テセウスの刀

 

テセウスの船。
テセウスのパラドックスとも言う。

昔の木造船。
腐食したり痛んだりするので、その都度部材を交換していく。
どんどん交換を進め、仮に全部が新たな部材に置き換わったとするなら、それは元の船と同じと言えるのだろうか?
って、邪魔臭い話。
哲学とは、大体邪魔くさい話だ。
シンプルな話なら酒の肴にならないものね。

今、カタナのエンジン乗せ替えが行われている。
特に私は何もしないけれど。

結構良い歳したおじさんがオーナー。
このおじさんが学生時代に買ったカタナ。
剥げ上がる程にバイトしまくって買ったカタナ。
思い出のカタナ1100。
今も健在だ。

数々の思い出と共に月日は流れた。
相棒として常に寄り添ってたカタナだが、寄る年波には勝てずに遂にエンジン乗せ替えと成った。
どうせならGSR-Rの油冷エンジンは?
等と魅惑の誘惑に心揺らされながら、結構高いノーマルエンジンを入手したのでそれを積み込む事に。
どうせならヨシムラのパーツを組む、またはユニコーンのエンジンを...なんてのはもっと贅沢な話。
贅沢は敵だ。
だからノーマルエンジン。
一般的なレベルで普通に走ってくれたらそれで十分だ。
カタナのシート程に、おじさんの財布は分厚く無いのだから。

カタナのエンジンって積み下ろしが大変。
非分解式のダブルクレードルフレームのエンジン積み下ろしは本当に大変だ。
私は特に何もせず、大変そうだなぁって見てるだけなのだが、やっぱあれは大変そうだ。
片側のボトムチューブが外せるゼファー1100や両方外せるFZ750のフレームの有り難さが良く解る。

そんなカタナ。
今回発覚した大きな問題は、エンジン下ろしたら結構な腐食が入ってた事。
ん~~~。
非常にマズい。

鉄板を切ったり同じパイプを見繕って来て、腐食部分をカットして溶接修理してやる事は不可能では無い。
それくらいの溶接は出来るし、TT-Rのフレームもクラック入って変形したシートレール辺りを鉄パイプを溶接して作り直した事も有る。

でも、トレールバイクのシート部分と、リッターバイクのステム周りでは話は違う。
くっつけばイイって物じゃ無いと思うので、お茶の間修理は自重した方が良さそうだ。
曲がらない上に真っ直ぐ走らないなんてバイクに成ったら目も当てられないのだから。
ゴミ捨て場の鉄柵修理じゃないのだから、リッターバイクのステム周りを溶接修理なんて無茶は止めておくわ。
足回りを巻尺一つで大改造するアメリカ人じゃ無いのだから、そんな大雑把な仕事は止めておくわ。

ちょろっと検索したら、バイクのフレームを修正してくれる会社は幾つもヒットする。
きっとここに修理を出せば、カッチリと仕上げてくれるのだろうと思う。
金さえ出せばね。
ポンっと出せば。
出せないから困った話なのだ。
出せたら苦労しないぜ!と、自信満々に言い切ってみる。
おじさんは、偏平率90%の純正バイアスタイヤ程に財布が分厚く無いのだよ。

かと言って見て見ぬ振りをするのは頂けない。
道端で一人で遊んでる女の子を見ても場合によっては見て見ぬ振りするのが正しい場合も有る世知辛いご時勢だが、フレームの腐食は見て見ぬ振りはしない方が良いかと思う。
自分のバイクだしね。

と言う訳で、困った時のヤフオクとばかりに探してる訳だ。
ただこれが意外と高い。
程度良好な書類付きフレームで概ね5~10万円。
安くない買い物だ。

現行フレームを切って貼っての溶接修理して、計測~修正して、パウダーコートしたらそんな値段では済まないので、中古フレーム買った方が安いと言えばごもっともなのだけど、5~10万円ってのはちょい高いな。
程度はどんなもんかは解らないし。

そう、中古フレームってどんなものかは解らないのが悩ましい所。
実際に見ても良く解らないんだから、写真だけで判断するのはさらに難しい。
だから、錆びたフレームでも、専門業者に修理依頼する方が安心と言える、かも知れない。
ん、きっと性能はそっちの方が良さそうだ。

だからどうしたもんかとちょっと頭を悩ませてしまう。
私が買う訳じゃ無いのだけど。

足回りは盆栽化し、そしてエンジンも載せ替えられ、もはや唯一のアイデンティティとも言えるフレームを生かすか?
学生時代に剥げ上がる程にバイトしまくって買ったカタナのアイデンティティを守るか?
それとも、フレームを買い替えお手軽に修理完了させるか?
フレームナンバーも変わり、そしてナンバープレートも車検証も変わるけど中古フレームを選択するか。

テセウスの刀のパラドックス

果たして、フレームまで替えて、つまりフレームナンバーから車両のナンバープレートまで変わるこのカタナを、学生時代に剥げ上がる程にバイトしまくって買ったカタナと呼んで良い物か否か。
オリジナルパーツは、シャフトやイグニッションコイル程度の部品しか残らないこのカタナを学生時代に剥げ上がる程にバイトしまくって買ったカタナと呼んで良い物か否か。
足もエンジンもフレームさえも変わったこのカタナをボクのカタナと呼んで良い物だろうか?

等と邪魔臭い事をグダグダ言って無いで、ガレージ狭いんだからデカいバイクをさっさと片付けてくれないかなぁって思ってる私なのだった。
どっちでもイイじゃん、そんなの。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする