コツコツ続ければ良い事が有る

 

kawauchi_2ekk63001

 
こんな、10万円貯まる500円貯金箱に貯金した事が有る。
きっとそんな人も多いと思う。
やり切った人がどれだけ居るか解らないけど。

私が最後までやり切った、かどうかは特に書かないけれども、ただ思う事は、何でもコツコツと続けたら良い事が有るもんだって事。

ジロ・デ・イタリア 第20ステージ。

SS-16-1

前半は楽しいサイクリング。
98.5km地点から猛烈に登って、折角登ったのにぐあーって下って、そしてまた登って、最後は概ね平坦がちょろっと。

0528giro

こんな所を延々と走る。

VFR800Xを持ってきてくれ!

と、思わず言いたくなる、そんなコース。
見てるだけで心臓が痛くなってくる。

このステージの最大のポイントは、キンタナはデュムランにどれだけのタイム差で勝てるか?
下りアタックを決めたニーバリはまたしても一気に逆転を果たすのか?
って事。

だが、コツコツと、本当にコツコツと今回も坂を登ったデュムランは頑張った。
今回も、今回も本当にデュムランはコツコツと頑張って登った。
ゴツい顔してコツコツ登って本当に頑張った。
幼女の胸板のように、ぺったんこの国からやってきたデュムランは、この猛烈な坂でも遅れずコツコツ本当に頑張った。

Giro d'Italia – Stage 20 – Highlight

第20ステージ結果は15秒遅れ。

総合はこんな感じ

1位 ナイロ・キンタナ(コロンビア、モビスター)              90h00’38”
2位 ヴィンチェンツォ・ニーバリ(イタリア、バーレーン・メリダ)        +39″
3位 ティボー・ピノ(フランス、エフデジ)                   +43″
4位 トム・デュムラン(オランダ、サンウェブ)                 +53″

頑張ったデュムランは一昨日の1位、昨日の2位から4位に転落。
転落したけどトップとの差はたかだか53秒。
90時間も走ってるのに、その差はたかだか53秒。
この時点で2分のタイム差を着けたいと、最終の個人TT前にそれくらいは差は着けておきたいと、世間ではそんな事を言われてたニーバリとキンタナにとっては非常に辛い展開だ。

T21_Milano_alt-2

最終の第21ステージ。
一気に成績が乱高下する個人TT。
スプリンターを除くパリ~シャンゼリゼのように楽しいサイクリングでは終わらない。
誰もが必死のパッチに走る最終ステージ。

モンツァサーキットをグリっと周ったら、ミラノまでちょい下りのほぼ平坦路を一人で走る。
クライマーに取っては絶望的なステージだ。

その距離29.3km
急にお腹痛くなっても走りきれる短いステージ。
デュムランに死角は無い。
完全開放されたデュムランに死角なんて何も無い。
ただただ圧倒するのみだ。
コツコツデュムランはフォーザの山頂に置いてきたぜ。

世界トップクラスのTTスペシャリストのデュムランに、クライマーのキンタナはこのド平坦でどれだけ食らいついて行けるか?

それは今夜で全てが決する。
ってか、もう決まってる気がしないでもないけれど。

GIRO18_42

あんまり好きじゃ無い事でも、コツコツ続ければ良い事が有るもんだよ。

オランダから来た、ゴツい顔した人は私たちにそう教えてくれている。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする