2021 MotoGPクラス ヘルメット勢力図 

 

 

AGVバレンティーノ・ロッシルカ・マリーニフランコ・モルビデリジョアン・ミルジャック・ミラー
SHARKヨハン・ザルコミゲイル・オリベイライケル・レクオナ ホルヘ・マルティン 
SUOMY/KYTアンドレア・ドヴィチオーゾフランチェスコ・バニャイアアレイシ・エスパルガロ  
Araiマーベリック・ビニャーレス中上 貴晶   
SHOEIマルク・マルケスアレックス・マルケス   
X-Lite/NOLANダニロ・ペトルッチアレックス・リンス   
HJCポル・エスパルガロ    
SCORPIONファビオ・クアルタラロ    
BELLブラッド・ビンダー    

 

2021年2月22日現在でのヘルメットのシェア。
昨年からの違いは、NHKの消滅。
謎のNHKはラバトのSBKへの移籍により消滅。
HJCはクラッチローの引退と、ブラッド・ビンダーのBELLの復活によりシェアを落とすがポルが加入。
長年のAGVからHJCへチェンジ。

他は、今の所は昨年と変わらず。

なお、アプリリアの2人目のライダーは、サバドーリとスミス氏はまだ確定してないので、上のグラフからショウエイかSUOMY/KYTのいずれかが増える。
まだ変更の可能性、もしくは変更されてるのに間違ってる可能性も有るので、サバドーリとスミス氏の状況と共に、続きはまたそのうちにと言う事で。