月日の流れは早いもんだね、あらやだね

 

近所に数本植わってる早咲きの桜は既に散ってしまった。
この前まだ寒い寒い言ってたのに、月日の流れは早いもんだ。

 

ちょい前より計画してた事が有る。
それはスキー。
今年ラストはどこに行こうかと。
奥美濃か?、信州か?、それとも...

なんて話してるうちに何処も彼処もクローズのお知らせ。
無常で非情なお知らせとご案内。

そりゃそうか。
桜が咲いてるもんね。
何時までも滑れる訳は無いか。

 

栂池とか五竜なんかは5月までやってるみたいなのでまだまだ行けると言えば行けるのだけど、何処も彼処も『シャバ雪』のアナウンスを前に、さてどうしたもんかと思わず考え込んでしまう。
なんせこちとら、最高のコンディションでも昔のロボットのようにぎこちない滑り。
マッドコンディションならどう成る事やら。
ってか、ベチョベチョに成りそうだ。

いやぁ、月日の流れって早いもんだね。
やだやだ。

 

 

そろそろ、ってかやっと始まるシュタインズ・ゲート ゼロ。
こちらは待ちに待った人も多いんじゃ無いかと思う。
製作発表のアナウンスから長かったもんね。
いやぁ長かった。

 

 

 

話は変わるけれど、実はコレを買おうかとちょっと考えてたりする。

125644932
KIDS TRAINING BIKE MINI SX

勿論私が乗るわけでは無い。
ちゃんと自転車には乗れるから大丈夫だ。

 

昔勤めてた職場の同僚が二人目を生んでもう何年か。
今やわんぱく小僧真っ盛りなお年頃。

出産のお祝いをしたっきりだったので、久しぶりだから何かプレゼントで贈ろうかと、そんな候補に挙がったのがコレ。
所謂ストライダー、とその仲間たち。

前にもなんか書いたような気はするけれど、近所に住む友人宅の少年達もストライダーをやっているのだ。
これが中々に上手で、良くあんなにハイケイデンスで地面を蹴れるもんだと歓心してしまう程。
私がやったら、向こう3日程は膝がケラケラ笑ってるだろうと思う。
最近の少年少女は凄いね。
一輪車に乗る幼女程では無いにせよ。

一輪車の乗る幼女集団に初めて遭遇した時は驚いたもんだよ。
みんなが普通の顔して集団で一輪車に乗ってる光景を見て思ったもんだよ。
この国は何処に向かおうとしてんだろうって。

 

 

さて、このトレーニングバイク。
このKTMのトレーニングバイクを始め、ストライダー以外にも非常に多くの種類が発売されているのが悩ましい所。

何だって一緒だって気もするし、違う気もしないでも無い。
でもストライダーカップへの参戦の可能性も含めたら、やっぱストライダーの方が良いかも知れない、ような気は確かに大いに有る。
ストライダーカップにはストライダーしか出れないからね。

それに周囲のみんながストライダーなら、やはり右に倣えでストライダーを行っとくのが少年少女とそのパパママ達のコミュニティでは重要なのかなぁっとか思ったりもする。
第三者的にはどうでもイイじゃんって思うかもしれないが、当人に取ってはこれが結構重要な点。
マジョリティを横目にワンダースワンや3DOに興じる孤高の侍は格好イイけれど、皆が皆そんな高潔な魂は持ってないのだから。
何を持ち、何を持たないかは中々考え物だ。
周囲のバランスってのはやっぱ大事だから。

でもKTMの方が格好イイよねって思う。
フォークにWPのステッカー貼ってるし、ナックルガード付いてるし、トラ風のブロックタイヤだし、ガルアームだし、チューブタイヤだし、オレンジだし。
どう見てもKTMのが格好イイ。
困ったもんだ。
私が乗る訳じゃ無いんだけど。

 

キッズ用ランニングバイク STRIDER (ストライダー) スポーツモデル レッド 日本正規品

新品価格
¥14,000から
(2018/3/29 11:08時点)

ちなみに、日本正規モデルのストライダースポーツモデルと、上記のKTMのトレーニングバイクとでは価格的には特に変わらない。
さてどうしようか。
等とちょっと思案してる今。
さてさて。

ただKTMのは欠品だってさ。
困ったね。

 

あ、そうそう
このKTM、もしくはストライダーを乗る予定の少年はおろか、もうストライダーには乗れない程に大きくなった上のお兄ちゃん。
この春に小学1年生に成り、そして既にキッズ用自転車で町中を走り回ってるらしいのだが、シュタインズ・ゲートはその彼が生まれる前の作品なんだって現実を前に、私は月日の流れの非情さを感じずにはおれないのだ。
...マジっすか、確かに昨日今日とは言わないけど...いや確かに昨日今日とは言わないけどさ。
まだ生まれて無かったのか?君達は。

 

ガンダム00の10周年ってのにも衝撃を受けたが、これもまた脊髄にズドンと響く大きな衝撃。
もはや機関の陰謀を疑うレベルだ。

...あら、やだね。
いやホントにね。

フゥーハハハハハ!と、色んな事を笑って誤魔化しておきたい、そんな気持ち。

 

 

MOTOR CYCLE

Posted by tommy