ザルコ、最後の一発タイムで見事Q2入り!

セパンで行われるマレーシアGP。

FP3で軽くズッコケたものの、渾身のタイムアタックを魅せたザルコ。
最後の最後に乱高下のバニャイアにパスされたものの、FP3で8番手、プラクティス総合では10番手タイムとギリギリQ2入り。
チェコ、リミニに続いて3回目のQ2。
ホンダに乗り換えて2戦目としてナイスなリザルトだ。
ルーチョもにこにこ。

総合トップはクアルタラロ、そして2番手はもじゃもじゃを伸ばして存在感を増したモルビデリの、セパンレーシングコンビの1&2と言う、スポンサー様もホックホクの展開。

3番手は、どうやらブレーキは普通に戻したみたいなマルケス。
スクータースタイルは止め...かな。

ビニャーレス、ドヴィさんと続き、そしてザルコが歓喜の10番手とめでたくQ2入り。

一方、ここ最近実質ホンダナンバー2として、お喋り以外に走りでも存在感が増したクラッチロウは総合12番手と残念ながらQ1行き。

同じく、大体何時も怒ってるか笑ってるかのどちらかのピーキーなエスパルお兄ちゃんも、ここ最近は調子良かったものの今回はちょい伸び悩んで13番手。
怒りも笑いもなく、ちょっとしょんぼり。

心がざわざわしてるロレンソは毎度お馴染みのスマンかったに終わり、前回オーストラリアで突然目覚めたイアンノーネはまた深い眠りに着く。
アンドレア、グッドナイト。

20 F.QUARTARARO FRA Petronas Yamaha SRT YAMAHA 1’59.027 17 1’58.576 15 1’58.977 19

2 21 F.MORBIDELLI ITA Petronas Yamaha SRT YAMAHA 1’59.110 15 0.185 0.185 1’59.502 13 1’58.761 17

3 93 M.MARQUEZ SPA Repsol Honda Team HONDA 1’59.517 13 0.490 0.305 2’00.215 5 1’59.066 17

4 12 M.VIÑALES SPA Monster Energy Yamaha MotoGP YAMAHA 1’59.218 16 0.498 0.008 1’59.845 12 1’59.074 18

5 4 A.DOVIZIOSO ITA Ducati Team DUCATI 1’59.527 16 0.630 0.132 1’59.206 17 2’00.244 10

6 43 J.MILLER AUS Pramac Racing DUCATI 1’59.996 13 0.651 0.021 1’59.593 15 1’59.227 15

7 63 F.BAGNAIA ITA Pramac Racing DUCATI 2’01.000 9 0.677 0.026 1’59.774 16 1’59.253 17

8 46 V.ROSSI ITA Monster Energy Yamaha MotoGP YAMAHA 1’59.893 15 0.708 0.031 1’59.284 17 1’59.643 16

9 42 A.RINS SPA Team SUZUKI ECSTAR SUZUKI 1’59.546 16 0.825 0.117 1’59.849 17 1’59.401 13

10 5 J.ZARCO FRA LCR Honda IDEMITSU HONDA 2’01.038 16 0.910 0.085

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする