MotoGP ルーキータイトル争い

 

ザルコと共に、勝てそうで勝てない日々が続いたバグナイアが遂にMotoGPクラス初優勝。
しかも、マルク・マルケスをねじ伏せての優勝。
この先、一気に大ブレイクするかも。

クアルタラロが沈没してポイント差はググっと縮んで51ポイント差。
残り5戦。
クアルタラロのメンタルの波次第では、ちょっと展開が変わって来る可能性も....どうだろう。

 

 

MotoGP 2021ルーキータイトル

ライダーQATDOHPORSPAFRAITACATGERNEDSTYAUTGBRARA総合
Jorge Martín1 (15)16 (3)2 (14)4 (12)25(1)16 (3)7
(9)
71pt(11)
Enea Bastianini6 (10)5 (11)7 (9)2 (14)6 (10)– (16)1 (15)4 (12)4 (12)10
(6)
45pt(16)
Luca Marini– (16)– (18)4 (12)1 (15)4 (12)– (17)4 (12)1 (15)– (18)2 (14)11 (5)1 (15)
(20)
28pt(20)
Lorenzo Savadori– (19)– (20)2 (14)– (19)1 (15)1 (15)– (16)4pt(24)

( )内は順位

 

今回は予選9番手、決勝6位とバスティアニーニが健闘した。
一方のマルティンは中盤以降にちょい苦戦して9位。
ルーキーとしては9位は上々の成績と言えるけれど、次世代エース筆頭のマルティンに取っては、ちょい物足りないか。
次ぎに期待しよう。

サバドーリはテストチームに移動。
ビニャーレスが逃走しない限り出る事は無いかな。

 

次戦は今週末、決勝は9月19日開催のサンマリノGP。
今回は一週空かないので忘れないように注意しよう。