フランスGP FP2

FP1でスミス氏がまさかのトップタイムを出したのだけど、まぁあんまり大勢には関係なく本日のタイムアタック合戦はFP2で決着する。

Moto3クラスFP2ではほぼドライと成ったものの、MotoGPクラスFP2開始早々に無情の赤バッテンフラッグ。
雨降ってるでのサイン。

多くのライダーが天を見上げながら様子見してる中、レインタイヤで気合ビンビコに入れて頑張るザルコ。
地元フランスの星。
来期の契約と最新スペックのマシン供与も決まって気合が漲る。

だが気合入れすぎたのか、赤ランプがピコピコするマシントラブルに見舞われたザルコを尻目に、ウェットパッチの残る中でスリックで飛び出したミラーが一気にトップタイムを叩き出す。

エスパルお兄ちゃん、スミス氏、そしてドヴィさんと、クラッシュが相次ぐ中、トップタイムを連発して存在感をビッシビシ示したのがこの人。
我らが中上君。
日本の星、ホンダの希望。

好タイムを一発だけポンっと出した訳では無く、トップタイムを何度も連発してこれでもかと存在感を魅せつける。
ラストスパートでバタバタっと抜かれたものの、ラスト2周で再び巻き返す2番手タイムを出す。
そしてラストタイムアタック、って所で無念のスリップダウン。
嗚呼....
ビニャーレスに逆転され、FP2は3番手で終わる。
残念。
ってか、3番手で残念に思えるのは贅沢な話かもね。
来年が楽しみだ。
ってか、契約はどうなってんだろうね。

苦戦したライダーが多かった原因はコレ。
路面温度16度。
一般的に30度くらいが適正とされる路面温度。
ミシュランも低温を考えてタイヤチョイスしてるのだろうけど、これはちょっと冷たいかもね。

明日以降、路面温度はもうちょい上がるか、それとも.....
2日目をお楽しみに。

 

MOTOR CYCLE

Posted by TOMMY