転席に座った事すら無いのに。

だから文句なんて言わせやしない。
文句が有るなら自分の愛車、ジャイアントのMTBか中国製アシスト自転車で行きな、ってなもんだ。
電動アシストママチャリのカゴにテント積んでツーリングしなさいよってなもんだ。
まぁ、舞鶴はおろか六甲山越える頃には電池が切れて、ただの重い自転車に成ってしまうだろうけど。
かごに積むのがETなら、空だって飛べたのに。

そんな訳で、有ったらとても便利だよねとセローを運んで貰ったのだけど、結局大してセローには乗らないまま、未だ私のセローはみんなの足として北海道の何処かで弄ばれてるみたい。
....ったく、人のバイクを何だと思ってやがる。

 

スニーカーとジーンズだったので特に林道深くに分け入ったりはしないけれど、やっぱ北海道ってのはバイクで走るもんだとつくづく思う。

0809furano

とても北海道らしく、とても素晴らしい景色。
でも正直、車で30分も走ってるとうんざりしてくる。
車の移動は快適で楽なんだけど、反面とてもうんざりするのもまた正直な所。

 

車での旅は、移動は単なる目的地までの移動でしか無いのだけど、バイクツーリングは移動それ自体が楽しい。
それが単なる移動手段で有りただの交通手段で有る車と、乗ってるだけで楽しいバイクとの大きな違いなんだろう。
普通のバイクでただの直線路を普通に乗ってるだけで楽しいものね。
北海道ツーリングは、バイクでの移動それ自体が大きな目的であり楽しみの一つ、なのだから。

やっぱ北海道はバイクで来るもんだ。
北海道はバイクで走るもんだ。

私は改めてそう思ったのだけど、酷暑(私が行ってる時は37度なんて日も有った)や真反対の極寒(羅臼ではフリースとジャケット着る位寒かった)、土砂降りや強風に見舞われた際には思う。
いやぁ、やっぱ車で来てて良かったわと。

 

ランドナー(ツーリング自転車)に荷物積んで旅をする、と言う選択肢は持ち合わせてないけれど、車乗ってたらバイクがイイなと思い、天候が荒れたら車で良かったなと思い、ちょっとしたダート走ったらセロー乗ってて良かったと思い、でも遥か先まで続く直線路を走るならツアラーが欲しくなり、知床峠はR1なら楽しいんだろうなと心の底から思う。

VFR1200Xに屋根着けたら全てが解決しそうな気はするけれど、それはそれでどうかと思う以前に、今更牛乳飲んだ所で1200Xに似合う体格には成れないので、今度は乗り心地の良いミニバンにセローとR1を積んで行こうかと、そんなふざけた事を思ってたりしてる。
そして、行き帰りはやっぱ飛行機がイイなと、車とバイクは次回も誰かにフェリーで運んで貰おうと、さらにそんな極悪非道な事を。

 



ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank
本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank

 - MOTOR CYCLE