二輪噺

奥様ライダーズ小話ブログ

| 二輪噺について  | Kuota小話  | 二輪噺~virsion-R  | 二輪噺アーカイブ  | ブログランキング  | レディースライダーブログ  | お問い合わせメールフォーム |

不幸中の幸いにも程がある

   

 

パンクした。
嗚呼....

天気も良く、風も無いのでちょいと自転車乗ろうと思ったこの日。
ウエアに着替え、ボトルを用意。
最近はKUOTAのクオ太郎ばっか乗ってた事も有り、この所全く紫外線を浴びてなかった私の自転車。
お肌にもカーボンフレームにもそれは望ましいのだけど、やはり自転車は外で乗ってナンボってもんだろうと思う。

ちなみにローラー用にはローラー専用機が有るので、紫外線はおろかホイールすら殆ど回って無かったりする。
サイコンなんて何時電池切れたら解らないくらい。

なお、ローラー台練習用バイクは、ローラー専用のタイヤを履いたクロモリロードを用意してるので、そっちの走行距離まぁそこそこ。
流石に毎日100kmなんて、ハムスターじゃ無いんだからそこまで回せないけれども、天候や風に左右されないローラーは、屋外ではちょっと難しい距離を楽に稼げるのがちょっと嬉しい。

ローラーで距離稼いで何か意味有るんか?
なんて事を言われても、ちょっと苦笑いで誤魔化してしまうけれども、まぁともかく自己満足出来るもんなんだよ。
おお、いつの間にかこんな距離走ったんだ!って。
そのうち北海道に到着するわ、日本一周も夢じゃないわ、なんて自己満足に。
例え、その小さな部屋に置かれたローラー台から微動だにしてなかったとしても。

 

ローラーはローラーで良いのだけど、何時も部屋の中の壁際でペダル回してばかり、ってのもアレなので、この日はちょっと外を走ってみようかと思ったのだ。
一人なので、特に計画も予定も無く、なんとなく平地を西向いてテレテレって走ってみようかと。
北、なんて選択は無いな。
隕石が衝突して六甲山が平地にならない限り、残念ながらその選択は無い。
あんなの越えるの無理だって。

 

久しぶりに乗る自転車だが、油脂には問題は無い。
チェーンの状態は申し分ない。
ブレーキも変速も何の問題も無い。
タイヤに空気を入れたらそれで走れる、私の身と心が許すまでどこまでも。

空気を入れ一応の点検を済ませる。
特に何もしないけど。
リビングに置かれたバイクをスタンドから下ろし、そして玄関へと。
壁に立てかけ靴を履き、さて行くかと思い立った私は見てしまった。
ぺったんこに成ったフロントタイヤを。
そして、そのフロントタイヤに刺さる黄色の画鋲を。
な、なんてこった。

うぉぉぉ、パンクしたぁ。
まだ玄関も出てないのに!

 

どう考えても私の仕業だな。
この日の朝、玄関で画鋲外してたものね。
ああ、間違いなく私の仕業だ。
妖怪画鋲散らしでも、自転車屋の陰謀でも無い。
どう考えても私の仕業だわ。

 

疲れるし、汗かくし、紫外線浴びるし

と、ネガティブな方向へ突き進んでる私の深層心理が、無意識のうちに玄関に画鋲を転がしてパンクさせると言う暴挙に打って出たのだろうか?
それについては解りかねるのだけど、ただ一つ言える事は、出先でパンクしなくて良かったねと言う事だろう。
チューブを2本も積んでるので滅多な事で途方にくれる事は無いが、それでもキュウリくらいの大きさの携帯用ハンドポンプで空気を入れるのは大変なので、道具の揃ってる自宅でパンクしただけまだマシだったな、とは言えるだろう。
不幸中の幸いとは言えるだろう。

まぁだからって、玄関のドアさえ開けてないのにパンクするってのは、不幸中の幸いにも程があるわと、私はブツブツ言いながら自転車をラックに戻し、そしてなんか疲れたのでソファに横に成ってみた。
なんか、もう疲れてしまったから。
まだ1mmも自転車乗ってないのに。

そして、自転車はそのままラックへと戻され、またしばしの休息へとつくのだった。
重ね重ね、1mmも外走ってないのに!



ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank
本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank

 - Bicycle