二輪噺

奥様ライダーズ小話ブログ

| 二輪噺について  | Kuota小話  | 二輪噺~virsion-R  | 二輪噺アーカイブ  | ブログランキング  | レディースライダーブログ  | お問い合わせメールフォーム |

ボルト一本にキリキリ舞いさ

   

 

『人間の体には結構一杯骨が有るので一本くらい折れてもアレだよ、アレ』

と、この前も書いた気がしつつも、またもやサラ・コナーさんの言葉を引用してみる。
もうちょっとちゃんと喋ってた気もするけど、まぁそれはそれとして。
学研サイエンスキッズによると、人間の体には概ね200本くらいの本数が有るらしい。
成長と共に本数は変わり、そして個人差も有るんだとか。

え?変わるの?
え?個人差有るの?

何処の骨の数に個人差が有るのかは知らないけど、どうやら人体ってのは思ったよりもアバウトに出来てるみたい。
中華製エンジンよりもさらにアバウトに。

 

人体はそこそこ適当でもそこそこ問題なく生きれるみたいだけど、バイクや自転車の場合はそうは行かない。
ボルトの数は非常に多いが、1本でも抜けたら大惨事に成る、なんて箇所は少なくない。
全部が全部そうとは言わないけれど、無くても良いボルトは殆ど無いと言って過言ではない。
たかがボルト一本抜けただけでオイルは漏れ、或いは部品が脱落する箇所は非常に多い。
たかが、なんて言ってられやしない。

 

自転車なら尚更。
ロード用のキャリパーブレーキは前後とも1本の細いボルトで留まってるだけ。
たかがネジ一本なんて言ってられない。
その一本が全て、唯一無二なのだから。
ネジ一本抜けたらプランプランですわ。

ステアリングヘッドもボルト一本。
前後のアクスルも勿論1本。

左クランク、ハンドルとステムは2~4本のボルトで留まってるが、勿論だからと無くてよいボルトなんて存在しない。
チェーンリング(前のスプロケット)も含めて、1本でもボルトが脱落したらえらい事に成ってしまう。
たかだかボトルケージのボルトでも、一本抜けたらちょっと不愉快なのだから。

 

と言う訳でこんなボルトのお話。

0513bolt1

フランジ付きステンレスボルト。
8本入りで291円(MONOTARO)
錆びないステンレス製。

 

0513bolt2

これはクリート、つまり自転車用の靴の裏側に付ける金具を固定する為のボルトとして。
サイズはM5-8mm。
フランジ部分がもうちょっと、後5mm程大きかったら言う事なかったんだけど。

 

0513bolt3

もう一つの難点は、六角穴=つまりレンチサイズが1サイズ小さいこと。
シマノ純正の4mmに対して、こちらは3mm。

ただ、M5の六角穴付きボタンボルトのレンチサイズは3mmが規格なので、シマノの4mm六角穴がボタンボルトとしてはイレギュラーなサイズなだけの事だ。
だからこのボルトが小さいのではなく、シマノが大きいだけの話。
そりゃちょい高いのも仕方ないと思うと共に、こんな所のネジなんて普通でイイんじゃ無いっすかねとも思う。

従って、4mmと5mmの六角レンチに加えて、このボルトを締める為にさらに3mmの六角レンチも忘れずに積んでおかねば成らない。
私の場合はリアディレイラーのプーリーに使うレンチなので、日ごろから持ち歩いてる為特に問題は無いのだけど。

 

自転車は洗車の度に点検するけど、意外と靴なんて点検しない。
さらに特に信号待ちの度に着脱頻度の高い左側は意外と緩む場合も有りえる。
場合も有りえると言うか、緩んでクラクラした経験有る人も多いことだろうと思う。
中にはボルト落としてえらい目に遇った人も中には。

たかがネジ1本。
まぁ3本有るので紛失したのが1本ならまだどうにか成るのだけど、2本落とした際にはちょっと困る。
3本落とした日には途方にくれてしまう。
ちょっと無理だ。
3本もクリートボルトを無くしたらもう自転車なんて乗れやしない。

 

だからボルトは念のため、クリートとボトルケージのボルトは何本かサドルバッグに忍ばせておきたい。
転ばぬ先の杖。
落としたときのボルトって訳で。

 

0513bolt4

私が普段持ち歩いてるのがコレ。
クリート用のボルト3本とワッシャー3個。
加えてボトルケージ用のボルトが2本をイージーパッチのケースに入れている。
余程整備不良じゃない限りはコレで事足りる。
流石に4つも一気に失くしたりはしないわ。

ボルトだけあってもクリートワッシャーが無きゃキッチリ留まらないので、クリートを買い換える際に外したボルトとクリートワッシャーを捨てずに取っておく事をお勧めしたい。
クリートが盛大に磨耗したらボルトは擦れて消耗する事も有るけどクリートワッシャーは消耗しないと思うので、ボルトと一緒にサドルバッグに忍ばせておけば安心だ。
だから、クリート買い換えてもワッシャーだけは捨てちゃダメ。
ボルトは代用が効いても、このワッシャーは換わりは無いのだから。

ただ、だからと言って、1個150円程もするボルトとワッシャーを6つも買うのはお勧めしない。
それだけボルトとワッシャーを買うなら値段も変わらないんだから素直に新品クリートを買えばイイんじゃないっすかね、と思う。
クリート買ったらボルトもワッシャーも必要数だけ付いてくるんだから。

 

どの道、外を走ってたら消耗するので、スペアのボルトもワッシャーもお持ちでないなら新品クリートを買っておくのも悪くないだろう。
どうせいずれは消耗して買い換える事になるのだから。
ローラーばっか乗ってる私はちっとも減らないけど。

 

duraace-209

現行DURA-ACE R9100のクリートボルトはこんなのに成ってるみたい。
メッキがとても美しいクリートワッシャーと肉抜きされた中空ボルト。
靴の裏なんて全く見えないのに、なんともお洒落なボルトだ。
6本で2g程軽くなるらしい。

自転車の軽量化は、タイヤとホイールとペダル周りが最も重要と言われてるので、敏感肌な方ならこの軽量化が格段に快適かつ軽快なペダリングを約束してくれるのだろうと思う。
知らんけど。

 

0513bolt5

ちなみに、最悪の場合は普通のワッシャーで一応は固定出来る。
出先でクリートワッシャーを紛失してどうにも成らない事態に陥ったなら、ホームセンターや100円ショップ等で適当なワッシャーを見繕って組んでやればどうにか急場は凌げる事を、まぁ一応最後に。

 

 



ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank
本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank

 - Bicycle