ワルキューレを作ろう-後編

 

0920val2

カッティングステッカーでこいつを切ってみる。
果たして上手く行くのだろうか?
お星様キラキラ部分は流石に無理っぽい、そんな気も大いにしつつも。

必要な道具は、アドビイラストレーター、ローランドのステカ、各機種対応のカッティングシート、アプリケーションシート(完成したステッカーの表面に貼ってる透明シートの事だ)
以上コレだけ。

コレだけと言っても、肝心のイラストレーターがちょっと問題。
なお、現在のイラストレーターCCはライセンス購入する形式と成るので、12か月版オンラインコード版で¥26,160。
これで1年間使える。
仕事なら法人アカウントを取って毎年払い続けるのも仕方無いが、個人レベルで年間26160円は中々に厳しいお値段だ。

フォトショップも含めてアドビ製品をフルに使いたいなら、Creative Cloudコンプリートプラン。
Adobe Creative Cloud コンプリート|オンラインコード版|12か月版なら¥59,760。
これでフォトショップからInDesignやDreamweaver、動画編集の各ソフトウエア等全てが使える。
色々バリバリやりたいなら大変お得なパックだけど、ステッカー切り抜くだけなら甚だしく勿体無い。

フォトショップとイラストレーターをそれぞれ買ってた時代に比べたら導入コストは下がったのは確かだけど、毎年26000円が必要なのは中々に重くのしかかる負担だろう。
特に滅多に使わない民間人に取ってはバカに出来ない金額だ。
ステッカー切るだけに使ってちゃ勿体無いね。

ちなみに私は未だにCS5。
これ以上バージョンアップする必要性は皆無なので、多分このままずっと使い続けると思う。
対応OSが無く成るまでずっと。

Cut Studioと言うステカ用ソフトも有るけれど、使った事無いのでごめんなさい。

⇒Adobe Illustrator CC|12か月版|オンラインコード版

⇒Adobe Creative Cloud コンプリート|オンラインコード版|12か月版|Win/Mac対応

0920val3

塗りは無し、線幅を0.25ptに設定。
線が太く成ると二重にカットされるので、細い方が良い。
これでパスさえ繋がってればちゃんと切れる筈だ。
カッターの刃が痛んでなければ0.5mmくらいの幅なら涼しい顔して切り抜いてくれるので、少々細かいイラストでもカット自体に問題は何も無い。
その後の作業で非常に大きな問題に直面はするが、カット自体は2mm角位の文字も可能だ。
カット自体は。

0920val4

カッティングステッカー作りで最も大変なのが、所謂カス取りと言われる作業。
不必要な箇所を剥がして捨て去る作業の事。
これが本当に大変な作業なのだ。
カッティングステッカーを外注した際の料金の殆どはこの作業代金と言って差し支え無い程に。

そのカス取りをやり易くする為、カットラインを余分に引いておく事がお勧めだ。
上画像では青色のパスで表してるのがそれ。
この線を引くのと引かないのとでは、後々大きく効率も成功率も変わる重要ポイントなのだ。
特に細々した図案なら尚更。

0920val5

ローランドホームページからダウンロードしたイラストレーター用のプラグインを入れてるので、プリンターを使うのと同じ要領で出力が出来る。
詳細設定でカット速度の調整も可能なので、カット時に端がめくれたりする場合はカット速度を落としてやれば成功率は高まるだろう。
その辺は経験と勘を元に適当にやれば大体上手く行く。

wal3

良く解らない画像だけど、ステカが頑張って切ってるのよ、の図。
ちなみにこのステカは専用のマスキングシートもカット出来るので、塗装やサンドブラストする際なんかにとても役に立つ。
他にもボールペンで線を描かせたりも出来たりと、実はシール作り以外にも色々と使い勝手が有るのだ。

wal4

これがカス取り。
要らない所を針やデザインカッターを駆使して不要箇所をセコセコと剥がしていく。
これが本当に大変だ。
もう本当に大変。
5mm以上の残存部分の有る箇所ならどうと言う事は無いが、今回のように1mm程度の細線を残す場合は結構大変だ。

ちなみに、お星様キラキラ部分はこの作業中にあえなく消滅。
やっぱ無理だ。
直径2mmの☆を残すなんてどだい無理な話だ。
どの道貼り付けても、0.2mmくらいの幅しか無いので強度は望めないだろうし。
まぁイイかって。

wal5

カス取りしたらアプリケーションシートを貼り付けて完成。

アヴェンジャーズ見ながらカス取りしてたらつい間違えて千切ってしまった部分が有るのだけど、黙ってたら多分解らないので黙っとこうと思う。
大丈夫だ、黙ってりゃ解らんよ。
ちなみに、アイアンマン(1)しか見た事無い人間がアヴェンジャーズを見ても何のこっちゃサッパリ解らんわって話も黙っておこうと思う。
また置いてけぼり食らったぜ.....

後は、このステッカーをワルキューレを駆る40代のおじさんの被るヘルメットにゴリゴリっと貼り付けてやれば完成だ。
残念なのは、ワルキューレ・ルーンで無い事。
折角ルーンがピカっと光るかと思ったのに、嗚呼とても残念だ。
ちょっと今から買い換えて来いって無茶な事言いたい気分だ。

ワルキューレを作ろう。
おわり。

なお、ビッグウエストに怒られるので販売も譲渡もしない。
欲しい人は、お小遣い貯めてイラレとステカを買って頂戴な。

ローランドディージー デザインカッター ステカ SV-8

新品価格
¥29,420から
(2016/9/18 15:56時点)

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする