イギリスGP FP3

鈴鹿は少々気まぐれな天候なのだけど、シルバーストーンは今日も良い天気

 

Moto3クラスのFP2では、気温16度、路面温度24度。
MotoGPクラスでは少々温度は上がってるだろうけど、コンディションとしては上々。
ホンダもこの温度ならきっと機能する筈。
きっと。
なんせ昨年のポールはポルなのだから。
きっと大丈夫さ。
きっと。

ホンダと同様いまいち乗り切れてないKTMも、次のホームレースに向けてここらで一発存在感を魅せ付けてやりたい。
折角ヘンテコなマフラーを付けて来たのだから、その成果を魅せ付けてやりたい所だ。

 

特に動きの無いまま残り15分。
ここで動いたのがアプリリア。
エスパルお兄ちゃんがトップタイムを出すと、すかさずビニャーレスが上回りアプリリアの1&2体勢。
ジャック・ミラー、クアルタラロも果敢に攻めるものの、一歩届かず残り5分のラストタイムアタックへ。

 

トップはエスパルお兄ちゃん。
もはやこの位置もすっかり見慣れたもんだね。

2番手にはいきなり覚醒したマルティン。

ザルコはトップタイムペースを刻むものの、最後にやらかして4番手とスマンかった。
トップも取れそうだったけど、それはQ2での巻き返しに期待しよう。

 

予選は22:10~
お楽しみに。

 

 

MOTOR CYCLE

Posted by tommy